« 赤タイツでローラー | トップページ | うれしい出会い »

2013年 初和田詣で(ちょっと痛かった・・・)

土曜日が気合を入れていましたが天気がイマイチで行けなかったので本日リベンジです。

昨日は23時に就寝。3時起きなので4時間睡眠です。しかし、なぜかなかなか寝付けず、しかも途中何度も目が覚めて結局2時半起床。

体に鞭打って支度をします。

DVC00349

もちろん外は真っ暗。そして中毒号から換装したトゥーペ(しんぺさん、ありがとうございます、もうしばらくお貸しくだされ)

DVC00350

近所は飲み終わってこれから帰宅の方々が・・・。

DVC00351

気温は激寒ではありませんが、いかんせん逆風がきつい。

丸子橋も真っ暗です。

DVC00352

ここからいつものように、多摩堤通り→狛江通り→旧甲州街道ルートです。

DVC00353

狛江通りぐらいまで来ると止むことなく吹き続ける向かい風で上半身がすっかり凍ってきました。

こっ、こっ、これは死んでひまう・・・。

そこでよそ見しながらあたりをきょろきょろ。あるものを探します。

 

 

 

 

 

あったぁー!!!!!

 

 

 

 

 

 

DVC00354

新聞紙! 拾っちゃいました。しかしたった見開き1ページですが。

これを八っ折にして、胸にあてがいます。

おおっ、寒いは寒いですが、先ほどとは大違い。

日野橋からの朝焼けももちろんなし。だって、5時ですもん。

DVC00355

そして、八王子も過ぎで陣馬街道に入るもまだこの暗さ。

DVC00356

さすがに早すぎたか・・・・。

川沿いのはずですが、まったく見えず。

DVC00357

そしてやっと着きました、麓のスタート地点のバス亭(付近?)

DVC00358

暗すぎる・・・・・。かろうじて振り返ると

DVC00359

しかし、門限の関係でいやおうなしにスタートを切ります。

いやぁー、いままで和田で怖いと感じたことはありませんが、こりゃー流石に怖いです。

前方をこんな感じ

DVC00360

しかも、TTではないとは言え、少しはがんばらねばと思いますが、とってもスリッピィー。軽くホイルスピンを3回ほど。

残り1.5キロで遠くを眺めると、こんなにきれいです。

DVC00364

しかぁーし、いつもの最後の右折の手前がやばすぎる。完全にスケートリンク状態。

ゆっくりと進むも、氷を割る音が「ピシッ、ピシッ」

そろりそろりと進みます。もう滑らないよう神に祈るのみ。 ダンシング? それどころではありまへん。

ここからゴールまではとにかく、ぐいっと踏み込まないように心がけて何とかゴールにたどりつけました。

DVC00362

まあ、こんなタイムでしょうねー。

DVC00361

DVC00363

そして、下山。これがまた、上りの数倍恐ろしかった・・・・。

とにかく両足は八の字に開いて一定のブレーキをかけながら下ります。

ちょっとでも白く乾いているところ路面を下ろうとすると・・・・・

 

orz!!!

 

DVC00365

それは路面が乾いているのではなく、凍って白くなっているじゃないですか!

もう背筋がぞくぞくです。

いつもなら数分で下るところを10分以上かかってやっと麓に。

手はブレーキングで握力ゼロ。

さて、あんな恐怖にもう一度挑むのか・・・・・。

やっぱり、小心者なので・・・・・・。

 

 

 

「お替り!!!」

 

 

結局2回目、スタート!

1回目よりは足が回ります。でもこれが気のせいなんですよね、いつも2回目は2分ほど遅くなるんですよね。

そして、恐怖の右コーナーも落車せずに無事通過!

DVC00367DVC00366

さてと、お替りもしておなかはいっぱい。

下山しますか。

慎重に慎重に。

 

 

 

 

そして、最初の右コーナーに差し掛かります。

そろりそろり・・・・・。

よしよし、何とか無事通過できる・・・・・と思った瞬間、

「うわっ!」

両足をビンディングから外してスリップに備えておりましたが、そんなのはまったく通用せず、スッテンコロリン。

やっちまいました。スピードは出ていなかったの大事には至りませんでしたが、ちょっと悔しい。

その後も握力も無くなった手でブレーキングをしながら、何とか麓に到着しました。

DVC00368

ここから下りの寒風を受けて一路日野橋へ。

門限はやばいです。

やっと多摩サイにイン!

DVC00369

足は既に和田の2本目で既に攣っていて、終わってますが、門限のせいで無理をします。

そこに前方にこの方が・・・。

べた付きも気分が悪いでしょうから3mほど後ろをお借りすることに。    

DVC00370

巡航速度は32。やや向かい風。

抜くに抜けない微妙な速度。

そのまま数キロ南下します。すると雪男に気づいた方が、ダンシング!

おおおおお!!!!

あっという間に数十メートル離れます。

しかし徐々にまた間が詰まってきて縦列に。

そこに雪男の後ろにもう一方が連結。

さらに南下します。あまり引いてもらっては申し訳ない、と攣る脚で前に出て引きます。

しかし、しばらくするとあのお方が意地のダッシュで右から抜いていかれます。

orz!!!

途中でそのお方とは別れて、ソロで丸子橋へ。

DVC00371

門限まで7分 orz

ここからは中原を突き進みますが、中原の2つの坂で止めを刺されました。

完全に太ももがピキピキに。

あとはだましだまし何とか帰宅しました。

DVC00372

でも、久々に自転車に乗った感に満足です。

|

« 赤タイツでローラー | トップページ | うれしい出会い »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175321/49152113

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年 初和田詣で(ちょっと痛かった・・・):

« 赤タイツでローラー | トップページ | うれしい出会い »