« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

来ました、ニューバイク!

土曜の夕方、ピンポーンと佐川急便さんが。

荷物を受け取ると・・・・・

来ました、来ました、ミヤタです!

DVC00299

早速箱を開けてニューバイクのお目見えです。

Stil0015

しかし、ウィールは1本のみ????

そーです、小娘の競技用一輪車ハイエンドモデル!

なんと定価だと全部で35,000円!

クランクは既にアルミに交換済での納品です。

しかし、これで終わりではないんです。

さらに、タイヤもこれから買って交換しなければならないそうな。

もちろん、ブランドは、「パナレーサー」だそうな。 orz………

それじゃ、オヤジのロードとかわらないじゃん。

調べてみると、チタンフォーク、5万円やマウンテンの一輪車もあるそうな。

恐ろしやぁ・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早すぎます、マウンテン褐色おじさん

金曜の夜はもちろん、22時就寝と行きたいところですが、翌土曜日の門限がちょっと遅めの10時半なので、夜更かしをして零時就寝。

そして、目覚ましで4時に起床です。

身支度をして4時半に出発!

DVC00155

いつもより、1時間遅い出発なので丸子橋は日の出間近。

DVC00156

そして二子多摩のタワーマンションではすっかりこんな感じに。

DVC00184

もちろん日野橋では久々の日の出です。

DVC00191

いつものように陣馬街道を上って行きます。

DVC00192

そして陣馬亭に7時20分着。

DVC00252

ここからいつものようにTTの開始です。

まずは、とっかかりすぐのこの坂道。

DVC00251

ここを何とか引き足フル出動でこなして、最大の斜度に。

DVC00250

意外と脚に来ていないぞ、という感じで突き進みます。

DVC00249

そして一つ目の右ターン。ここから次の左ターンまでで、さらにタイムを稼がないとです。

DVC00245

そして左折手前のこちらも和田最大級の斜度のダンシングポイント。

DVC00244

いくでぇー、サブ19!!

DVC002261

さらに最後の右折ポイントに。

DVC00240

残り数百メートルのはず。 さらに引き足と太ももの付け根の引き上げ、そして、つま先をスリッパに忍ばせるが如くに脚を回します。

そして、最後の左ターン。

DVC00238

この後はS字カーブしか残っていません。

ゴール手前の直線でダンシングでもがいてゴール!

しばらく苦しくて裏和田方面に少し下って呼吸が収まるのを待ちます。

そしてタイム!

 

 

 

 

 

DVC00225

おおおおお、先週に引き続きのサブ19。しかも先週より15秒縮小です。

DVC00224

じかしぃ、じがしぃ、ぐるじぃー。

ハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハア

DVC00235

さらに、すぐに下山して、2本目です。

陣馬亭でUターンしているところで、先週も会ったブリジストンアンカー系のMTBのいまどき日サロ(?)と思うぐらい褐色のおじさまとすれ違いです。

イメージ的にはMTBの山本選手↓のような感じです。

20100719jcs02

雪男も急いでターンしてオジサマを追いますが、どんどん引き離されていく orz

ついには、見えなくなってしまいました。このオジサマ、結構前半からダンシングを使うんですが、めちゃくちゃ軽やかなんです。

すると、最後の右カーブでなんとそのMTBの日サロおじさんが下山するところではないですか! 早っ。

そして最後は一人旅になった雪男ですが、タイムは?

 

DVC00232

ほほう、一応2本目もサブ20! しかし、あのおじ様は多分、16分台ですね。

ぼちぼちの満足度ですね。とりあえずノルマを達成した感です。

ここから一気に下山しますが、すると途中で今度は2本目にチャレンジ中のMTB日サロおじさんとすれ違い。すごいですね。

そして雪男はそのまま陣馬街道から、八王子を通過して日野橋に向かいます。

八王子市内でこの方と互いに意識し合いで、けん制しながら日野へ。

DVC00267

やっと多摩サイに戻ってきました。

遠くに富士山が。

DVC00270

そして、あとは門限ギリの10時半を目指してまたしても禁断のエアーTTポジションで。

すると府中のあたりで反対をすれ違ったなんとローディーの女性に声をかけられたぁ!

おおおおおおお!!!!!!!

 

 

 

 

 

DVC00272

と思ったら野良猫さんでした。

今日は(も)ソロで山梨方面に行くそうな。恐ろしき女性。

そして、雪男は丸子橋まで戻ってきましたが門限まで残り5分。

DVC00273

ここで敗北宣言の電話を自宅にかけると、夏女さんが

「もう、子供たちは遊びに出かけたからそんなに焦って帰らなくていいわよ」と。

用無し、雪男です orz

DVC00276

帰宅後は、ダブルしかしていないのに、どっと疲れがでました。

お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

和田峠、メガ盛り、3倍返し!

さーて、前日は22時に就寝!

しかし、飲み会(?)から帰って来た夏女さんに零時に起こされて以降、なかなか寝付けず。

それでも目覚まして250分に起きて、320分に出発!

Dvc00430_2

いつものように、中原→多摩堤→狛江通り→旧甲州街道の流れです。

Dvc00432Dvc00433

日野橋もすっかり夜中。

Dvc00434

やがて、夜が明けてきて気温も上々、自転車には最高です♪

Dvc00435

そして陣馬亭に到着したのが555分!

Dvc00442

あと、5分あります! 久々の和田5時スタートです。

急いでシューズのストラップをぎゅうぎゅうに締めて、そしてこれをば口に含みます。

Dvc00436

禁じ手のドーピング!

そして無事559分スタート! 久々の5時台でのスタートです。

何としても先日のリベンジを期してスタートしましたが、気持ち脚が重い。

まずは、スタートしてすぐの以外に曲者のこのポイント。

Dvc00456

そして、こちらは和田でも一番の勾配ポイント! 今日は上からの写真です。

Dvc00454

イン側は恐ろしいほどの勾配!

Dvc00453

よして最後の右折ポイント。

Dvc00452

ここから捲りますよぉ!

Dvc00444

Dvc00445

そしていよいよ最後の左カーブに差し掛かります。

Dvc00446

Dvc00447

Dvc00441

そしてゴール!

タイムは!

Dvc00438

来たぁー! アルミ、ノーマルで初のサブ19!(19分切り!)

コンマ34でした。

Dvc00439

上から登って来た道を振り返ります。

Dvc00449

Dvc00450

さーて、ここから急いで降りますよ。

勿論おかわりするからです。

下っていると4名ほどのローディーさんがチャレンジ中でした。

温かく声援を送って麓へ。

そして、いざお替り。

脚は1本目よりいい感じ♪

そしてもちろん最後はダンシングでラストスパート。

Dvc00440

うわぁー、Wサブ20には届かなかったぁー。

さらにすぐに折り返して下ります。

すると、第二ダンシングポイントではこちらもお替り中のクライマーさん。

まさにクライマー系の体格でなかなかの速さで登っていかれました。

Dvc00451

そして、雪男も本日3本目、メガ盛り、3倍返しです!

しかし、3本目はさすがにしんどかった。TTではないにしてももう脚が回りません。

そしてタイム。

Dvc00448

あれ? ストップしそこなって数秒ロスしましたが、ほとんど2本目と同じです。

これを喜んでいいのか、それとも2本目がたれ過ぎなのか。

そして、今度こそ帰路に。

下山すると陣馬亭はまさにトレッキング、ハイカーの天国に。

Dvc00458

Dvc00459 

こちらは門限に向かってスパート!

Dvc00460

多摩サイに入ってからはいつもの禁じ手、エアーTTポジションで、向かい風33キロで。

そして、無事9時半には丸子橋にて、何とか門限に間に合いました。

Dvc00462

Dvc00463

しかし、帰宅後の反動がすごかったです。

すっかり廃人。家族には迷惑を掛けました。

小娘は進学候補の中学校の文化祭に。そして廃人雪男はやっと午後に動き始めて小僧と公園に。

なんとか、点数を稼ぎました。

ここでギアを2つ上げて、ラストスパートに!

すっかり終わっている脚にムチを打って捲りまっせ!

どんなに乳酸が溜まろうとも、喉から血の味がしても踏み込みます。

Dvc00443

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜田練をば少々

土曜日は今度はマンションの理事会に制圧され、門限10時の刑につき、遠出はできず。

インラインにするか自転車に乗るか迷った挙句に、近所の桜田通り練(高低差20m)をする事にしました。インラインだとのほほんと、滑ってしまうので、たぶんあまり運動にはなっていないのかなと。それに引き換えこちらのインターバルトレーニングは途中で気持ち悪くなるほどですので。

Dvc00428

もくひょうは15セット。最初の5本はアップもかねて速さは25キロまで。そしてその後の5本は全力で。2730ほど。途中2度ほど他のローディーさんと登るタイミングが重なって、つい、負けじと漕いじゃいました。

Dvc00429

結局、目標の15本には遠く及ばず、10本にてタイムアップ。

午後は子供たちは近所の児童センターへ旅立って行ったので、雪男はフリーに。

ちょっと日曜大工なんどしてまったり過ごしました。

さーて明日こそ、行くでしょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rocky 品川店

台風直撃の3連休最終日。

午前中はここ何日も費やしてきた逝ってしまったパソコンのハードディスクからのデータの救出をあきらめて、ハードディスクを交換して、OSを初のWindows7にしたりして過ごしておりまいした。

ちなみにOffice2010も試用版をインストール。こちらは製品を普通に買うととても高いので悪知恵を使って4000円ほどで抑える事に。

午後は予定通り天気も良くなってきたので、近所のクライミングジムに初参戦。

14

Rocky品川店です。台風で外出できない事もあってか、大盛況。

オヤジはコストカットで参戦できず、小娘と小僧で参戦です。

15

16

いやぁー、楽しそうです! 自分もやりたいと思いつつ、亜脱臼気味の肩だし・・・・。

とりあえず、今日も体を動かせて子供たちは満足だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ

いやぁー、週末は台風でしたねー。

関東は思ったほど、と言っても引きこもりだったせいですが、台風の被害もなく、ただ、自転車にはほとんど乗れませんでした。

3連休の初日、天気は上場。しかし時間の制約で朝トレはインラインで3周約7キロのランにちょっとバックを練習したのみで帰宅。

12

その後は子供たちは近所の児童センターへと旅立っていったので11時から桜田通りの小坂に出向いて、ちょっとしたインターバル練です。

Dvc00417

Dvc00418

高低差20mを13本ほど。

そして帰宅後はオヤジの楽しみの一つ、自転車いじりをば。

今日は石橋号の整備。ここ数日チャリ通時にどーも、チェーンが延びている感じがしていたので何コマか落とします。

3

案の定、かなりゆるゆるでした。そこで2コマ落とすことに。

4

そーなると、ドロップエンドの石橋号にはリアの受けがかなり厳しいですが、どーせチャリ通程度(!?)なのでこれで行きます。

7

5

一息ついていると、ぴゃん先輩から有力な情報をゲット!

ボイジャー・イン・ザ・シーズと言う豪華客船が大井に泊まっているとの事。

この船、デカすぎてレインボーブリッジを通れないために、手前の大井に停泊しているとの事です。

ちなみに出航は午後4時半。

そこで雪男は4時に自宅を出ていつも大井に向かうルートを速度☆号で。

Dvc00422

土曜の早い時間だともちろんトレーラーがいっぱいで走れないのですが、夕方だと土曜も走れるかもってぐらいです。

そして停泊情報のある水産会社の倉庫に近づくと・・・・

8

なんじゃぁー、あの倉庫の上から突き出たウィングはぁ!

9

ど~~~ん! でました”ボイジャー・オブ・ザ・シーズ”

まさに出航前でタラップなど引き上げておりました。

ここから雪男、勝手知った大井なのであの場所へ潜入!

10

ここです、ここ。雪男の他には2名のおじさん(自分もですが)がカメラを持って待機。

11

そして時間の4時半。

すると、映画「未知との遭遇」の最後の場面のデビルス・タワーでのUFOとの交信時にUFOが発した重低音のパイプオルガンの音が響き渡ります!

この音が一番エキサイトしました。

12

離岸後は見た目にはゆったりと進んでいきます。

そしてこのショットは必要でしょう↓

Photo 13

雪男は一人(小娘と小僧に声を掛けたが、「ただの船でしょ」と一蹴されてしまいました)見送って大井を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車をば、もう1台・・・・

買っちゃいましたよ、もう1台自転車を。

自転車はこちら↓

Images
じゃなかった。

菊名の駅の駐輪場に止めてあったママチャリにまたがって自宅まで約15キロのナイトランです。

Photo_5
電動が壊れてからしばらくは自転車が無くて、夏女さんから非難轟々だったので、オークションで違法駐車の回収車を購入しました。
選んだポイントは27インチと外装変速6段。
昼間に回収屋から引き取って駅前まで夏女さんに移動してもらって雪男の帰宅後に電車で菊名まで行ったと言う次第です。
菊名からは綱島街道から中原のルートです。
気候もちょっとひんやりと言う感じでナイトランにはもってこい。

しかし、ママチャリのつらさを忘れていました。ちょっとしたアップダウンでも引き足が使えないのとポジションの関係で疲労度は予想以上でした。

でも、とりあえず無事に11時半に帰宅。

これで明日から夏女さんも快走です。

あとは、ハブ、スプロケ、クランク、ワイヤー、チェーンをDURAにして、ハンドルをドロップに。
ホイールをマビックに変えてですね(もち、冗談ですよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30時間弾丸ツアー

紛糾した理事会が終わって、帰宅後急いで支度を。
午後の便で高飛びなんです。
いつものスターフライヤーです。

23

この航空会社いろいろお気に入りですが、その一つがこちらの非常時の案内!

実際の飛行は目的地に近づくまでは大きな問題もなかったのですが、着陸に際していよいよ高度を降ろそうとしたところちょっと揺れが。
そして車輪を出していよいよ着陸と言う時に急激に機種を持ち上げてフルスロットル!?

そう、Go-aroundを掛けました。

人生初めてのGo-aroundでちょっとビビりながら10分後に再アタック。
無事着陸できました。
天候は小雨。

45
雨が降っていなければ輪行するところだったのですが、昨年に続いて今年も天候に恵まれませんでした。

町はそこそこ黒田官兵衛で盛り上がってましたね。

6

その晩は親戚連中としこたま飲みました。
翌日、用事を済ませてもう、帰路へ。

空港が海上の埋め立てで、そこまでの橋が風は強いのですが、気持ち良さそうで何人かのローディーが走ってました。

空港ではメーテルのお迎えが。

Photo

喉が乾いたら水道の水でもどうぞ。

Photo_2 Photo_3
帰りも多少揺れましたが無事着陸。

30時間の弾丸ツアー終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和田 小ダブル 坂急々 汗マシマシ おいしく頂きました

またしても、月曜の週末報告となります。
では、早速金曜日。
今週末は土曜の朝練を逃すと日曜は自転車に乗れない予定なので、金曜夜は天気予報とにらめっこしながら11時に就寝。
翌日3時の目覚ましで起床。
今日はメガ盛り(3本)と思っていましたが、結局先週と同じ時間になってしまったので、ダブルどまりだなぁーと考えながら3時半出発です。(ちなみに手前は小僧の夏休みの宿題の朝顔です)

Dvc00371
天気は曇天(夜空でいまいち確認できず)。
今日はこれを携帯します。

Dvc00370
先日百円ショップでミネラルを買ったつもりがカルシウムだったと言う失態で、肝心かなめの“塩”が入ってなかったからです。
そーなったら、一番含有量が多いのはもろに“塩”ですよね。ちょっと湿気で溶けるのが心配ですがオブラートに包んで持って行きます。
飲んだ時の喉の渇きはその時考えます。

出発後はいつものルートで。

Dvc00375

おっと、背中にはわかりずらいですが、豆パン。

Dvc00376

丸子橋を多摩堤通りに入って

Dvc00377

多摩堤通りを北上して

Dvc00378

日野橋に。

Dvc00379

しかし、持っていた空も東府中から霧雨に。

八王子手前のいつものセブンイレブンで水分補給。

Dvc00380

陣馬街道に入ったあたりでやっと霧雨も収まりました。

Dvc00382

サングラスは霧雨のため、逆にレンズに貼りついて見にくい!

Dvc00384

サングラスをふいて、ちょっと落ちていた気分も盛り返し気味。
今日はいつもすれ違う登り終わった方々とは誰とも会わずに麓に到着。

さて、サブ19を目指して登坂開始です。
まずは登り始めてすぐの急勾配。

Dvc00402

ここ脚の様子を見ます。
うーん、快調とは言えない微妙な感じ。
それが終わってすぐにギアを3つ上げて速度アップ。先週の反省を踏まえて踏みます。
そのあとが、和田の残る唯一の急勾配。

Dvc00401_2
ここもぼちぼちやり過ごしました。

そして、第一ダンシングポイント。いつもならダンシングですが、ちょっと脚もまわりそうでシッティングで登ります。

Dvc00400
次に第二ダンシングポイント!

Dvc00399_2 
兎に角、一漕ぎ一漕ぎ、コンマ数秒を削るように意識します。

さて、サブ19なるかぁ!

Dvc00398

第二ダンシングポイントを上からのぞく⇑

最後の右コーナーを過ぎるとギアを上げます!Dvc00396

そして最後の左コーナーを終えて最後のS時に突入。Dvc00394
タイミングを見計らってギアを2つ上げてラストスパート。

ゴールはガスの中

Dvc00393

サブ19、サブ19のサブ19教を唱えながらゴール。

タイムは?

Orz……

Dvc00390

あかんかった、18分台の壁は高い!

Dvc00391
とハアハアしながらすぐにダウンヒル。

Dvc003581

今日はダブルで、かつ門限厳守だからです。
しかし、濡れた路面でちょっと下りは慎重に時間をかけて(過去2回和田の下りでナイフジャックあり)

Photo_4
陣馬亭に降りるとそこにはショーン・コネリー風のローディーさんが休憩中。
お話を伺うとこの方は和田はまだトレーニング中でいつもは手前の何とか岩と言う1キロの登坂をされているとの事。
和田はまだ3分の1しか上ったこと無いんですよとの事でした。

そのお方の声援を受けて2本目のストップウォッチをぽちっとな。
いつも2本目は1本目より1分遅れるので今日は何とか1本目に近づけたいと頑張ります。
そして中略して、ゴール!

タイムは

Dvc00392

ふーーーむ、微妙な満足感。

Dvc00389
Wサブ20となりました。
おっと、こうしちゃいられない、今日は10時からマンションの理事会なんです。時間は7時過ぎ。

Dvc00395
急いで下山して、まずは日野橋までまっしぐら。
ここで多摩サイに入って、先週同様禁じ手のエアーTTポジションでアベ35で下ります。

Dvc00404 Dvc00403

怒涛の下りで丸子橋に9時過ぎに到着。

Dvc00405

Dvc00406
そして中原を経由して無事9時35分に到着いたしました。

Dvc00407_2
途中でぴゃん先輩からツィートが入ってましたね。
今日は生憎先輩も迎撃できなかったとの事。

さて、シャワー浴びて理事会にでも行きますか。
今日は理事会終わったら・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井にバンデル星人現る

明けの日曜。
昨日の和田練の疲れもあり今日は大井をタラタラ予定です。
ちんたら用意をしながら自宅を出たのは7時半。

外は既にあぢぃ~です。

大井到着後は、ひたすらソロで回遊を。
人出はちらほらです。
いつものバックストレートは学連(?)も混じってのTT練でした。

16

なんとなく熱いまま周回を重ねます。
あまりの熱さに途中でパシャッして写真はこんなんなってましたぁ。

Dvc00365

決して、画像ソフトでいたずらした訳じゃないんです、ただの手振れで・・・・。

友人曰くまるで↓バンデル星人に瓜二つとの事。

101103

そのまま誰とも会わずに5周回終了です。
途中でメールをチェックすると

○本さん・・・前日の尾根幹練の疲れで辞退
○川さん・・・地元の祭り
とかちゃん・・バシさんの寝坊で遅参
バシさん・・・寝坊

とりあえず、最後のバックストレートで一人スプリントもがきを。
最後のお一人を直線の最後でパス。
その勢いで公園を左折してメインストリートを流して終わります。
と、思ったら先ほど最後に抜いた御仁が何やら後ろから捲っている感じ・・・・・。
いや、いや、先ほどのバックストレートは一人練なんです、何も争っていたわけではないんですがぁ。
しかし、しかし、捲られてる捲られてる。
そうなると温厚な雪男もお付き合いで再度のエアロTTで引き離しに。
誰が見てもおかしな二人組で他をぶっちぎり。
取りあえずは抜かれずに雪男はコースを離脱。

今日は5周をマイペースで走れて心地いい感じだったのに、最後のハアハアしちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和ダブル、頂戴いたしました

土曜日です。
前日の金曜日は翌土曜の朝に久々に峠にでも行ってみようか、はたまた、ちょっと寒気がしなくもないので、近所をうろうろしようかと迷いながらいつのまにかに時間は22時に。
ちょっと体調は心配ですが翌朝は峠と決めて23時に就寝。
翌朝、3時の目覚ましで起きて支度開始。
体調は特に良くもならず悪くもならず・・・。
3時半に出発です。

Dvc00336

外に出ると気温は予想よりも「むっ」とする感じ。

Dvc00337
まずは中原を多摩川に向かいます。

Dvc00338

多摩堤通りから狛江、旧甲州街道へ。

Dvc00340

甲州街道の合流で目の前にローディーさん。

Dvc00342

早いっすね、朝の5時前ですよ。

日野橋で日の出を拝んで、

Dvc00343

八王子手前のいつものセブンで休憩。

Dvc00344
梅干しがポイントです。

八王子駅前を通過して陣馬街道へ。

Dvc00345Dvc00353Dvc00354   

朝日と共にやる気も出てきました!
目標の6時到着から15分遅れで麓に到着。
ここで攣り防止のドーピング!

Dvc00355

ハッハッハッハァ、これと梅干を口に含めば攣りは無縁じゃぁ。

(とこの時はまったく気が付きませんでした・・・・)
ストップウォッチをぽちっして、いざスタート。山形練の成果は如何に。

1

和田峠は前半がきつく、一方でタイムを伸ばすには後半の緩斜度の持って行き方がポイントと誰が言ったか、雪男の個人的分析です。
前半の急斜度では思った以上に足は回っていましたが、急斜度が終わってギアを2,3段上げて加速するポイントに気が付かずになんとなくスルーしてしまいました。

↓ここが激坂ポイント。15%?

2

そしてここがファーストダンシングポイントです。

3

ここが最初の右コーナー。

4 
そして、第二のダンシングポイント!↓

5

その後のラストから二つ目の右コーナー以降は気持ちはいつもよりいい感じに。

7


そして、「もしや、速度星号、ノーマル、アルミで18分台かぁ!」と欲も出てきました。
そして最後の左コーナーを曲がってS字へ。
S字手前からギアを2つ上げてダンシング!
頭の中で「18分」「18分」と連呼しながらグォーーール!

タイムは!

Dvc00356

19分15秒

Orz

あかんかった・・・・・、ハアハアハアハア。

Dvc003581

あかんかった・・・・・、ハアハアハアハアァ。

次にいつ18分台突入できるチャンスが来るかわからんのにぃー。

そんな事を1分ほど考えてすぐにUターンで、下山します。

Dvc00357

8
途中で抜いたファンライド系ローディーさん(なぜ、ファンライドかと言うと抜く際の雪男のハアハアゼエゼエの息遣いと比べてとってもゆったり、蛇行系だったもので)とすれ違い、さらに陣馬街道で抜いたマウンテン系のお兄さん達に声援を送ってダウンヒル。
マウンテンの二人目のお兄さんは前半で既に自転車を押してましたね。6

麓に到着後、門限の関係ですぐにストップウォッチを再度ぽちっと。
サブ20分台を目指していくでぇ~。
前半の急斜度を超えてギアを上げるところもがっつり押さえて加速。
途中でそして最後の右コーナーでマウンテンを押しているライダーさんに声援をおくりつつ、こちらもラストのS字に。

ダンシングでゴール。

タイムは・・・・・

20分15秒

Dvc00362

本日2度目のorz
あかんかったWサブ20はならず。
もちろん数秒で下山に。
麓の陣馬亭はハイカーで一杯です。

9
門限10時まで残る時間は2時間45分。
日野橋に8時に着ければ門限は間に合うはず。

あとは、多摩サイを禁じ手のエアロTTにて下ります。

10

今回、サイコンの電池を代えてシンクロさせていないので、メーターはなし。

11

とりあえず丸子橋に9時過ぎには到着して、門限は何とかなりそうです。

12_2 13_2

さーて、午後は小僧と夏休みの自由研究の仕上げです。

ところで、和田の登りの前に飲んだドーピングですが、攣り防止のためですが、今更ですが肝心要のナトリウムが入っていませんでした。マグネシウムは入っていますが、カリウムはなし。カルシウムはあるに越したことはないですが、攣りには不要でした。

ちゃんと今度は塩持って行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »