« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

何気ない、平日・・・・

平日の夜、仕事を終えてさて、帰ろう・・・・。

と思って石橋号のもとに。

 

 

あ!

 

 

朝やばいかなと思いながら会社について自転車を止めたのだが、案の定、

1

パンクしてた。

前の晩に節約のため、パッチでパンクを直したのだが、思いのほか穴がでかくてやばいかなと思っておったのでした。

しかたなく、急遽後輪を外してチューブを交換。

 

そして本日。

会社帰りに電話で取り置きを頼んだ近所のサイクリーへと。

しかし、8時閉店の時間が微妙。

石橋号で飛ばす飛ばす!

汗だくになりながら、やっと到着!

まだ明かりはついている!

時間は?

8時3分・・・・・・・

急いで飛び込もうと思ってドアノブに手をかけるも、ガチャガチャ!

うわぁー、既にロックされてるー。

せっかく飛ばして来たのに・・・・・

 

 

結局すごすごと帰宅することに。

帰宅するとこんなものが届いてました。

2

ブレーキのアウター。

これでランちゃんがちょっとオシャレになれるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連光寺 やっぱりお前もお替りだぁ!

久々の和田かと、今日も思いましたが、ラングスターに試乗したくて今日も平地へ。

土曜なので荒川かと思いましたが、ちょっと考えて多摩サイに。

DVC00243

行きに、こんなに日が昇っている丸子橋も久々です。

DVC00244

多摩サイに入ってからはひたすら北上して是政橋に。

DVC00245

対岸に渡って、今日はここです!

DVC00249

連光寺!

大晦日に○川さんに連れられて来て以来、ラングスターの試走にはちょうどいいですね。

既に御覧のように次から次へとローディーが湧いてきます。

信号も青になっていざスタート。

速攻で雪男は置き去りにされました。

ここ連光寺は長いまったりした坂で雪男のあまり得意ではない坂です。

いやぁー、ラングスターは脚に来ますねー。

とにかく、ゆっくりでもフォームに気をつけながら最後の急坂もシッティングでクリア!

photophotoD6H0TCO9

さっそく、Uターンして下りますが、下りが大変でした。固定なのでひたすら脚をクルクル、クルクル。

スタートラインまでもどって、一瞬考えた、このまま帰路か、おかわりか・・・・・

決めました、やっぱり連光寺でもおかわり!

いざスタートしますが、相変わらず抜かれ捲りです。

とりあえず、シッティングで2本目もクリア。

あとは、来た道を帰ります。

 

連光寺は近場でどうしても坂を上りたいときはまあまあですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.8 マシンデヴュー in 大井

いやはや、完璧に1週間ずれての更新です。

せっかく写真を撮っていたので軽く振り返りを。

前夜に作ったラングスター固定ギア比2.8を駆って大井に出勤です。

7

しかし、スタートしてすぐに後悔。とにかく、不思議なくらいペダルが重い!

2.8ってこんなに重いんだ。

1周回っただけで、既に心は折れそうです。向かい風もそこそこ。

迷いながらバックストレートに入ると右から曲がってきたローディーが親しげに声をかけてきました。

???

 

おおお、Jだよ、J

 

さっそく今日のバイクを説明して、すぐにケツに付かせてもらいました。

一人だったら1周でやめようと思いましたが、とりあえず3周をこなして、Jは上がり。

8

やはり、最新のバイクは楽ですね↓

109

5周のノルマをどうするか考えていたところで、バシさん、トカチャン、○本さんに拉致られましたぁ orz

既にへろへろにつき、ピットインを申請。

久々にまったりとさせてもらいました。

11

ここで雪男は門限につき、コースアウト。

 

午後はいつものように近所の公園で「逃走中」のつもりが、途中で公園わきの川にひたすらペットボトルを投げ込むにーちゃんが!

 

!!!!! むむむむ、これは放っておけぬ、注意せねばと歩み寄ると・・・・・

 

????? ほかの人たちも川を覗き込んで何やら騒々しい。

そこで川を覗き込むと

 

!!!!!

ドカジャンのおじいさんがぷかぷか、寒空の中浮いているではないですか!

あとは逃走中も中止。

どーやら、手前の橋で飛び込んだらしいのですが、おっちゃん自身はぷかぷか、ぷかぷか浮いています。

何かロープはないか、考えたり、コンビニでペットボトルをもらって投げ込んだりしましたが、すぐに沈んでしまう状況になかったので飛び込むのは躊躇してしまいました。

そのうち、すぐに何台ものパトカーと消防車と、ついには消防艇も登場しての大捕り物となりました。

12

無事保護されたあとは、また「逃走中」に戻ってのエクササイズ。

終了後はいつもの修理場にて、アイシングしながらの石橋号のパンク修理となったのでした。

13

P.S. 翌朝、石橋号で出勤しようと思ったら結局パンク修理が不十分で、会社も遅刻 (><) となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.8用秘密兵器!

金曜日の宴が明けた土曜日。

流石に飲み過ぎで結局またもやトレーニングはなし。

その代わりと言ってはなんですが、午後は何の因果か雪男の元に降りてきた、こいつ、

4

スペシャのラングスターをcleaning up

1年半ほったらかしになっていたんで、とりあえずちょっときれいにしてあげて、それから合わせに。

変更箇所はサドル、ペダル、ステム。

そして、リアコグ。フロント42なのでリアを15にして、ズバリギア比2.8マシーンを!

5

一応、こいつのフレームはレイノルズ520

そしてこちらが完成車。対して変わっておりませんが、これで明日大井に行って参ります。

6

テーマは「大井のトレーニングに使えるギア比2.8のピストバイク」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

抗争! ヶ丘愚連隊 VS チョッパーズ

本日は金曜日なんです、金曜日。

そして時間は午後九時前。

こんな時間に雪男は出発です、行き先は○川さん宅。

本日は、ヶ丘愚連隊とチョッパーズの合同新年会。

自宅飲みです。しかしそこは○川さんのアジト!

ここにチーマー、ヶ丘愚連隊は日々、集結して大井を荒らしているんですね~。

そんな愚連隊の征伐のために、やや遅れてアジトに乗り込んでみると、既にぴゃん先輩は拉致られて既に自白剤のシングルモルトを・・・。

今日は各自、ウエポンを持ち込んでの抗争です。

ここで雪男も夏女さんの地元の迎撃ミサイルの吟醸コンクール金賞の日本酒とワインを!

そして、混沌とするなか、突然ドアをガチャリと!

???? 誰? としばし考えること数秒。

そこには2.8練の教祖様、斉藤プロがぁ!

一瞬思考回路が飛びましたが、実は斎藤さんは○川さんの地元の先輩で本日のサプライズゲストとな。 

予想外の○川さんの奇襲攻撃にぴゃん先輩は硬直。いつもの態度を改めて、まじめなローディー、まじめな社会人、まじめな父の振りを。

そこからは、この期に乗じてぴゃん先輩や雪男はいかに早くなるかについて、矢継ぎ早の質問を。

そこに遅れて到着のしんぺさん。

斎藤さんを発見するや、やはり一瞬凍っていました。しんぺさんは斉藤プロ主催のトレーニングに参加しているだけあり、ロードに乗っている時の斎藤さんの厳しさを知っているからですね。

そしてやっと仕事を終えてバシさんも合流。途中ピザ、じゃなかったディスクホイールの差し入れも。

141

最後はすっかり午前様となって、集会は解散に。

20140118

(センターが斎藤プロです)

雪男は、バシさんが○本さん用にと差し入れしたディスクをしっかり強奪。ふふふふ、これでまたヶ丘愚連隊の戦力も落ちただろう。

そこからの帰り道、背中にはカメの甲羅のようなディスクウィールを背負って石橋号で真夜中に帰る様はどーも、異様だったようです。

P.S. 後数キロで石橋号がパンクに! そこから寒空の中、酔っ払いに交じってカメ雪男は帰って行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ですが新年最初の大井詣で

だんだんと、実際の出来事とブログのアップが遅れてきている現実、そろそろ挽回しようかと思いますが、ますます仕事のがらみが多忙になってきました。

と言い訳しつつ、まずはずっと前の3連休の振り返りです。

3連休、初日は前夜、会社の新年会に付き翌朝の早朝練習はなし。

結局ぐーたらのまま、土曜日はなぁーんにもしませんでした orz

翌日の日曜日はさすがにやばいと思って大井になんと8時に出勤と言うぐーたらぶり。

風はややありますが、逆風で心が折れるほどではなく、一人淡々とギア比2.8練をば。

ノルマの5周(2.8練は基本、ノンストップ100キロ!とのこと)の最終回で城南島から戻る橋で数名のローディーさんをぶち抜いて、さらに前方にお一人、蛍光カラーのローディーを捕獲。

やや逆風の中、横をパス。

すると、#’%&#%&#A(‘%’#&%#(‘A$”)・・・・と無いやら言っていらっしゃる。

はてな?と思い無視していると

#(‘&&%#’&%’)’#’%&))($’・・・・・とまた何か言っておる。どーやら日本語のようなんで、振り返ると

あっ! トカチャン!

あれ? 去年の日産のレースで脚を骨折してたよな?

しかし、確かにトカチャン。

早速、自転車復帰はまだ早すぎるでしょう~、とのダメ出しを。

そのままバックストレートをお久しぶり談義で公園まで。

ここで小休止して、やはりコースインしているバシさんを待ちます。

しばし、待った後にバシさん、登場。

新年の挨拶もそこそこに門限につき、ここで雪男は離脱。

元旦以来の事実上の走り始めで、まったく体がなまっておりました、反省。

そして3連休、最終日。

今日も8時に大井に御出勤。

大井は祝日も一応走れる(土曜は船のコンテナの搬出があり、だめです)んですが、あまり知られていないのかローディーさんの姿はぽつりぽつり。

一人淡々と周回をこなしますが、この日はとにかく逆風が強かった。

速度は25まで落ちました。

そのうち、学連などが出没されて、そこそこの人数に。

基本はどのプロトンのお尻にもつかない心情なので、ひとりで逆風にもがいている横を学連のプロトンにがっつり抜かれてました。

流石のノルマも勝手に4周に減らしてコースアウトです。

最後の陸橋でへろへろになっていると、誰かから電話が・・・・。

ぴゃん先輩! どーやら雪男と入れ違いでコースインされて、ちょうど雪男がコースアウトして陸橋を上って行く姿を捕えたそうな。

この後、ぴゃん先輩としんぺさんで、2.8練をやられたようです。

いやー、とにかく相変わらず風なんぞにすぐに心の折れる雪男でした。

Dvc00225

Dvc00219

Dvc00191

Dvc00172

Dvc00126

Dvc00082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グルメツアー最終日

  いよいよ最終日。

本日の天気は曇天で時折小雪の舞う天気。

雪男は子供たちに急かされてこちらに参上。

17

「けやきホール」

ここで再度テーピングで左ひざをぐるぐる巻きにしてやっぱり「逃走中」

そしてお昼は久々に冷たい肉そばの本家、谷地に進攻して、「一寸亭」と双璧の「いろは 本店」に。

18

久々のいろはに、かなり期待度は高まります。

19

いろはと一庵の違いは麺。こちらはやや縮れて、コシがあります。

そのお味は?

あれ? もちろん確かに旨いがわざわざ谷地まで来るまでもなかったかも・・・・・。

この日の調子か、はたまた味が落ちているのか。

いろはを後にして、あとは東京に向けての準備。

お土産満載で、夏女さんの実家をあとにして、旨いものツアーの締めはやはり・・・・・

22

上海」!

23

流石に締めてくれました。変わらぬ美味さ!

幸せ気分で帰路に付きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月をまったりと・・・・

夏女さんの地元に舞い戻った雪男ですが、正月気分で宴となりました。

まずは、つや姫で作った出羽桜!

おこちゃまの雪男にはちょうどいい、まろやかさと甘さ。

「純米酒大賞2013」で頂点となる、純米吟醸酒部門で見事「純米酒大賞」を取った実力は本物でした!

15

翌日はもちろん小僧を拉致して、ジャングルジャングルへ。

今日は昨年末と違って最高のコンディション。

Dvc00155

しかし、古傷の左足外側側副靭帯がいまいち・・・・orz

テーピングでぐるぐる巻きにしたんですが・・・。

とか、言いながら雪男はフラットバーンをショートターンの練習。

そして最後の一本でレストハウス前のラインを滑ってフィニッシュ。

Dvc00184

そして夏女さんの地元ラストナイトは渋く地元のここで決めました。

16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014 初ライド

Dvc00042 実家に戻った最大の目的は、2014年初ライドを海からの初日の出を見る! でした。

天候も最高のコンディションらしいです。

出発は予定では4時半。

しかし、除夜の鐘を聞いた後うだうだ飲んで既に時間は4時!

徹夜で出発だぁ!と思ったのは数秒。

無理して風邪ひいては一大事と言い訳しながら布団に。

朝起きてみると昨日の○川さんから大井初パトロールのお誘いが来ておりました。

結局、初ライドは東京へと戻る日の入りライドとなりました。

午後3時にいざ出発。

1

まずは幕張の海に出てパシャッ。

2

ここから昨晩来た道を戻ります。

ディズニーを過ぎて

3

葛西ではおめでたい元旦の富士山も見られました!

45

そして日も沈んで

6

無事最寄りの神社に到着

サイクルジャージで初詣をして

7

2014年初ライド終了です。

と、ここで元旦が終わりではないんですね。

これから22時半の夜行バスで夏女さんの実家に向かいます。

車中では結局一睡もできずに下車の停留所に到着です。

8

天気予報通りの大雪!

9

いつもは空っぽの足の湯も既に溜まっているので、一瞬休んでいこうかと思いました。

10

さてさて、2日3日と一日でもスキーに行けるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013 Last Ride

みなさん、明けましておめでとうございます。

昨年中はつたいないブログにおつきあい頂きありがとうございます。

今年はこのブログをきっかけにまだ見知らぬ人とつながれたらと思うので、コメントなどよかったら!

さてさて、時は12月30日の23時。夏女さんの実家から雪男一人夜行バスで東京へと戻りました。

33

浜松町には6時過ぎに到着。

今日は大晦日。もともと雪男は決めていた予定がありました。

そう、和田詣で。

冷やかしも込めてお知り合いに、参加を呼び掛けると何とすぐに○川さんが途中までおつきあいしますよ!と。

しかも7時には家を出れますと! 早過ぎです、雪男はやっと帰宅したところ。急いで身支度をしていざ出発。

131231_072650

しかし、スタートしてみるといやいや参りました、まったく脚が動かない。夜行バスで寝不足のせいか。ついでに心臓も痛い!

とりあえ丸子橋から多摩堤通りへ。

131231_074818

寒風の中、○川さんをお待たせしてしまって、やっと合流。

ここからはしばらく多摩サイを北上。

131231_083558

すると○川さんが「ここから連光寺もすぐですよ」と。

連光寺、雪男はまだ一回だけ連れて行ってもらっただけで、自力ではたどり着けません。

これはいい機会と○川さんに案内してもらいました。

是政橋を対岸に渡って、すぐに連光寺の入り口がありました。

ここは最初のT字路までは緩い斜度なので2.8縛りで!との事で二人で縛り合い。

131231_084903131231_085322

途中でダンシングのお兄さんにぶち抜かれました。

2回目の左折で○川さんに鞭を打たれてラストスパート!

アウター&ダンシング縛りでさっきのお兄さんをぶち抜き返してゴォール

間もなくすると○川さんもゴォール!

3435

連光寺、なかなか楽しいです。

ここからはダウンヒル、ぴゃん先輩の好きそうな危険なぐらいのダウンヒルでした。

多摩サイに戻ってからは、本日は途中であさ川沿いを登ります。

なかなかほっこりしたいい感じのサイクリングロード。

途中で前方にこんなご褒美が

36

そのまま八王子まで登って、駅前のモスでモーニング。

○川さんとはここまでです。

○川さん、急なお誘いにも関わらずお付き合い頂きありがとうございました。

この先は雪男一人で陣馬街道を登ります。

131231_105709

44

麓では、脱ぎます、脱ぎます、脱ぎます。

37

脱いだものはきちんと畳んで、目立たぬところに。

38

寝不足と連光寺での戯れで脚が終わっているので、今日はのんびりと思いましたが結局、ストップウォッチをポチッとな。

43

いやぁー、さすがにそんなに和田っちは甘くないですな。まったく脚がまわりません。

42

途中、途中で凍った路面に気を付けながら・・・・

41

ゴール。

131231_115213

タイムは久々の20代。さすが雪男らしい結末の2013年締めの和田っちとなりました。

131231_115224

14

↓こちらは最後の左カーブ前。

131231_115628

後は、麓で脱いだものを着込んで帰路につきます。

しかし、途中でなんだが、速度も上がらないし、フラフラします。

!? こりゃーハンガーノック!

急いでセブンに逃げ込んで補給を

45

あとは、逆風の多摩サイを下って無事帰宅となりました。

46

と、ここで2013ライドは終了と行きたいところですが、本当の2013最終ライドに。

向かうは実家。

日中の疲れで結局日没後の出発となりました。

湾岸道路沿いを東進します。

まずは、葛西の大橋を渡って

131231_180358

大晦日のカウントダウンで大渋滞の横をすり抜けて、さらば東京。

131231_181710

そして30分ほど遅れて実家近くのセブンで休憩

131231_201103

ではなく、今晩の命の水を購入。

ほどなく実家に到着して、無事、本当に2013ライドの終了となりました。

131231_203449

大晦日に人生初の200キロ越えを達成。

そして年越しそばは、宅急便で送った一庵の肉そば!

47

うまい! 大晦日にこれ以上のそばは無し。

なかなかの大晦日となりました。

P.S. 充実した大晦日を過ごしたぜ!と思っていたら、そんな大晦日をあざ笑うかのような大晦日を過ごしたが! 最後の最後もやられちゃいました。しかし、この過ごし方最高です! なんとか来年は参加できる様に夏女さんに事前工作しておかねば・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »