« 嗚呼、坂編隊との夜は更けて | トップページ | 東北遠征日記 »

100日ぶりの連光寺からの宮澤さん

復活して1週間。

これはそろそろ連光寺にも復活の挨拶詣でに行かねばならぬと考えていたところで、小僧のパパ友と初ライド。愛機はターマックですよ。

パパ友さんは連光寺は初なので、雪男が道案内しながら、中原→多摩サイ北上と参りました。

連光寺ではさすがにまったく足が回らずにゼエゼエ。何とかシッティングで頂上へ。とてももう一本なんてできません。



連光寺から戻って、自宅の直前でパパさんと別れたところで、まだまだ大井組が残っている事を知ってちょっとさつあいに。n

1周ほどしたところでとかちゃんと、N君と合流。その前に講演で宮沢崇選手がコーチングしているところを発見。個人的に宮澤さん、大好きなんです。例の腎臓?の話を知ってからは。

コーチングのお邪魔をしないように、信号待ちで遠慮気味に写真をご一緒させてもらいました。ついでの宮澤さんから、某メーカーの要人にもよろしくとの事でした。



しかし、宮澤選手の生足は美しくそして、強い! ほれぼれしますね。

そのあとはうちらは、もう1周で、解散。雪男の走行距離は98キロ。

いやぁーお盆休み(と言ってもカレンダー通りですが)充実しましたよ!

|

« 嗚呼、坂編隊との夜は更けて | トップページ | 東北遠征日記 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175321/67044685

この記事へのトラックバック一覧です: 100日ぶりの連光寺からの宮澤さん:

« 嗚呼、坂編隊との夜は更けて | トップページ | 東北遠征日記 »