« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

一人ツール・ド・甲斐路

金曜日はいつもよりちょっと早めに帰宅して、そそくさと明日の準備をして早寝をしようと思いましたが、こんな時に限ってガキンチョがこれまたなかなか寝ません。

結局23時に子供たちは就寝し、雪男も速攻寝床に。しかしその後復活した夏女さんがごそごそしていた模様でこちらはうつらうつら・・・・。

そして、あっという間に目覚ましの時間、2時半に。今回はいろんな支度があり結局家を出たのは3時半。

DVC00235

流石に夏至翌日でも外は真っ暗。

DVC00238

そんななか、いつものように多摩堤通りから狛江通り、旧甲州を抜けていきます。

府中のあたりで空が白んできました。

DVC00240

日の出も日野橋で見れる季節になりましたね。

DVC00244

そしていつもの分岐点。

DVC00245

右が陣馬街道、左が甲州街道。

今迄は当然のごとく右の陣馬街道ですが、今日は自転車では人生初の左の甲州街道なんです。

DVC00249

初めて左に来ましたが、最初は気持ちのいい道なんですね。

しばらく行くと標識が。

今回目指すのは和田っちの和田峠ではなく、ずばり「甲府」。信玄攻めです!

DVC00250

八王子からはかすかに上り基調で高尾に。

photo3

すると後ろで怪しい気配がすると思ったら八王子からいかにも早そうなローディーさんの前を塞いでおりました。しかし、なかなか抜くタイミングには至らず後ろをプッシュされる形で高尾へ。そこでそのローディーさんとはお別れでした。すいません、遅くて。

そして、軽いアップダウンを繰り返しながらいよいよ、最初のウォーミングアップ大垂水峠に。

事前の調査ではみなさん、「あっ、こんなもの?」的な初心者ローディー専用の軽いヒルらしいです。

しかし、そこはのろまなカメの雪男、しっかり受け止めました大垂水。

いやぁ、きつい。寝不足とか言い訳したいんですが、とにかくまったりとしたのぼり、ヤビツの息抜きポイントぐらいの斜度にも関わらずしんどかったです。

DVC00251

やっと上った頂上で今までチョッパーズのFBや他の方のブログでしか見たことがなかった標識にご挨拶。

DVC00254

ここからは相模湖まで下りです、と思ってスタートしようと思ったら先ほどのローディーさん。軽く挨拶してこちらもスタート。見るからにヒルクライマー的な体系。もちろんあっと言う間に下りも雪男の視界からいなくなりました。

ここから相模湖周辺をアップダウン。いままで気にならなかった背中のバックパック(今回荷物があり、初めてのバックパックを背負ってのロードです)の微妙な左右の振れとちょっとずつ気になりだす重さが体を蝕みます。

ここで、相模湖西のセブンイレブンにピットイン。時間は5時過ぎ。

photo4

軽い朝食と水分補給で再スタートしますが、このころにはどうにもバックパックが重くてしかたがありません。いままで他の方のブログを見てその予測はしていましたが、自分はこのバックパックで毎日チャリ通してるし、もう少し耐久性があると思ったのですがこれは幻でした。

相模湖から次は上野原へ。

photo5

そして猿橋へ。坂はますます上り基調に。

DVC00258

しかし、この奇橋を見れてちょっと気分転換できました。

DVC00260DVC00266

ここから次のポイントは大月です。坂はますますヒルクライムっぽくなってきました。

と言ってもまったく激坂ではありませんが。

しかしかれこれ数十キロの登りはさすがに飽きますね。

そんなだらだらモードで大月の登りのトンネルを抜けて坂を下ると目の前に現れたのは

photo55photo6

まだこの時間は世界遺産に登録されていなかった富士山!

いつもの富士山より感慨ひとしおです。

そしてついに東京から100キロ。

photo7

残りわずかと思いたいのですが、ついつい笹子峠の事が頭をよぎります。

ヒィーヒィー言いながらやっと峠の入り口。矢立ての杉という旧道と新道(トンネル)との分岐を左の笹子峠に。

DVC00267

如何に無謀な雪男でも、さすがに笹子トンネルはまだまだ命が惜しいので笹子隧道に迂回です。

笹子隧道。こちらは激坂でもなく、ただ、標高が1000メートルオーバーであるぐらいらしいです。一瞬1000メートル!?と思いますが、自分のプロトレはスタート地点で既に600メートル。つまり400メートルの登りと言う訳ですね。

さーて、最後に来た今回のメインディッシュを頂くとしますかぁ。

DVC00268

全行程、ママチャリでも登れるらしいのできつくはなく、木々の木洩れ日が気持ちのいい癒し系の坂です。しかしそれも最初のうち、だらだらと長いですねぇ。

うだうだしながらどうやらむこうに頂上を表すトンネルが見えてきました。

photo9

photo8

ちなみに高尾あたりからの累計獲得標高は

Photo4

大垂水の峠なんで見逃すくらい小さいですね。

ちなみに62キロポスト(?)あたりが笹子の頂上かと。

1キロで213m≒21.3%(!?) ありえない・・・・。しかし速度は驚異の9キロ。

Photo5

さーて、記念撮影をして、トンネルを抜けますか。

photo8

ちなみに一部の噂では心霊スポットらしいです。この時時間は9時。しかし車は全てトンネルを通りますし、この時間では峠を越える自転車もいないようです。

トンネルはご覧のとおり反対側の光も見えますし特に何も気にせず突入しましたが、何がびっくりしたかと言うと、兎に角真っ暗!

法面と路面の境目はまったくわからず! スーパー鳥目状態です。

兎に角センターを光に向かって進みます。

ふぅ、無事通過。

photo10photo11

ここから笛吹市あたりまでは下り基調。

笹子のダウンヒルを終えて20号と再会して、こちらは早々に甲州勝沼方面へ。

DVC00271

ここから甲州→山梨市→笛吹市→甲府市

Photo6

と言う事で、県道214号から411号を50キロで疾走。途中でかっちょいいローディーチームも見つけるも挨拶が間に合わず。

しかし、途中で道を間違えて20号に合流してちょっと遠回りしてやっと10時に甲府駅に着きました。

いやぁー、もう背中にバックパックを背負ってのライディングは懲り懲りですね。

その晩は甲府市内の居酒屋で夕飯、そしてそこから禁断の炭水化物

photo12photo13

さらに締めにくぐり戸がいい感じの落ち着いた雰囲気の飲み屋でいっぱい。

photophoto1

以下、本日の高尾(あたり)からの結果となりまする。

Photo3

自宅から甲府まで

DVC00273             

| | コメント (2) | トラックバック (0)

輪行

そう言えば、先日の甲府からの戻りは夜になった事もあって、輪行です。

信玄公にご挨拶して、やっと日の目を見た輪行バッグにつめて中央線普通電車に。

photo999 photo99

高尾で乗り換えて新宿まで。

途中、八王子で結構な乗客が乗ってきて、大迷惑。

どーもすいません。

そして、2時間半かけて無事帰宅しました。

次回は甲府近隣の山を攻めます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには、違う話題も・・・・

今更なのか、このブログにはまってます。

それは・・・・

image

そうです、自転車関係ではないんです。

グルメレポート!?

世に何千とあるグルメレポートでなぜこのサイトにはまっているかというと、作者の表情豊かな表現力とRTRなどに代表されるabbreviatio(略語)の面白さ。

ちなみに作者のプロフィールは

「炭水化物を愛し、オンザライスを極めた、「炭水化物スペシャリスト」兼「オンザライス・プロフェッショナル」。 人生の熱量とも言える「炭水化物」、そしてその中でも日本人に欠かせない「お米」の素晴らしさをメインに、DEBU目線でつづっています。(お米ソムリエの資格も所有)」

となっています。

そのいくつかの略語を特に表現が豊かになる焼肉編で紹介すると

 

「一撃必殺のRTR(=Rolling The Rice)で、霜降り肉から溢れる脂を、オールキャッチ!サシがビッシリ入った松阪牛は、そのままだと少し重いですが、白米と組めば天下無敵に」

「もちろんカットせずに、そのままガブりつき! かなりの脂と肉汁を蓄えている肉塊なので、これはTLR(=Time Lag Rice)、いわゆる時間差OTRで、白米を後追いでマリアージュ♪」

「残り6枚をガサッと焼き、NDB(=Niku Don Buri)にして、米×肉×キムチのコラボを体感!」

「禁断のTOT(=炭水化物 On 炭水化物)も発動し、フィニッシュ!」

「これは、赤身の旨さが体を駆けめぐり、デブレナリン放出(デブ的なデリシャス)」

「肉たちを迎え討つべきは、DEBUの永遠のパートナー、白米の日本昔話盛り」

「タン元を、TOM(トップオブザマウンテン)にOTR(オンザライス)」

image

出るは出るは・・・・。こちらもヨダレが止まりませぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2度寝しちまったぁ

今朝は3時に目覚ましをかけて、和田っちに出勤予定。

がぁ、前日23時に就寝するも夏女さんがごそごそと。 それが気になって結局寝たのは12時過ぎ。

もちろん3時に目覚ましを無意識に止めて、2度寝と相成りました。

結局6時に起きて、仕方なく大井に出発。

DVC00042

本日は〇川さん一味は埼玉方面を攻めるとの事で大井は一人ぽっち。

風はそんなに強くはなく、向かい風も含めて30オーバーをキープします。

バックストレートは一人でスプリントの練習。最終何キロまで維持できるものなのか測りました。

そして意地の大井100キロ越えと言う事でハムスターのように8周を。

本日は日大を始めとする学連も来てました。

しかも最終バックストレートをその軍団ともがきあい。

最後は45の高速巡航の争いに。

さすが若人早かった。しかも彼らはその後の公園の先も40キープで去っていきました orz

DVC00155DVC00156

帰りみち、近所の神社前を偵察。

この後のお祭りに備えます。

DVC00191

今日は近所の子供達も連れて。

DVC00220

神社のあくどい(?)屋台に騙されたあと、昼食をかねて焼き鳥屋が出している屋台で。

DVC00221

雪男も昼からビールモード。

さーて、夕方は近所の公園で鬼ごっこらしいけど、出来るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二日酔いの後は軽く

昨夜の「ヶ丘愚連隊」のアジト急襲の後遺症の二日酔いでとても自転車に乗れず、今日は8輪で。

DVC00353

近所を10キロランです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヶ丘愚連隊アジト潜入レポ

金曜日! 週末です!

仕事モードはすっかり無くなり、心も軽やか。

帰宅後、ガキンチョの風呂など面倒みながら時間は経っていきます。

しかし、今晩はそんなにのんびりしてられない。

これから大井に出没している良からぬ輩、「ヶ丘愚連隊」の敵陣、アジトに乗り込むのです!

先ほどから〇川さんから再三の挑発行為ならぬコールが・・・・。

やばい、既に9時半をまわりました。

急いで石橋に跨ってゴー! 背中には敵に塩ならぬ、発泡酒と毒を潜ませたチャンジャが・・・・。

自転車でのんびり30分、敵陣近くで迎え撃つ〇川さんに拉致されてアジトへ連行。

そこは、一見平和な民間人が住むと思わせるような外観のマンションの2階へ。

通路はバリケード代わりの自転車が数台。

これは逃げ出す際にかなりの障害だ。

アジトに連れ込まれるとそこは敵の重火器で一杯!

DVC00332

内部はその場でトレーニングも出来るようになっている模様。

今晩は敵は5名集結。先日強烈な勧誘に騙されて入隊した〇山さんも。

部屋は小上がりなんぞも備えたなんとも快適なお部屋。

雪男も自白剤の酒を飲ませられました。

DVC00335

ちょっと飲みすぎたり食べ過ぎたりすると、ローラー台の罰が下るそうです。

ちなみに話の内容はチャリ馬鹿の集まりなんで、ひたすら自転車の話です。

途中のつまみは、こんなものも登場しましたぁ。

DVC00337

雪男も大好物!

あっという間に時間も過ぎて日付も変わりました。

こりゃー、さすがに明日は和田っちは無理ですね。

楽しいひと時を過ごして、さらに〇川さんにこんなおいしいお土産ももらいました。

数は3つ。

雪男、ピャン先輩、しんぺさん・・・・・

いやいやこんな美味しいものはあの二人には持ったない。

ばれなければこのまま猫ババしてしまおうっと。

DVC00032

ごちそうさまでしたぁー♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おおおおおお!!!! J-SPORTSがぁ!?

おおおおおおおおおお!!!!!

ネットサーフィンしているとたまたま、こんなサイトを見つけました!

Yabai

地上波、BSのみならず、J-SPORTSが見れるんです!

そーです、ドーフィネで今晩試して、本番のツールもこれでばっちり!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実力は?

そう言えば、和田っちはなんとなく自分の実力がわかるが、ところで風張林道の実力は? と言う事でここで調べてみました。

Photo

つまり、ごくごく一般的な自転車乗りっちゅー事ですね。

しかし、猛者になると24分らしい・・・・・。

くっそぉー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井、新人デヴュー いびり倒し

昨日の風張の回復走と言う事で今日は大井に。

DVC00304

〇川さん等も参戦表明を出していましたが、雪男は7時コースイン。ちなみに今日はフジヒルでピャン先輩、しんぺさん、松さんはあちらへ。

バックストレートでTTな方とじゃれたりしてます。

DVC00309

大井は向かい風も先週ほどはきつくなく、3周ほどこなしたところで、公園にて〇川さんと合流。

DVC00311

本日は〇川さんのご近所さんの〇山さんも初参加。どうやら自転車乗りにはたまらないぐらい楽しい大井と言う所があると、(騙されて?)来てしまったらしいです。

DVC00312

そんな〇山さんもいる中、ホームストレートで40オーバーをかます、バシさん。

隊列を乱しています。

そしていつものように、バックストレートはスプリント合戦。

トカちゃん、バシさん、〇川さんと隊列を組んで突入したところで、雪男も〇川さんをパス。

そして、トカちゃん、バシさん、雪男で縦走。

エース(?)を引くトカちゃん!

そのエースが切り離されたところで、バシさん、雪男で最後のラストスパート。

そろそろバシさんの足が終わったと思ったところで、雪男スパート!

と、思った瞬間、右斜め後ろからピンクのジャージが視線に!

あっという間にバシさん、雪男をかわして〇川潜伏車がスパート。

はい、雪男脱落です。

後はバシさんと〇川さんのゴールスプリント。

どーやら、最後バシさんが刺し返したとか、刺されたとか・・・・・。

5周のノルマを無事終えますが、もう1周出来そうなのでラストラン追加。

本日は珍しく途中のコンビニで談笑などして、〇山さんをみんなでいびり倒し(笑)。

DVC00314

今日も楽しい大井でした。

DVC00323

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なめとった、風張林道

土曜日! 門限12時に延長につき、4時起床で支度を開始。

4時半にスタートです。

DVC00184

本日目指すは、ずばり、関東最凶との噂もある風張林道(林道との呼び名とは裏腹な)!

DVC00191

流石に4時過ぎだと、この季節は空が白んできますね。

丸子橋もすっかり夜明け。

よって、今日は多摩サイを北上していきます。

今日は“いつもの”日野橋も通過。昭島、福生と北上して陸橋で多摩サイを離れて陸橋通りへ。

DVC00192

このまま武蔵五日市までゴー。先週のようにすき家の卵かけご飯¥200を狙うが反対側車線のため断念。

武蔵五日市駅のT字路で左折して桧原村方面へ。

DVC00195

途中のセブン・イレブンで本日最初のピットイン。

時間は7時前。それでもちらほらと都民の森(?)方面へと向かうローディーさんを発見。

DVC00220

ショートストップの後は、再出発。武蔵五日市から7キロで次の分岐点。

メインの都民の森に向かうのか、M系の林道に向かうのかの分かれ目です。

もちろん、雪男は右折して風張林道へ。

DVC00221

後続は誰もいません。

武蔵五日市から登り基調ですが、さらにここから登り基調に。

DVC00225

どんどん体力が奪われていきます。

最後の分岐点の5差路に。ここで左奥の道を上っていきます。

DVC00226

さらに、そして、この橋。

かわいらしい「キノコセンター」の看板とは裏腹に、これを渡ると雪男的に風張林道のスタートです。

ここから、俗に言う風張林道までが約1.5キロ。

DVC00232

やっとたどり着いた最凶の楽園(?)への入り口(地獄の入り口?)。

いや、伊達にワダッチをお替りしたわけじゃーないぞとリベンジを誓ってスタート!

DVC00235 DVC00238DVC00240

しかし過去と比べて天空への入り口↓までで足を結構使ってしまった感がありあり。

DVC00272DVC00271

このあと左コーナーを曲がってきのこセンター手前の最大難度に臨める自信を喪失してきました。

DVC00270

いよいよ壁に差し掛かると、さすがです。

DVC00268 

足に腰にハンドルを握る胸筋にもビシビシきます、ダメージが。

しかし、ささやかな抵抗で蛇行なし、ダンシングなしのシッティングで。

DVC00267

ようやく壁を終えて、きのこセンター前を通過。

一瞬呼吸を整えて林道区間へ。

DVC00266

ここがまたやってくれるやってくれる、コンスタントな斜度。

食べ応え満点です。

ほら貝横を通過。

DVC00261

なんと、登る人間を奈落の底に突き落とすこの景色↓

DVC00251

残りは少し!

そして200mの表示から100mn表示となり、ラストスパート(完全に売り切れて)

DVC00250

この先前方にゴールのゲートが!

DVC00249

DVC00245

もう、これが速いのか遅いのかわかりませんが、少なくとも30分は切れませんでした。

DVC00244

ちなみにこの後、初めてその場に座り込みました。ウェッ、気持ち悪い。

そして下る道すがら見晴らしのいいポイントで写真撮影。

DVC00258DVC00254 

ここを落ちると結構命に別状あるかもです。

下山中、この最凶の坂を上るマウンテンバイク3台。かなりヒィーハァーしてました。

こちらは、あとは一気に帰宅の途に。ただ今、8時過ぎ。門限12時はかなりやばいです。

そのおかげで、桧原とうふのおからドーナツなどは今日は泣く泣くパス。

DVC00273

陸橋通りまで戻って陸橋手前で時刻は10時40分。ここでDNF by 門限 と言う事で懺悔の電話を自宅に。

陸橋からは多摩サイを南下。府中のところでこのようなバイクが。

以前KCが見かけたバイクでしょう。それにしてもどーやって、登るんだ?     

DVC00276

なんとか予定より1時間オーバーで丸子橋に到着。

DVC00277

やっと帰宅しました。

DVC00299

今年お初の関東最凶の風張林道詣でを終えて、午後はいつもの鬼ごっこに、夜は高校のクラス会でしこたま飲みます!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »