« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

久々の和田・・・・・のはずだった・・・・・

土曜日に夏女さんから「日曜日は11時帰宅でいいわよ」と11時縛りの天の声がしたので早速、ちょっぱーず、ヶ丘愚連隊にランデヴーを募ります。

生憎、ぴゃん先輩、しんぺさんは厳しいとの事でしたが、ばしさん、トカチャン、○本さんが参戦可能との事。

行く先を和田峠に定めて、5時半二子玉ケンタとしました。後は問題は天気のみ。

前夜は11時半に床に就くも明日の事を考えてなかなか寝付けず、たぶん12時半ごろに寝たのでは。しかし、その後も2時間おきに目が覚めてしまいました。

そして4時半、支度を整えて出発。

出発前にぴゃん先輩から二子玉迎撃断念の報が。なんでもぴゃん先輩のあたりは激しい雨との事で、2度寝に。

天気がかなり微妙ですが、とりあえず二子玉に向かう事に。

背中には宮本武蔵張りのバナナ二刀流!

DVC00240

4時半ですが、最近ではまた暗くなってきましたね。

DVC00244

さてさて、中原街道をまずは丸子橋にひた走りますが、すでに旗の台あたりで雨が激しくなってきて、雨宿り。ちょっと雨が弱まったところで、また前進するも、雪ヶ谷でまたしても雨宿り。

徐々に二子玉に近づいて、ちょうど5時半に到着。まもなく、○本さんも到着。

DVC00245

ほどなく、ばしさん、トカちゃんも到着です。

DVC00251

雪男は背中の2丁拳銃を取り出し補給開始。

ばしさんは、久々の和田で雪男を駆逐すべくヒルクライム用のホイールで。

DVC00316DVC00317

しかし、この天気で和田はあまりに無謀と言う事で大井パトロールに変更。ばしさんの家に寄る途中、みんなで田園調布あたりの坂でお戯れ。こっちのバシさんお薦めの水道局近くの激坂

DVC00323

度合いをお伝えするために、バシさん自ら登坂。

DVC00324

そして、雪男おすすめのこの坂でみんなで頂上ゴール。

DVC00326

そこからトカチャン邸を経由して大井にパトロールに向かいますが、途中既に本降りの雨です。

結局、大井チーム練だったであろう、モンスターの方の後を付いて行きながら大井に。

しかし、速攻コンビニ退避となりました。体は8月とは言え、さすがに冷えてますので雪男はこれで。

DVC00327

そこでバシさんの次号になるであろう、GIANTのニューモデルをみんなで品評会をして解散となりました。

DVC00331

帰宅後はすっかりダメダメオヤジに成り下がり、結局夜に。これではいかんと、夜の10時半からインラインで軽くナイトラン。

DVC00333

気温も湿度も下がり、快適でした。 走行距離:約7キロ

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐでんぐでんで・・・・・・インライン

金曜は気の置けない仲間と新橋で2年ぶりの飲み会。

金沢料理がメインらしいここで、すっかり日本酒の品評会と相成りました。

もともと、酒が強くない雪男はチェーサーの水をぐびぐび飲みますがすっかり酔っ払い。

そんな中、歩道優先で石橋君でご帰宅しました。

 DVC00042 DVC00155

明けの翌朝はややお酒が残る体で遅い起床。

もちろん自転車は乗れるわけもなく、近所をこれで徘徊して終了としました。

DVC00226

走行距離:6.5キロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして山形のお盆休みの締めはこれ!

朝の熱戦のあと、火照った体を癒す意味でも本日も第2部は川遊び。

昨日行った川にまた登場です。 既に3回目なので勝手知ったものですから、適当に荷物を川岸に下ろして遊び開始!

しかし、今回はこんな事もしてみました。なんとここからダイブ。

DVC003121

しかも先頭はなんと小学1年の小僧。高さは4メートルぐらいか。それを怖さもあまり認識せずに飛び込む小僧。 すごい、すごいよ、お主は。オヤジも仕方なくおっかなびっくり。

DVC003141

いやぁー、でもこんな遊び最高です。一通り遊んで帰宅後は帰京の準備。出発後は、途中で〆に「一庵」によって、やっぱりこれ。肉そばの名店ですが、それにも負けない激ウマラーメン。

115

無いがすごいって、最近魚介だ、なんだっていろいろ言いますがここのラーメンはシンプル。麺とスープの旨さのみで勝負。

すっかり満腹になって高速に。車の台数はかなりでしたが、大きな渋滞もなく、無事23時に帰宅。

ここで終わりかと思ったら、本日は雪男のみ再度車で東京駅へ。金曜日に放置した石橋を回収です。 いやぁー、久々に夏休みしました。 2013年いろいろと最高のお盆休みでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形ヒルクライム練 ファイナル ~葉山編~

今朝もニチャコさんがお骨おり頂き、朝練をアレンジしてくれました。本日の集合場所はチェリーランド。雪男は時間ぴったりに到着。既に到着済のニチャコさん、ヌルさんと挨拶を。

211photo

するとヌルさんの愛車が今日はジャイアント!モデルはニチャコさんと一緒。

すげーなぁー、みんなぁ、と思いながらヌルさんの顔を見て $’)”’#”&(“’$’&’$(#)”!#=~|\ ????????

一瞬頭がショートしましたが、やっと回路がつながって、目の前にいるのがLOPさんと認識できました。

何でも朝4時過ぎにニチャコさんに緊急参戦の報が入ったとの事。 LOPさん、ありがとう。そして、ほどなく本物のヌルさんが登場。

さて、ここから4人で本日目指すは葉山。

どうも葉山と聞くと海を想像してしまいますが、こちらは山のど真ん中。

登りのスタート地点までは4キロとの事で今日もニチャコさんが献身的に引いてくれます。

212213DVC003031

ほどなくスタート地点へ。

215216

ここから約10キロのほぼ一定ペースの登りとの事。 では、いざスタート。

217218

するとあれ? さっそく飛び出した輩が一人。

LOPさんです。皆さん9月に今日のコースでのレースにエントリーしているとの事で、TTやら調整を兼ねています。 LOPさん軽快にどんどんすすんでいって、ヌルさんと雪男はマイペース。

ニチャコさんはメカトラ(?)と心配しながら後半の捲りにかけているのかな?このコース、ひたすらたんたんとしているんです。つまりはヤビツの菜の花台以降の感じ。

ヌルさんはフォームもきれいでひたすらクオーツのように正確なケイデンスで上って行きます。

DVC00276

やがて、先行していたLOPさんをとらえて、その後はヌルさんと二人で先を進みますが、雪男はすっかり「ハアハア」「ゼエゼエ」・・・・

ヌルさん、うるさくて大変すいません。

DVC00272

もちろん雪男はヌルさんを引く余力もなく、付いて行くので限界。あとは、どこでヌルさんにギブアップ宣言をするかだけ orz

そして何とか葉山市民荘(8.5キロ地点)まであと、1.5キロのところに。

ここで道路工事で鉄板を敷き詰めている場所で不注意にもスリップ!

落車寸前を耐えました、 が、 心身ともにぎりぎりで走っていたので、このヒヤリでヌルさんと相当開いてしまいました。50cmを詰めるのもしんどかったので、残念ながらここでジ・エンドです。

その一瞬でもヌルさんはすでに数十メートル前に行ってしまいました。

DVC00273

鉄板の先を左に曲がるとすぐに葉山市民荘でした。ソロになってある種がんばらなくていい(!?)のですっかり気が楽に、自堕落者に成り下がってあとは淡々と登り前の下りをこなして、最後に開けたレースのゴールポイントまでやってきました。最終右コーナーを曲がって最後の登り直線。ちょうど、ヌルさんが頂上を過ぎるところでした。

頂上後はカメラマンに。 まずはLOPさん。

2192202231

よほど楽しかったのか満面の笑顔です。 そして、珍しく絶不調だったニチャコさんもこぶしを突き上げます。

224225

後は、来た道を葉山荘まで下って、長命水をご賞味。

112111

しばし自転車トークに盛り上がったあとは、チェリーランドまで疾走です。 ここでも、ニチャコさんが引く引く、40キロオーバー。

DVC00277

国道112号に出たところで雪男が引き継ぎます。がぁ、一瞬にしてさらに後ろからヌルさんとLOPさんが捲っています。?????

えっ、あの雪男は疲れたニチャコさんに代わって前を引こうと思っただけなんですが・・・・

もしや、仕掛けたと思われました!?

そして、これはもしや大井バックストレートのスプリント?かと思われる盛り上がりで二人を追うも大撃沈してゴール。

これにて無事、2013年夏、山形自転車修業は終了です。

にちゃこさん、LOPさん、ヌルさんのおかげですっかりアゲアゲの計5日間でした。お付き合いどうもありがとうございました。

ニチャコさん、完璧なツアーコーディネートでした。重ねてありがとうございました。

DVC00304

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天童高原、捲られず・・・・・・orz

先週末、蔵王アタック、二口峠アタックなどをしたほんの二日の夏休みのあと、火曜日の夜行バスにて東京に戻りました。
そして3日後の金曜日。今度は逆に夜行バスで逆行して夏女さんの田舎へ戻ります。
お盆前後と言う事でチケットはキャンセル待ちを何とか1枚ゲット。
浜松町22時半出発です。しかし、その晩の〆の仕事の会議がどんどん長引いて気持ちは上の空。
ぎりぎり22時に会議は終了。すぐに会社を飛び出します。
急いで最寄りの駅に向かいながら、雪男は今頃気が付いた。
浜松町は22時半出発、次の停留所は22時50分の東京駅八重洲。
そして今、時間は22時15分。
急いで石橋号まで戻って施錠を外して一路東京駅へ。
ちょっと汗だくになりながら、ばっちり、22時半到着。
停留所前のセブンイレブンで夕飯とプシュッを購入。週末ここに置いてけぼりの石橋号に不安に覚えながらバスに乗り込みました。
このバスの夏女さんの地元到着時刻は5時半。
結局車中では1時ごろにやっとウトウトできましたが、ちょうど深い眠りにつくころにトイレ休憩が入るんですよね。
そして5時20分ごろに到着。
到着前にニチャコさんに念のため、今朝の待ち合わせ場所と時間をチェック。するとなんと降車場近くの道の駅でヌルさんと待ち合わせとの事。
しめしめ、フフフフフ。
急いでバックパックを担いで徒歩で道の駅に。
と、足湯の手前でテントを発見。

311

すごいぞ、自転車で旅ですな。そして足湯に向かうと見慣れたジャージのニチャコさん発見。さりげなく、通過越しに「パシャ」。

312

驚くニチャコさんに、「できれば追いつくように、急いで着替えて追いかけます!」と。

ニチャコさんとヌルさんの今日のコースは、天童高原→面白山ダウンヒル→山寺 との事。夏女さんの実家に到着して泥棒が如くに抜き足差し足で着替えを完了。冷蔵庫から飲み物をつかんでいざ、出発!

ニチャコさんもヌルさんも速いので追いつくのはかなり無理かも、しかも、寝不足とウォーミングアップなしで足はほとんど回らず。しかし、気力だけで天童高原を目指します。

天童高原までの道のりは、写真を撮る余裕がなかったのでこちらでお楽しみ下さい。

ただ、一枚だけどうしても取りたかった写真はこれ。

313

急いで冷蔵庫で掴んだ飲み物が「豆乳」だった! orz orz

相変わらずのタフな天童高原にひーこら言いながら追いかけるもいくら行っても背中も見えず。

結局ソロでスキー場の中へ。

ハイジのような景色だが、きつい登りにやっとゴール。

するとちょっと離れたところで既にご休憩中のお一人のローディーさんが・・・・。ニチャコさん等は2人なので、別の方かなと会釈などしてご挨拶。

すると後ろから見慣れた方が登って来る。ニチャコさんでした。ふいを突かれてゴールの写真は撮れず。

と言う事は先ほどの方はお初でお目にかかるヌルさんでした。ヌルさんが、これまた完璧なクライマータイプ。

315

ヌルさん、後ろから失礼します。ヌルさん、しんぺさんから長期借用中のトゥーペをチェック。ちなみにヌルさんの愛車はサーベロですがTTバイクではないんです。

314

いつもサーベロは大井のTTしか見たことがないので新鮮。

そして、ここから3人で面白山方面から山寺へダウンヒル。

316317318319

山寺からはお二人に交互に引いてもらいます。

402401403

途中でヌルさんとはお別れ。もし明日も都合がつけば合流されるとの事。そこからニチャコさんと雪男はわくわくへ。

そこで、お目覚めの自転車旅行中の若人と歓談。

404

みんな、東京の大学生で青森を目指しているとの事。本日はこれから山越えて仙台だそうな。

すげーぞ、若人。そのまま競輪学校に入ってしまいなさい。

 

そして、朝練から帰宅後は先日発見した川へゴー!

DVC00260

オヤジも飛んですっかりご満悦。

DVC00261DVC00268

そして疲れた体にかけ流し温泉「のぞみ」へ。

DVC00267

おなか一杯、ご馳走様の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形 二口峠、ランデヴーで頂きましたぁ~

山形シリーズ3日目

本日は5時前起床!

そして、道の駅へ。

なぜ?

なぜって、待ち合わせだからです。

なんと、山形でローディーさんと待ち合わせですよ!♪

待ち合わせ場所に到着するとブログでお友達になって頂いたニチャコさんとうれしい誤算のお初のLOPさん(ニチャコさんのブログでは存じていました)も雪男我侭ライドにお付き合い。感謝感謝。

61

ニチャコさんの愛車はブログで知りすぎておりますが、LOPさんはTrek project Oneの豹柄(LOPさん、本当はファイヤーでしたね)

62

ここで今回の行き先を天童高原にするか、二口峠にするかで、雪男にチョイスさせてくれました。

選んだのは1000mオーバーのがっつり系の二口峠。

63

途中山寺を通りますが、昨日の雪男の失敗のようにスーパー林道のアップダウンは通りません。

64

山寺に到着して早速3台でお決まりアングル。

6566

さーて、では、二口峠、味見しますかぁ。

6867

LOPさんは毎日乗っているニチャコさんと比べてのぼり系はトレーニング中との事でニチャコさんと雪男で先行します。

69

途中、ゲートが閉まっていますが、お決まりのすり抜け!

72

ここからニチャコさんに突かず離れずで登り続けます。

ちなみに、ニチャコさんのルート取りで驚きました。ひたすらインからインへ。

これは相当な自分への負荷です。こうやってどんどん登りが強くなって行くんでしょうね。

もちろんぬるま湯、雪男はなるべく斜度が変わらないようにアウトサイドを。

最後の頂上付近は下り(だったかな?)

80

そして、大差なくLOPさんも無事ゴール。

8283

LOPさん、ステージ優勝ですかぁ!?

84

後は、下るのみ。

途中眼下にはこんな風景が!

85

見えますか?

86

↓途中にちょっと見えるところが私たちの登ってきた道です。

861

さらにニチャコさんオススメの撮影ポイントへ。

撮るのは眼下。しっかり九十九折です。

Img_220901_17459094_3

(ニチャコさん、撮影)

こちら↓は下から九十九折を見上げます。

87

さらには遠景にて登って来た道です。

88

883

木に食われた看板↓

89

無事ダウンヒルを終了すると、門限で終了と思いましたが、やっぱり締めでしょ!

と言う事でまた舞鶴山へ。

ただし、今回は逆から登ります。

929190

最後のラストスパートで先行するニチャコさんをLOPさんが刺しました。

いやぁー、最近は関東でも峠はソロばかりだったので、仲間と登る峠は格別の味ですね!

あらためて、ニチャコさん、LOPさん、ありがとうございました。

Futakuchi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これこそ川遊び!?

ニチャコさん、LOPさんとの朝練を終えて帰宅後は、子供たちと川遊びに出発!せっかくこんなに自然がいっぱいだからとやってきたのは下流のここ。東京ではなかなか見れないこの景色。

77        

ここで小僧といとことしばし遊んだが、何かイメージと違う・・・・、と言う事で車に戻って上流を目指します。有名な観光地を過ぎる水着の軍団。するとその観光地から徒歩でも10分の上流の橋から下を覗き込むと・・・・ !!!!!!!!

7879

これこれ、これでんがな!早速下に降りて行きます。

後は滝つぼに飛び込んだりのやり放題。

雪男が一番楽しんでおりやした。

一通り楽しんだ後は水着のままここへ!

888889890

超充実の一日でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹ごなしに山寺、そして仕上げは舞鶴山

山形帰省2日目

いきなりグルメ記事。

昼食に大好物の「一庵」の冷たい肉そば大盛り!

4243

そして締めはこれ、道の駅のジェラート。つや姫とコーンのW!

44

おっと、これでは明日の決戦に差し支える。

と言うことで5時出発のポタリングで山寺へ。

ルートは夏女さんオススメのスーパー林道で。

45

両側はさくらんぼやフルーツの木。

46

さわやかです、と言いたいところですが、夏女さんには悪いが、騙されました。

車では爽快なアップダウンの連続。しっかり打ちのめされました。

やっと山寺到着。

4748

しかし、ここでも誤算が。例の山寺の景色が見える絶景のヴューポイントが見つかりませんでした。

49

そして本日最後の締めのスパイスは舞鶴山!

ニチャコさんもオススメ(かな?)

こんな気持ちのいい池の脇を抜けるといざ、スタート!

5756

写真と違ってなかなかの斜度。

555453

最後の登りがしっかり、登った感を残してくれました。

525051

いいですねー、山形って♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても、ひとりぼっち蔵王ヒルクライム。しんどかったぁ~

日曜! 大井!

じゃなくて、朝5時半に家族全員起きて、東京を出発です。

今回調達した車に最大の目的の武器を搭載! ↓

8

いくでぇ~、夏女さんの田舎へ!

ルートは予想される渋滞から東北道ではなく常磐道で。

しかし、東北道が予想外に渋滞もなかったらしく、わざわざ常磐道を選んだのも徒労に終わりました。

しかし、福島飯坂のいつもの上り坂渋滞の手前で郡山東で高速を降りて、4号を北上します。

隣の夏女さんは「もう渋滞区間は過ぎたのになんで高速に戻らないの?」と。

理由? 今まで内緒ですいません、どうせ高速乗っても白石で降りるからです。

なぜ?

それは奴が待っているから。

表(宮城)蔵王が・・・・・

そして実際に白石で我侭を聞いてもらってキャリアから愛車速度☆号を下ろし、家族とはお別れ。

前回とちょっと違うルートですが、いずれ合流することは事前調査済なので、今回は国道457号で蔵王を目指します。

夏女さんらと別れて4号沿いのファミマで水分などを購入していざ出発!

どんどん457を突き進みます。

突き進みます。

突き進みます・・・。

進みます・・・・・・。

が、

ひたすら登り基調。と言うか、ほとんどヒルクライム。

それでも自分を信じて進みますが、最後には九十九折に。

あれ? 手元のプロトレの標高は500mオーバー!

おいおい、本番の蔵王前にそれはないっしょ!(北海道弁で)

結局、引き返すことも無くひたすらアップダウンで体を蝕まれ、挙句に以前毎週通った宮城蔵王えぼしスキー場の入り口に到達。あらためてどこに自分が居るかを再認識して軽いショックを。

そこから怒涛のダウンヒルで本来のルートの県道12号へやっと合流。

そこからさらに上ってやっと蔵王の入り口に!

9

さーて、始めますか、リベンジ表蔵王一人ヒルクライム! 気温は35度! ノーマルギア、禁ダンシング

2回目なので大体の状況は覚えております。

まずは、前半の急勾配へ。

10

決して楽ではないですが、前回の教訓があり、とにかく攣らないことが最優先。

やっと急勾配をクリアしたと思って振り返るとこの景色

1112

ハアハア、ゼエゼエ

蔵王不動尊前でパシャ! おっと失敗して、ちょっと下ってUターンして再度撮影。

14

峩々温泉の入り口(中間地点?)に。

15

そして蔵王寺前の九十九折に。

171819

うげぇー、しんどー。

20

そして、最後のボディーブロー、駒草平へ。

21

とにかくこの斜度で周りがこれだけ開けているとちょっと、くじけます。

しかも強烈な吹き降ろしの風!

22

そしてお釜(?)前を通過。そこの家族連れだけが、「あああああ、自転車でこんなところ登ってるぅー、すごぉーい」と言ってくれました。

23

これで最後の力をもらって、ラストスパート。途中で先ほどの一家が車で抜いていって、「がんばってー!」と。

おっさん、がんばるでぇー!

24

やっとロープーウェー乗り場に到着!

時間は1時間29分ほど。

そこには3名のローディーさんが。なんでも福島から宮城側の麓まで車で来て登ってきたとのこと。

互いの坂バカ具合を称え合って帰りの無事を祈ります。

雪男はそこから山形側にダウンヒル。

途中3台の車の後に2台のバイク、そして雪男の順でランデヴーで速度65キロで下ります。

このまま上山に下りれば楽ですが、欲張って途中を右折して蔵王温泉に。

300mのぼって再び1000mオーバーを目指します。

やっと最後の一山を越えて、懐かしい黒姫ゲレンデへ。

25

そして、中央ロープーウェーあたりに。

26

ここから今回のもう一つの目的の西蔵王高原ラインへ。

やりたかったのはここで軽車両の30円の通行費を払うこと。

27

後は国道286号まで下り!

と、思ったらまたの誤算。しっかりアップダウンでした。

やっと国道13号に合流して夏女さんの実家に帰省。

2829

長旅でしたが、しっかり獲得標高2222mを稼げて大満足のライドでした♪

Zao

疲れた体を癒すのは地元の料理!

30

これが本場モノのだし!

31

さらにだだ茶豆!

32

お疲れ様でしたぁー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと駐車場まで・・・・

先日、久々の車無し人生に落ちいった雪男。

しかし、夏女さんの実家に行くには特に今回は車が必須(理由はこの後のブログにて)、と言う事で駐車場まで土曜の早朝に行ってまいりました。

本当は和田に行くつもりが、のちのち時間が無くなって車を取りに行けなくなってもいけないので。

で、土曜は和田仕様で朝の4時に目覚ましをかけて、起床。そこから30分和田と車で迷った末に、車を選んで4時半出発。

方向は駐車場のある千葉方面、約60キロの旅です。

4

ルートは途中までは通勤路、そこから湾岸道路に入って東進。さらに南船橋から検見川浜へ。

検見川からは先日開拓した花見川サイクリングロードを使いました。

7  5  6

無事、朝7時前に実家に到着。

親は朝から誰が呼ぶのかという感じで驚いておりました。

さーて、これで山形制圧の武器はそろった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マビックファミリーセール!?

相変わらずの振り返りブログですいません。

先週の金曜日、「かくれんぼ」用のシューズを買おうと定時退社後某社のファミリーセールに石橋号で急行。

しかし、そこには魔のブランドもおった・・・・・

3 2

そう、マビック。

そしておらおら詐欺並みの巧みな勧誘で畳み掛ける〇ビック社員。

結局、買っちまいました、2012年モデルのアヴェニールとチャリ通用の短パンとレインウェア。

photoCA81M2OT

でもいっか、いい買い物だったので♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉 花見川サイクリングロードから東京へ

昨日の金曜の晩、翌土曜にどこの峠にいこうか、うだうだしているとあっという間に翌日になってしまい、結局土曜の朝の峠は断念。

代わりに近所をインラインで10キロほどの朝トレ。

その後、車で千葉に移動して花見川サイクリングロードへ。

ここからスタートして自宅に戻ります。

初めての花見川河口方面のライド。

4

そして行き着いた先は、検見川の浜。

ウィンドサーフィンが気持ちよさそうでした。

2

ここからは湾岸357を目指して海岸沿いを北上します。

すぐに千葉県民には有名な引っ掛け橋でパシャッ。

1

ここからTTスタイルで国道357号までひた走り。

357に入ってからは安全に歩道を浦安方面に。

ディズニーランド手前のセブンイレブンで昼休憩。

3

あぢぃーです。

”いつものように”ディズニーで迷って何とか葛西へ、東京に突入です。

さらに荒川を渡るこの橋からの眺め!

8

山梨モードのバーテープが欄干にマッチしてます。

さらにここからはお台場方面に向かい、有明の手前で晴海方面に。

ここからはいつもの通勤コース。

結局2時間もかかって帰宅しました。

9

さーて明日はどうしようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レガシィ forever

先週のプールの帰り道。

メキシカンのお店を出た後、荒川を渡って急に、クラッチペダルが戻らなくなりました。

しかも1速に入りっぱなしで切れないんです。

そのうち、ボンネットから煙が・・・・・。

結局路肩にレガシィを停めて、JAFを呼ぶことに。

JAFの到着は1時間半後とのこと。雪男以外は急遽電車で帰宅のはめに。

雪男は一人エアコンも入れられない車でJAFを待つこと1時間。

その後レガシィはドナドナのごとくJAFのトラックに乗せられて帰宅。

どうやら、クラッチ板が逝っちゃたようです。

うーーーん、まいった。クラッチ交換で軽く10万円はかかります。

 

 

 

 

そして出した結論は・・・・・・

 

 

 

 

廃車 orz

 

 

 

北は安比から月山、蔵王、苗場、八海山、八方と車中泊をし、福岡まで足を延ばした愛車レガシィと突然の別れでした。

そして、ネットで見つけた解体屋へと送られました。

76

これから夏女さんの実家、そして冬のスキーとこれから雪男はどうなるんでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »