« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

術後、1日目

「ガタン!」 

 

?!?!?!?!?

んんん、あれっ? 病室に戻るところ?

Img_0581


と、いう事で今回の術中の事は全麻のおかげで一切覚えておりません。

術前の心配も数秒で眠らされ、もちろん痛みもまったく感じず。

今回の全麻についかで首からブロック注射をしたらしく、肩は何も感じません。

看護婦さん曰く、何と21時ごろには夕飯も食べていいとか・・・・・。

 

しかし、これからが恐怖なんです。これは雪男の持病ですが、寝返りが打てない状態で仰向けで長時間寝ていると必ず腰が痛くなる。

とりあえずは、左手で夕飯を何とか食べて強い痛みどめをもらってその晩は就寝。

しかし、何度が痛みで目が覚めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オペ当日!

さーて、来てしまいました、4月27日。
昨晩から食事はなし。朝から術前点滴の開始です。
今回は初めての全麻。↓こんな経緯から今日に至ったのでした。

ちと、大井ですっころんだばっかりに‥‥‥
手術は午後2時開始予定。ちなみに、今回は初尿管デビュー。あれはとにかく痛いらしいとの事。やだなぁー、抜く時。

午後2時時過ぎ。ついにお迎えが!
オペ室までは“自走”で点滴を引きずりながらエレベーターに乗って移動します。
術前室で名前を確認されて、オペ台に。あれ? そういえば今回はノーパンじゃない。膝内視鏡の時はオシメだったのに。
そして口に酸素マスクをはめられて麻酔医が「では、麻酔も混ぜて行きますね」と。意地でも寝ないぞ、せめて30秒は!

5秒ももたずに、眠りにつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人的にちょっと早いGWをば

出張から戻って数日。
まだ4月の26日ですが、雪男はGWへと突入いたしまする。
ガラガラとキャスターバッグに荷物を詰め込んで電車に乗って彼の地へ。太陽はサンサン。絶好のGW初日でございまする。

前日にしっかと暇つぶしの本を近所の図書館で借りてきました。

しばらくの宿となる寝床を快適にして、さっそく近所を散策。隅田川沿いでなかなかの環境です。

昼食は出されるお昼を丁重にお断りしてしばらくご無沙汰するジャンキーを隣の公園で!

さーて、明日はさっそく、GW最大のイベントです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰りま〜す

久しぶりの欧州でバタバタしましたが、無事Paris-Rounaixも観れて、満足の帰国です。

あっ、A380ではないですよ! でもデカイですねー。

復路も飲みまくり、映画観まくりで帰りますよ。

シベリア上空で日の出を拝みながら、数時間で着陸です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Parisの〆はオッセーで

オッセー、と自分には聞こえるんですが一般にはオルセー美術館。
ここの開館時間にあわせて、ホテルをチェックアウト。
おっと、その前にノートルダムのミサに。

バリバリの仏教徒なんで、入れるのはここまで。
そして、セーヌ川のほとりをちょっと歩いて、これまた久々のオッセーに。
飛行機の時間までギリギリ、3時頃まで駆け足で見ていきます。

ゴッホに、ゴーギャンに、モネに、見放題。
あっと言う間に時間です。
北駅に戻って、空港へ向かいます。到着予定は出発の1時間半前。ヤバし。電車の中で何とかチェックインを進めます。しかも、空港の一つ手前の駅で、故障だから電車乗り換えろと! おいおい、時間無いんだって!
やっと、代わりの電車が来てCDG、シャルルドゴール空港到着。何とか間に合いました!
しかし、おかげでラウンジで一杯やる時間もなく離陸!
オールボワール、Paris!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Parisに戻って来ました!

何とか駆け込めたTGVのお陰でParis北駅には6時頃到着。今回は駅から歩いて3分の激近のホテルを取れました。早速チェックイン。

そして、ちょっと休憩して直ぐにParisを夜散歩。ここは定番のルーブル博物館へ! 今日はお陰様で9時まで開館中!

明るいですよね。この時期9時前までは灯りなしでも自転車乗れそうですよ。おっと、時間が無いんだ。駆け足で古代エジプト、ミイラ、ロダン、モナリザなんかをダッシュで。

こーなると、見流した、映画のダヴィンチコードをもう一度見たくなります。最後にナポレオン三世の執務室を探すもたどり着けずにタイムアップ。
ルーブルからは、歩いてノートルダム寺院へ向かいます。
途中、上からセーヌを覗き込むと、どこでも同じ! 若人達がアルコール片手に踊りまくり。

 

時間は11時前。さーて、途中のスーパーでビール買って寝ます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さーて、ブルッセルから脱出します。

1週間の出張も今日で最後。本当は昨日の朝にジュネーヴに行くはずが空港のストライキで敢えなくキャンセルとなりブラブラとWaterlooでスケジュールを埋めた二日間でした。
金曜の今日はながら仕事で、合間にネットでブルッセル駅からParis北駅行きのTGVをチェックして、夕方は4時に会社を出る事を決定。タクシーをすっ飛ばしてもらって、駅へ。
この五日間お世話になった運ちゃんに日本酒をプレゼント。
ブルッセル駅は先日の爆破の影響で物々しい警備。

ここでちょっとトラブル。TGVのカウンターが見つからない! 電車の出発まで後は10分。駆けずり回ってやっと見つけてチケットゲット!
さーて、ホームにとチケット見ながら歩いていると!?!?
あれ? 1時間後の電車じゃん! うまく駅員に通じてなかった!
どーする!? もー時間が無い! でもさらに1時間も待てないよ!
ダァーッシュ! でカウンターに戻って、時間無いんだけど、チケット替えて!と。 しかし1等席しか無いとのこと。金額は倍の2万円! 日本でもグリーンに乗ら無いのに orz
えええぃ、構わん、それくれ〜、と半ば強引に発券してもらって、発車まであと、3分。走りました、走りました! 何とか電車に滑り込んだ!
はぁはぁはぁ。席に着いて一安心。
無事Parisに向けてゴー。そして、車中は、私服の警官が腰にミニマシンガンを下げて車内警備してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

んっまい! ベルギービール!

ルーベ観戦からと言うものすっかり腑抜け、時差ぼけで仕事に突入。昼間は取り敢えずわからない英語にあいづちでやり過ごしてのお楽しみのディナー。毎晩ひたすらベルギービール!
今晩はブラジルから来た奴と近所のカルフールでビールを購入。
流石の日本の半額以下!

木曜の朝にはブルッセルからジュネーブへ移動のはずが、空港のストでスイス行きはキャンセルに(涙)
Waterloo最後の夜もブラジリアンとこれを食べながら↓

バルサとリアルを観戦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Paris-Roubaixの夜は更けて

Wallersまでのハイキング後は、無事にブルッセルまで電車で移動。そこから今晩の宿のWaterloo(日本人には歴史で習ったワーテルローの方が馴染みがありますね)まではタクシーで40分ほど。早速、ベルギービールでカンチェラーラに乾杯です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行ってきますよ!

一夜明けたParisの朝。電車の時間までは少しあるので、地下鉄を乗り継いで朝散歩。モンマルトルの丘に行ってきます。

天気は快晴。快晴のParisは気持ちイイですよ。

そして、ホテルに戻ってパッサパサなクロワッサンとコシーで軽く朝食を済ませてチェックアウト。後はトランクを引きずりながら北駅へ。

9時46分発のTGVを2時間乗ってVALENCIENNESへ。そこで電車を乗り換えて、WALLERSがアランベールの最寄駅です。

順調にVALENCIENNESまで着いて、乗り換えますが、次の電車のホームが分からん。しかも駅員はフランス語だけしか話せない。しかし、とっても親切な方で互いにボディーランゲージで何とか3分後に出る電車に間に合いました。WALLERSまではものの数分。しかし駅に降り立つとそこは無人駅!? こりゃー大問題! と言うのもトランクをバゲッジクレームに預けようと思っていたからです。なんせ、アランベールまではここから5キロは少なくともあるらしく、そこまでガタゴト引きずるのは無謀でしょう。しかしながら、周りには民家しかないので仕方なくガタゴトと。

ここを延々歩くのかよ〜。とにかくどっかで右に曲がるんだっけ。

ルーベの警備の警官に聞くも道はわからず。あとは、これまたルーベを見に来た老夫婦に「この林道だよ」と言われて誰も歩いていない林道に入りました。しかしそこはあぜ道。コリャもう無理と言う事でトランクは茂みに隠します。あとは、歓声のするほうへ歩くこと15分。着きました!!!!

どこをどう見てもアランベール!!!!!

まだ1時間半は通過まであるので人もまばら。時折、ベルギー国旗を身にまとって手には大きなビールを持った集団が奇声をあげて通り過ぎます。

ここで雪男も持参のこれで大和魂を、フーミンを応援します。

いよいよ通過時間も迫ってきますが、レースの状況がわからない。こんな時はチャットで日本でライブを見ている友人に、カンチェラーラとフーミンのポジションを確認。フーミンだけは居場所を掴めず(この時はまだフーミンが出場していない事を知らず)。

そして来ました! まずはサポートカーとオフィシャルが!

続いてトップ集団が! カンチェラーラはどこだ!!!!




いや、それにしても、誰であろうとこのパヴェをあの速さは狂人です!
生観戦は無事終了! いやぁーやっぱ苦労して歩いて見に来てよかったー。

しかも、野放しにしたトランクも無事でした。
余韻に浸りながら、WALLERSに戻って、あとは、一路、話題の(当時)ブルッセルへゴー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この出張の本当の目的は・・・・・・!?

実は、今回の”出張”の目的はずばり!
 
Paris-Roubaix 現地生観戦!
しかしそのためには出張の日程と合わなければならない。
かつて某フランススポーツ用品メーカーに勤務している際には、ツール・ド・フランスもテニスの全英オープンも、全仏オープンもまったくかすりもしなかった・・・・。
今回こそは万全の態勢で臨むぞ!
と言う事で上司を誘導して、現地には4月11日(月)の週にしか行けませんと、嘘を申してしまいました。
上司のOKが出た後は、急いで飛行機の手配。直行便は禁止だったので、乗り換え便を選ぶのですが、ここで間違ってもルフトハンザなどで、フランクフルト乗り換えを選んでは一巻の終わり。しっかとパリ乗り換えにして、パリからはTGVで移動するプランです。
ここからが問題です。
パリから電車でルーベに見に行けるのか? と言う事です。
さっそく、webをいろいろ検索するとありました! ジェシカさんのブログ!
 
ドンピシャ! ジェシカさんのブログに感謝、感謝。
これを参考に、まずは観戦場所を決めねば。
いろいろ考えましたが、結局、ジェシカさんのブログで電車で行けることが確かな、雪男もArenberg(アランベール)にしました。
行き先が決まったらあとは、SNCFのサイトで不慣れな英語と格闘しながら、で路線図と時刻表で経路と乗る電車を調べます。
Sunday 10 April 
 
09h46  PARIS NORD  TGV  7111      2e class 
11h39  VALENCIENNES 
11h56  VALENCIENNES  TER  43582     2e class 
12h08  WALLERS 
ちなみに下記はパリから車で行く場合のルート。アランベールはワレーが最寄り駅なんです。
Towallers
 
どーもフランスでの09h46とは、9時間46分ではなく、9時46分とのことらしい。
さらには、当日の朝の移動を考えて最寄りの駅、Gare du Nord(北駅)に比較的近い安いホテルを予約しました。
Hotel de France, Paris
3 rue Jarry, Paris, 75010
31235119
客室料金  :7,252 円
        ( 1 泊     6,593 円、 税およびサービス料   659 円 )
        朝食ビュッフェ付き
あとは、出発まで何度も何度もシュミレーションをするのみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Paris到着

今回のエアフラのフライトは初のビジネスクラス!  快適なんですねー、知りませんでした。Parisには夕方着いて、今回は市内までは電車で。今晩の宿をGare du Nord(北駅)近くにしたためです。これも実は深い意味が。いつもならオペラ近くにするんですが。
そして荷物を置いて、直ぐに15年ぶりの市内をサクッと観光に。

で、ゆっくりレストランに行く時間もないので、カップラーメンで終わりにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ、出陣!

前夜は以前働いていたメーカーの同窓会を裏中行った明けの今日。明け方まで急ごしらえの支度をして、成田へ!
2月から働き始めた新しい会社での本社研修へと向かいます。
ヨーロッパは15年ぶり!?かな。
今回は海外出張に便乗してもっと大事な使命があるんです。それは乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »