スキー

2015初滑り

に週末行って参りました。

 

金曜の夜、会社を早々に抜け出してご近所さんの車に小僧と二人、相乗りです。

 

向かうは苗場。昨年末、シーズン初滑りの1本目で膝を痛めてから、久々のスキーです。

 

練馬まで下道で関越に乗ろうと山手を北上して、新目白で向かいますが、年度末(?)ゆえの工事渋滞。

 

結局乗るまでに1時間半かかりました。高速にのってからも週末の雪山へ向かう車か、なかなかの混雑。

 

最近は冬山へ行く人も少なく、ちょっとさびしかったので。

 

月夜野インターを1時前に出て、17号を三国峠へ。途中からやや雪が降ってきましたが問題なく苗場に到着。

 

後は宿に向かうだけです。

 

 

 

が、宿の手前50mぐらいが坂。

 

いつもなら融雪の水が流れていますが、深夜ゆえか今日はなし。かわりにこんもりと雪が積もっております。

 

対する車はワンボックスのFF、スタッドレス。

 

いざ、挑みますが一部アイスバーンになっており、20分ほど格闘するも途中までしか登れず。

 

とにかく面倒がりなんで、何とかチェーンなしで行きたかったですが、やむを得ずチェーンを10数年ぶりに装着する事に。

 

さすがチェーン、装着後は坂の上の駐車場のゲートの手前まで進みます。

 

最後の5m! と、そこで何やら怪しい音とスタックする感じが。

 

 

 

orz  左のチェーンがグレーチングで切れてしまいました。

 

さぁーて、ここからが大変でした。右前一本のチェーンでは前にも後ろにも動けず。

 

結局深夜3時にも関わらずマンションの管理人さんが登場して何とか脱出できました。

 

時間はたぶん既に4時だったかと思います。

 

ここから部屋に荷物を上げて、やっと御就寝。そろそろ朝ですね。

 

20150228_092329

 

 

 

翌朝、土曜日。天気はなんと、久々のピーカン。

 

前夜と言うかほんの数時間前に寝たばかりなので、起床は9時。

 

それから子供たちとうだうだ朝食、そして身支度。

 

20150228_105847

 

防寒はばっちりです。

 

結局スキー場にたどりついたのがお昼までした。

 

これはかんと早速みんなでゴンドラにのり、大斜面へ。

 

さらにこんなピーカンのチャンスはなかなかないと、筍山山頂までリフトを乗り継いで向かいました。

 

20150228_125055

 

 

 

 

いやぁー、いい天気!

 

ここから筍山の下までのんびり下って、大斜面へ。子供達も大ボーゲンで途中の迂回コースまで無事たどり着きました。

 

20150228_152801

 

結局4時半までけっこうがっつり滑って(ただし、雪男の大好物なこぶは封印)スキーはジ・エンド。

 

帰り際に寄ったのはここ

 

20150228_172445

 

本日の夕飯、谷川です。

 

タイミングよく5時半からの回転前20分に行列に加わって無事1クール目で席に付けました。

 

本日のオーダーは大関。

 

20150228_180151

 

いやぁー、運動あとのちゃんことビールは格別でした。

 

宿に帰ってからは、がっつり大浴場とビールで仕上げて泥酔で ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

 

 

 

翌朝は前日の天気が嘘のような荒れ模様で、戦意喪失。

 

お昼には帰宅の途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初滑り!   あれれれ!? (T T)

年末、本当なら27日からがっつりお休みの予定が仕事のトラブルで27、29日と出社するはめに。

 

その結果、雪男最大の楽しみのスキーが早くて29日の夜の出発へと。

 

29日は結局日中の仕事を何とかすませて、仕事場から実家へ直行。そこで「私をスキーに連れて行って」の三上博ばりに電灯を頼りにスタッドレスに。

 

それからスキー道具を車に詰め込んだりして今度は自宅へとトンボ帰り・・・・・。さらにここで車中泊用の布団(!)を詰め込み終わったのが午後11時。

 

さて、どーするか。このまま出発か、寝てから早朝出発か。 寝不足の事故も怖いが、寝ると起きるのが億劫になるので、そのまま出発!

 

しかも、経費削減のあおりで、下道で苗場まで行きますよ。

 

グーグルでがっつりナビしてもらっていざ出発。ひたすら17号を北上します。

 

DVC00661

 

結局苗場の駐車場に到着したのが6時前。それから寝床を準備して御就寝です。

 

翌朝(?)は9時にいったん起床。

 

2度寝をしようと試みるも久々のスキー場でわくわくして寝つけず。

 

しょうがないので、寝不足ながらも朝食。

 

20141230_100609

 

さて、本日は八海山に行くのかこのまま苗場に居残るのかしばし考えるも八海山の天気も怪しいので苗場に居座る事に。

 

もじもじしながら時計は既に10時。おもむろにウェアに着替えてトイレがてらにレストハウスへ。

 

車への帰りがけに、初老のご夫婦から贈り物を頂く。 ラッキー!

 

いよいよ今シーズン初滑り。体はまったくスキーようではなく、相当重いですね。

 

一本目はもちろんゴンドラ。これで筍山の下まで一気に登ります。

 

DVC00663

 

さーて、シーズンスタートです。筍のふもとから大斜面までの緩斜面を滑ります。

 

がぁ! スタートしてすぐ、右から突っ込んできたボーダーを情けなくもよけきれずにバランスを崩して転倒!

 

まあ、尻を打った程度と滑り出すも、何か左膝に違和感が・・・。

 

大斜面に入ると左膝の外側に激痛が。「嘘っだろ!」まだ1本もこぶを滑ってないのに(><)

 

だましだまし、大斜面を滑り終えて、女子国体コースのこぶ斜面へ。

 

しかし、淡い期待も、期待に終わりどーにも左足に踏ん張りがききません。しかもこぶもややアイス気味。

 

それでも念願のこぶなので、緩斜面では右足一本で滑ったりして、左足を温存し、そこから4時間滑るも最後はもう、痛みに耐えきれず不本意ながらその日は退却する事に。

 

車に戻って着替えて、これからどうしようかと・・・・。

 

今晩の回復を期待して車中泊するか、このまま諦めて年末を東京で過ごすか・・・・。

 

しばらく考え、東京に戻る事に。人生初めての怪我での退却 orz

 

腐った気持ちを抱えながら帰りも17号の下道をひたすら東京へ。

 

午前零時に無事到着して足を見てみると・・・・

 

 

 

20141231_220409

 

写真ではわかりずらいですが、左膝が見事に倍に腫れておりました。とほほほほ。

 

もしや、始まった(始まってない!)ばかりにも関わらず、もうシーズン終了!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月をまったりと・・・・

夏女さんの地元に舞い戻った雪男ですが、正月気分で宴となりました。

まずは、つや姫で作った出羽桜!

おこちゃまの雪男にはちょうどいい、まろやかさと甘さ。

「純米酒大賞2013」で頂点となる、純米吟醸酒部門で見事「純米酒大賞」を取った実力は本物でした!

15

翌日はもちろん小僧を拉致して、ジャングルジャングルへ。

今日は昨年末と違って最高のコンディション。

Dvc00155

しかし、古傷の左足外側側副靭帯がいまいち・・・・orz

テーピングでぐるぐる巻きにしたんですが・・・。

とか、言いながら雪男はフラットバーンをショートターンの練習。

そして最後の一本でレストハウス前のラインを滑ってフィニッシュ。

Dvc00184

そして夏女さんの地元ラストナイトは渋く地元のここで決めました。

16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お休みD-2 帰省ちう

さて、9連休突入です。

そのD-1は規制の準備。お亡くなりになったレガ男に代わって実家の車を山仕様に。

1

オークションで落札したアルミ+スタッドレスとジェットバックを装着して完成。

2

オヤジのモーグル板と子供たちの板を載せてっと。

帰宅後はいつもの廊下にて子供たちの板をチューンナップ。

131228_181301

結局もろもろの規制準備で寝たのは午前3時。出発は6時!

翌朝、寝不足の中首都高に突入です。

さーて、渋滞はどんなものかな?

子供たちは朝からオヤジがセッティングした液晶テレビでDVD観戦。

東北道まで順調順調・・・・・・・あれ? ずっと順調・・・・・・。

結局全部順調で、無事11時には最寄りのインターを降りました。

3

いやぁー市内は雪で一杯♪

このまま昼食でここに突入です!

4

5

6

肉そば! まいぅー♪

腹ごしらえをした後は実家に顔を出して、子供立ちを降ろしてっと。

時間は1時半。

さーて、どうすべかぁ・・・・・。

半端な時間だな。

いや、time is money! あそこに行くべぇ。

そうJangle!

駐車場に到着して着替えて3時。残り時間は1時間!

7

天気は雪。でもこんな中どこかの誰かはこのあたりをスノーシューでハイクアップしているかも

Img_560580_17901408_5

↑うううう、雪男には無理!

では、スキーにもどって、まずはシーズン初滑りで足なら・・・・と思っていましたが、最後のリフト前に30こぶほどのラインを発見!

急遽クワッドリフトを止めて、ライン脇ののんびりペアリフトにチェーンジ!

後は1時間をひたすらこのラインを攻めます。ちなみにモーグラーらしき方は皆無。

なんせ、このスキー場はただでさえボード天国なんで。

約10本を攻めて、ハイ”門限”(あれ? これじゃーやってる事が自転車の和田っち攻めと変わらない?!)

8

うーん、帰省初日から満足、満足なのでした。

明日は小僧をだまして、またジャングルジャングルに登場予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きたぁー、月山!

夏女さんの実家から取り戻した愛車に乗って、いざ月山へ!

DVC00317

ここで右折して月山道を登っていきます。

DVC00324

この風景を見るとさらに気持ちが盛り上がりますね。

7時には駐車場に到着。

途中のコンビニで買った朝食を食べながら支度をして、いよいよリフトまでハイクアップ。

これがスキー前の足に堪えるんですが、最近は雪上車で板だけ上げてくれるんで多少楽です。

リフトに到着してリフト券を購入。最近はオヤジ化して、1日券ではふとももが持たず、今日も7回券の3600円です。

DVC00327

リフトの途中で今年はべったりスキーがくっつきます。

DVC00329

リフトを降りると雪男はひたすらトラバース。

こんな斜度の中を横切っていきます。

DVC00331

ながいトラバースも終わっていざスタート!と思いましたが今年はなんとコブがない!

GWも季節はずれの雪でノーマルタイヤでは上がってこれなかった人もあったりでコブがないのです!

途中でやっと見つけたラインもたったの2本。しかも1本が基礎ライン。モーグルは1ラインのみ。

DVC00330

それでも無いよりはましで滑り出すとやっぱりコブは最高!

観客が少ないのが珠に傷ですが・・・。

そして今回ももう一つの目的、「ION AIRですべりを撮る」です。

実はアダプターを忘れてしまったのでヘルメットの上に装着できず苦労してなんとか撮りました。

ですが、結局アングルが下を向き過ぎてイマイチの映像に   orz

今滑った斜面を見上げます。

DVC00335

それにしてもこの次期の月山としてはありえないぐらいガラガラ。

DVC00333

19日かぁ、来れないよなぁー。

そして一人なんでノンストップで回数券を滑りきり。

午前中で券を使い切りました。

下山後は弓張平まで一気に降りました。

DVC00338

そこで、板の整備と昼食を。

DVC00339DVC00342

その後夏女さんに連絡を取るとちょうど「龍上海」で昼食をとるところ。

ぐぐぐぐっ、悔しいですが、距離で60キロはあるでしょうか、間に合いません。

その後、なぜか蔵王で合流。温泉に入りたいんだとか。

ついでにロープーウェーもだと。雪男も上って後悔。

DVC00343

「板持って上がればよかった・・・・・」

麓はまったく雪は無かったのですが、一歩ロープーウェーを降りるとこの景色。

地元の伊藤秀人もいましたね。

温泉後夏女さんの実家に戻ると待ったいたのは山菜三昧!

DVC00344

すべてじぃじが採った天然もの。ここみに、あぶらこごみに、大好きなこしあぶら!

天麩羅におひたしを堪能しました。

DVC00345

お土産にも山菜を少し頂いて、夜の9時に出発。

無事(?)渋滞に突入して午前2時半に帰宅しましたぁー。

ふぅー。

明日はGW最終日、また仕事です   orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いざ! 月山へ♪

GWも後半戦に突入しましたが、雪男は仕事です。

しかし、5月5日の子供の日だけお休みが取れました。

と、言うことで前日の4日に、4日の晩の高速夜行バスのキャンセルをなんとかゲット!

仕事帰りに夏女さんの実家への土産を三越なんぞで購入し、

DVC00311

一時帰宅してバスが出る浜松町のターミナルへ。

DVC00312

毎回バスでは良く寝れないので今回は事前に睡眠誘発剤を飲んで、下半身はスキンズの疲労回復用タイツを着用です。

DVC00314

なかなか薬が効きませんでしたが、午前2時ごろでしょうか、やっと就寝。

翌朝5時半ごろ雪男の降りるバス停に到着。

荷物を引きずりながら、夏女さんの実家へ。

途中の道の駅を通り過ぎる時に目にした光景が・・・・・。

そこは足湯のあるベンチ。お一人のバイカーが寝袋に。

隣にはその方のバイク。

そして

そのバイクには・・・・・・・

DVC00316

スキー!!!

これぞ、雪男の目指すリアルスキーヤーでは!?

月山前に気合が入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々にスキー!

土曜日、久々にスキーに行ってまいりました!

年末の初滑りから、諸事情によりスキーを封印しておりましたが、ついに解禁(って言ってももうラストランかもしれませんが・・・)

前夜、久々のスキーで準備もばたばた。往復の退屈な車中のために24時に近所のツタヤにDVDを借りに車で。エンジンを切ってハザードをつけて・・・。

そしてレンタルを終了して車に戻っていざ帰宅。

ぐぅおん、ぐぅおん・・・・・・・。

ぐぅおん、ぐぅおん、・・・・・・。

あれ? 車のエンジンがかかりません。実はバッテリーがもう寿命でかなり弱ってたんでした。よって、エンジンを切って、ハザードを点けていただけでバッテリーあがり orz。

これからスキーをいう時に。

しかたなく、JAFに連絡すると40分待ちでした。

依頼を切って、祈る気持ちでもう一度エンジンをかけます。

ぐぅ~おん、ぐぅ~おん、・・・・・・。

もう一度!

ぐぅ~おん、ぐぅ~おん、ぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅ~、ぅぅぅぅぅぅ~ぎゅううぎゅううぎゅうう、ぶおん!

おおおおおお、かかりました! 40分待ちのJAFはキャンセルです。

この事態は夏女さんには伏せておこう。言うと心配してスキーキャンセルになっちゃうだろうから。

翌朝6時、3時間半睡眠でスタート。

練馬インターまでは順調でしたが、そこから鶴ヶ島まで渋滞20キロ、1時間。

さっそく、三芳パーキングにピットイン。

軽い朝食がてら、小娘は持参した塾の宿題です。

結局、1時間半時間をつぶして渋滞解消後にピットアウト。

苗場にはお昼着でした。

しかし、小僧の方は社内ではしゃぎすぎて苗場到着直前でご就寝。

小娘と雪男でまずはゴンドラに向かいます。

途中でフソウスポーツの試乗会に出くわして、早速仕事の邪魔に。

DVC00271

テントに我愛機を残して最新モデルをお借りしました。リュージ、サンキュー。

DVC00300

しかし、大斜面は生憎の濃霧とアイスバーン。なんとか拗ねる小娘をなだめつつ、やっと下界へ。

ここで夏女さんと小僧と合流。ファミリースキーです。数本下で滑って、お昼休憩。

やって来ました、オヤジの時間!

今回はヘルメットにこんな機械を取り付けて撮影します。

その名も、ION AIR PRO!

DVC00304

そして、限られた1時間弱で、コブを探します。

ありましたありました、2012年モーグルワールドカップのあの斜面に。

コブはピッチの細かい、ちょっと難し目。

シーズン2回目ではありますが、 撮影のため、雪男、コースインします!

そしてこれがION AIR PROで撮った動画です↓

晴天でしたらコブがもっと良く見えたのと、カメラのアングルを下に向けすぎましたね。

せっかくの撮影なんでカッコいい所を見せたかったのですが、この遅さにもかかわらず、途中で一旦コースアウトして息を付いてます orz

そして、もう一本滑って、雪男プレシャスタイムは終了。

ファミリースキーに戻って5時まで滑りました。

DVC00301

帰りは渋滞もなく、スムース♪

寄居でおいしいオムライスを食べて、子供立ちも満足。

DVC003062

心地いい疲労とともに無事帰宅しました。

よかったー、バッテリーもって。

もう一回ぐらいスキーに行けないかなぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 滑り納め

12月29日! いよいよお休みの開始です。

何とか年賀状も出し終わりました。

そして夕方からの苗場スキー場への出発に備えます。

子供たちのニューグローブもNorthfaceで揃えました(親父はホームセンターの農業用手袋、”ビニローブグリーンジャージ”ですが・・・・)。

DVC00235

そして、リフト券の早割もゲット。

さらに、すでに10年以上選手のオークリーのゴーグルのスポンジがボロボロ。

どうしよう、ホームセンターなどに行く時間もない。

そうだ! あれで行こう!

 

 

 

「隙間テープ」!

 

 

 

 

DVC00032

これをこんな↑風に貼り付けました。見栄えはダサいですが、何とか雪や風の侵入は防げそうです。

そしていざ苗場に出発。渋滞もなく、月夜野峠でICを下りた後も特に積雪、凍結もなく順調に苗場に午後10時に到着しました。

翌日は前夜の深夜就寝につき、お昼前にゲレンデへ。

ここで既に苗場インしていたKC家と合流。

DVC00040

KCはサーファー、ローディー、ボーダー、(ロッカー?)でもありますが、学生時代はスキーのインカレ選手。

このKC一家の子ども達とうちの子供たちも合流してひとしきり滑りました。

そしてもちろんお昼の合間は雪男とKCはゲレンデへ。

KCも先日ファミリーセールで購入したAtomicの157cmのSLの板でこぶに突入!

こぶシーズンの開幕です!

そして、夜は苗場温泉で体を温めていつものちゃんこ「谷川」へ。

本日は2家族と言う事で海鮮横綱です。

DVC00266

そして諸事情により、今晩はKC家の宿へ一宿一飯の恩を預かりに。

ここでも子供たちはおおはしゃぎ。雪男のところの小娘も小僧もKC家の子供たちが大好き。

遅くまではしゃいだ翌日は大みそかです。

そして雪男は当然、みんなの昼食中にこぶへ!

前日にラインの場所は押さえてあるのでコブ捜索をする必要はなかったのですが、前夜は大雨でこの大みそかは冷え込みました。

おかげでコブもアイスバーン!

初すべり2日目にはつらすぎました。

DVC00245

体が遅れないように、そして積極的に板のトップをこぶに落とし込んで、さらに早めの切り替えし。

でもどうしてもソフトな接雪は出来ずに「バチーン」「バチーン」と雪面をたたいておりました。

嗚呼、明日以降の筋肉痛と腰痛が恐ろしい・・・・・。

しかしいい練習になりました。

そしてこれが2012年最後の滑りを終えてゲレンデを振り返り感慨に浸る雪男の図。

DVC00252   

なんとか、家族全員無事に年越しできそうです。

そして、このブログをご覧の皆様、良い年を迎えられることを信じております m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス3連休でしたが・・・

ブログの更新が大変ご無沙汰しておりました。

年末クリスマス以降は、恒例の年賀状作成の追い込みで深夜営業して休日もろくに自転車にも乗れずのぐうたらでした。

普通は年の締めにラストライドなどするものですが・・・・・。

結局、自転車ではなく、どうしても避けられない、さぼれない冬支度はぼちぼちやっておりましたが。

たとえば、オークションで落札した小僧の板に、ACアダプター直結した電ドリでビンディングを取り付けたりなど。

DVC00192

しかし、ジグ(ビンディングを取り付ける穴の位置決めと穴あけの補助器具)が無い中での場所決めが面倒でした。

初めて紙ジグを作成してみました。

そして何とか取り付け終了。ちょっと、最後のビスが穴をなめた気がしましたが。

さらに、この小僧の板、センターの幅が広い! よって、板を外した時にブレーキが引っかかってきちんと下がらないんです。

DVC00194

まあ、何回か使っていくうちにブレーキの引っかかりが削れてきちんと下りてくれるでしょう。

そんな作業の合間に一階の通路を見るとこんなバイクが。

DVC00195    

どうやら、独身さんのお兄さんのバイクらしいんですよね。

さっそくペダルをチェックしてやる気を確認。

ケイデンスは無いですがちゃんとサイコンもつけられております。

ふむふむ♪

いつかお近づきになりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ、この冬に向けて決戦!

金曜、本日は決戦につき、会社はお休みで、石橋号を駆って某社へ向かいます。

DVC00250

そう、本日は某社のファミリーセール。午後3時からですが、玉数が非常に少ないため数時間前に行って整理券をゲットする予定。

山手通りを駆け上がります。昔のチャリ通経路の山手通りも工事が大詰めを迎えてかなりきれいになってました。

無事にお昼前に到着して、人事の○方さんから整理券をゲット。

ちなみに石橋号にも関わらず、路上では撤去される恐れがあるのでとの事で、恐縮にも某ブランドの倉庫に鎮座させてもらいました。そこには来期取扱サンプルが。なかなかいいんじゃない♪

あとはゆっくり元同僚とお昼を。その間にこのファミリーセールのにおいを嗅ぎ付けたKCが当日にも関わらず午後仕事を放棄して向かうとの連絡あり。さすが要職、スケジュールがフレキシブルですなぁ。

ほどなくKCも合流してしばし、作戦会議。

午後3時間近になって、入場待ちの行列へ。その間に○ヤンを呼び出してお土産をゲット。

DVC00301

そして午後3時、決戦の幕が切って落とされました!

鬼畜米英! 突撃ーっ! とまずはハードを漁ります。

夏女さんのブーツをゲット! そして、おっと、雪男にもぴったりのブーツを発見。

コンマ数秒迷って、こちらもゲット。次は板!

そのうちKCの順番も来て入場。

その後はスノーボードへ!

とりあえず押えるだけ押えたぁ、ハアハアハアハア・・・・・・。

両手に商品、携帯は首で挟んで発注者とLiveで打ち合わせ。

そして満を持して大本営、夏女さんらが合流です。子供達はとりあえず商談スペースでお絵かき・・・。

結局3時間もいました。

こちらはKCとの戦利品

DVC00256

無事戦いを終えて、予備役の子供2人を商談ルームに回収に。

おおおおおおっと、先ほどは気が付きませんでしたが、ディスプレイには、こんなものが!

S9000や初期のボード。KCは自分がロンチしたボードをわが子のように撫でておりました。

DVC00254

あとは、愛車に戦利品を積み込んで退却~。

うううん、こんだけ買ってしまっては、この冬も山に行かねばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

グルメ | サーフィン | スキー | スポーツ | テニス | ニュース | 趣味