« 大井にバンデル星人現る | トップページ | 30時間弾丸ツアー »

和田 小ダブル 坂急々 汗マシマシ おいしく頂きました

またしても、月曜の週末報告となります。
では、早速金曜日。
今週末は土曜の朝練を逃すと日曜は自転車に乗れない予定なので、金曜夜は天気予報とにらめっこしながら11時に就寝。
翌日3時の目覚ましで起床。
今日はメガ盛り(3本)と思っていましたが、結局先週と同じ時間になってしまったので、ダブルどまりだなぁーと考えながら3時半出発です。(ちなみに手前は小僧の夏休みの宿題の朝顔です)

Dvc00371
天気は曇天(夜空でいまいち確認できず)。
今日はこれを携帯します。

Dvc00370
先日百円ショップでミネラルを買ったつもりがカルシウムだったと言う失態で、肝心かなめの“塩”が入ってなかったからです。
そーなったら、一番含有量が多いのはもろに“塩”ですよね。ちょっと湿気で溶けるのが心配ですがオブラートに包んで持って行きます。
飲んだ時の喉の渇きはその時考えます。

出発後はいつものルートで。

Dvc00375

おっと、背中にはわかりずらいですが、豆パン。

Dvc00376

丸子橋を多摩堤通りに入って

Dvc00377

多摩堤通りを北上して

Dvc00378

日野橋に。

Dvc00379

しかし、持っていた空も東府中から霧雨に。

八王子手前のいつものセブンイレブンで水分補給。

Dvc00380

陣馬街道に入ったあたりでやっと霧雨も収まりました。

Dvc00382

サングラスは霧雨のため、逆にレンズに貼りついて見にくい!

Dvc00384

サングラスをふいて、ちょっと落ちていた気分も盛り返し気味。
今日はいつもすれ違う登り終わった方々とは誰とも会わずに麓に到着。

さて、サブ19を目指して登坂開始です。
まずは登り始めてすぐの急勾配。

Dvc00402

ここ脚の様子を見ます。
うーん、快調とは言えない微妙な感じ。
それが終わってすぐにギアを3つ上げて速度アップ。先週の反省を踏まえて踏みます。
そのあとが、和田の残る唯一の急勾配。

Dvc00401_2
ここもぼちぼちやり過ごしました。

そして、第一ダンシングポイント。いつもならダンシングですが、ちょっと脚もまわりそうでシッティングで登ります。

Dvc00400
次に第二ダンシングポイント!

Dvc00399_2 
兎に角、一漕ぎ一漕ぎ、コンマ数秒を削るように意識します。

さて、サブ19なるかぁ!

Dvc00398

第二ダンシングポイントを上からのぞく⇑

最後の右コーナーを過ぎるとギアを上げます!Dvc00396

そして最後の左コーナーを終えて最後のS時に突入。Dvc00394
タイミングを見計らってギアを2つ上げてラストスパート。

ゴールはガスの中

Dvc00393

サブ19、サブ19のサブ19教を唱えながらゴール。

タイムは?

Orz……

Dvc00390

あかんかった、18分台の壁は高い!

Dvc00391
とハアハアしながらすぐにダウンヒル。

Dvc003581

今日はダブルで、かつ門限厳守だからです。
しかし、濡れた路面でちょっと下りは慎重に時間をかけて(過去2回和田の下りでナイフジャックあり)

Photo_4
陣馬亭に降りるとそこにはショーン・コネリー風のローディーさんが休憩中。
お話を伺うとこの方は和田はまだトレーニング中でいつもは手前の何とか岩と言う1キロの登坂をされているとの事。
和田はまだ3分の1しか上ったこと無いんですよとの事でした。

そのお方の声援を受けて2本目のストップウォッチをぽちっとな。
いつも2本目は1本目より1分遅れるので今日は何とか1本目に近づけたいと頑張ります。
そして中略して、ゴール!

タイムは

Dvc00392

ふーーーむ、微妙な満足感。

Dvc00389
Wサブ20となりました。
おっと、こうしちゃいられない、今日は10時からマンションの理事会なんです。時間は7時過ぎ。

Dvc00395
急いで下山して、まずは日野橋までまっしぐら。
ここで多摩サイに入って、先週同様禁じ手のエアーTTポジションでアベ35で下ります。

Dvc00404 Dvc00403

怒涛の下りで丸子橋に9時過ぎに到着。

Dvc00405

Dvc00406
そして中原を経由して無事9時35分に到着いたしました。

Dvc00407_2
途中でぴゃん先輩からツィートが入ってましたね。
今日は生憎先輩も迎撃できなかったとの事。

さて、シャワー浴びて理事会にでも行きますか。
今日は理事会終わったら・・・・・

|

« 大井にバンデル星人現る | トップページ | 30時間弾丸ツアー »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175321/53197127

この記事へのトラックバック一覧です: 和田 小ダブル 坂急々 汗マシマシ おいしく頂きました:

« 大井にバンデル星人現る | トップページ | 30時間弾丸ツアー »