« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

Tour of Japan 前大井パトロール

昨日の痛手を背負って、6時半に起床してパトロールの準備をして出発です。

DVC00152

行き先は”いつもの大井”。

しかし、今日は少々違ってます。そうです、今日は「ツアー・オブ・ジャパン」の日!

DVC00163

既にコース閉鎖かなとどきどきしながら大井へ向かいます。コース上は人はまばらですし、まだ試合の雰囲気はありません。

DVC00156

すると前方にこの時間には珍しく女性のローディーの方が。

DVC00153

しかし、グローヴは着けておりません。昨日の血と汗と鼻水で。

DVC00155

ライディング中も着々と進む準備。「私も映してください!」

DVC00157DVC00159

そしていつもの公園もこんな感じに。でも生憎、マビックはスペースを構えていません。

DVC00160DVC00161DVC00162

雪男が周回を重ねる間もだんだんをゼッケンをつけた方が増えてきました。この方々は何者だろう?

だって、選手は丸の内スタートだし、こんな時間までここにいないだろうし・・・・。

もっと規制がされて走りずらいと思いましたが予想外に交通規制の9時まではいつもと同じ大井でした。

続々と観客らしきローディーや場所取りの方が集まってますが、残念ながら門限のため、雪男は一人流れに逆らって帰宅です。

 

DVC00164

帰宅後、某メーカー方のFBを見て連絡を。今しがたサポート(かな?)として丸の内を選手の後について出たとの事で、雪男も挨拶に行かねばとまた、家族を拉致して大井埠頭へ。

おっ、マビカーです。

DVC00166

その後に来る選手ですが、近く過ぎてこんな感じになっちゃいました↓

DVC00165DVC00169

そこから車を移動してセンターへ。MCはサッシャ、解説は多分今中氏?

DVC00172DVC00170DVC00171DVC00173

小さすぎて見えませんね。いやぁーでもさすが選手。速かった!

アヴェいくつ出てたんだろう。

DVC00176DVC00183

ずっと見ていたかったのですが、家族も限界で大ブーイング。しぶしぶ大井を跡にしました。

そして向かった先は駒沢公園。愛車に小娘と小僧の自転車を積んで。

意外と子供達は喜んでましたね。でもデカイ、駒沢は。こちらはインラインが禁止なので武器を持たずに行ったため、子供たちの自転車を無防備にもランニングで追いかける羽目に。15年ぶりぐらいに一生懸命走りました(膝の手術以来、走りは怖くて進んではやりません)。

ひたすら遊んだ後は公園の近所のKCの縄張りのここに↓

DVC00184

そして帰宅後はこれまたKCの勤務地の縄張りのここに↓

DVC00185

やっば、たべすぎだろ俺。これじゃぁー、益々峠が遅くなるー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和田っちお替りとその代償

金曜、ジロの山岳のクライマックスの一つだったのですが、ストリーミングがつながらず。

松師匠が録画してくれているとの事で見るのは諦めました。と、やる事が無い! ならば、早寝しかありません。

23時に就寝。3時の目覚ましで起きました。

目指すはただ一つ、先週の屈辱を晴らさんと急遽、和田っちリベンジに。

DVC00022

そうです、先週ぴゃん先輩に「おっせぇ~」と言われたのでバイクは久々の「中毒号」!

DVC00023

しかぁーし、ヘッドライトが通勤バイクの石橋君ではハンドルが太すぎて着きません。急遽、百円ショップコンビでセッティング。しかし、ライトを留めるゴムバンドが見つからず輪ゴムで代用(だっさぁ)

DVC00026

もちろん、外は真っ暗です。

DVC00028

飲み屋街だけは元気です。いやぁー、でも炭の中毒号はアルミの速度☆号よりはやり軽いですね。しかもULTEGRAはやっぱりTIAGRAよりタッチもブレーキの効きもぜんぜん違いますね(この時は思いもしなかった、今日のキーワードがULTEGRAになるとは・・・・・)

DVC00032

そして丸子橋でいつものように多摩堤に

DVC00035DVC00038

先週と違い今日は中毒号なんで和田までの道のりも早いだろうと思いきやぁ、日野橋到着は遅かったのかすっかり日は出てました。

DVC00040

そしてウォーミングアップの日野坂。

DVC00042DVC00047

先週同様、5時にコニカミノルタ前のファミマで中華まん朝食を取ろうと思うが、出来上がりまで10分かかるとの事で今日はこれ↓

DVC00049

さらに事前にこれ↓

DVC00050

八王子から陣馬街道に入りました。

DVC00051DVC00052DVC00053

体を蝕む微妙な登り。

DVC00060DVC00078DVC00082DVC00086DVC00087DVC00088

結局、和田のスタート地点までで約300m上ってます。

DVC00121

結局、6時過ぎに到着。ここでちょっとふくらはぎなんぞをマッサージして、いよいよ先週のリベンジTTです!

ポチッとなとストップウォッチを押していざスタート。

DVC00120

もちろん、前半からバカ飛ばしはしませんが、あまりセーヴもやばいのでそこそこで。

DVC00112

いやいや、相変わらず、きついっす、和田ちゃん。

前半にある山場の手前で先週の様にアンディにならないように慎重にインナーに落とします。

やった、成功。

DVC00109

↓これは後ろを振り返ったところです。もう、鼻水止まんないっす。

DVC00108DVC00107

ぐわっ!

来たぞ、右ふくらはぎ。また攣ろうとしてる! 何のためのコムレケアやねん!

ここからだましだまし、今日はTTなんで攣ろうと鼻水がだらだらだろうと行きますよぉー。

DVC00099

↑残二つの九十九折でかなりふくらはぎが来てます!

DVC00098DVC00095

そして、最後の左折! 右足の踵を落とし気味にふくらはぎを伸ばしながら最後のダッシュ!

DVC00094

↓この先の左カーブの先がゴールです! ダンシングは完全に攣ってしまうので出来ませんでしたが、シッティングで最後のスパート!!!

DVC00093

そしてゴゥオール!!

タイムは!?

DVC00091

うーん、微妙なタイム。炭フレームとコンパクトの今の最高の組み合わせでこれか。 シンペさんの19分切りには遠く及びませんでした orz

ちなみに高度は

DVC00092DVC00089

そしていつものように来た道を速攻下りマース。

今日はやりたい事がもう一つあったので。

そりは・・・・・・・・・・・・・・・

和田っちのお替りでーす!

たまにいるんですよね、自分が登ろうと思った時に上から下りてきた方が目の前でUターンしてまた上っていくのを見る事が。

「ええええ、和田って1本でもしんどいのに、すぐUターンですかぁ!」をやりたくて。(松師匠のヤビツピストンは異常者のやることですので例外です)

そしてはじめてのお替り! TTは終わったのですが軽く測りながら再アタック!

今回はひたすらコンパクトを生かしてクルクルです。

とは言ってもきついところはきついんです。しかもさっきのTTで足は攣る寸前。

しかし、結局上手いことだましながら上り切りました。

DVC00123

さてさて、では帰宅ということでまた来た道を下りますかぁ。

その前に、もう一袋。

DVC00139

2本上った満足感で気持ちも上々♪で下り始めます。

あり?

ちょっと下った右ヘアピンを曲がったところで前方にお車が・・・・・・・。

やばいじゃん、速度落とさなきゃ。

そんな時は・・・・・・・

もちろんブレーキですよね。

キュッ。

ウィーンンンンンン(イメージ音)

なぜか地面が近づいてきます?

あれ?

ああああ

あああそうか

右手のフロントブレーキが効き過ぎました。

ジャックナイフしてます!

さすがULTEGRA! 遊びが無い!

はい! 前方宙返り。

迫る地面

はい、右顔面から着地

そして右肘→右肩→右背中

やっちまった・・・・・・。

着地後、自転車乗りの宿命でまずは、バイクのチェック。うん、大丈夫そうだ(こういう時に限って速度☆号ではなく中毒号なんですよね)

車の運転手さんも相当心配して声をかけてくれます。

そりゃそうですよね、突然目の前で自転車が一回転!

しかも、口からはダラダラと血がしたたってるし。

とりあえず、大丈夫ですのサインを身振りで示して先に行ってもらいます。

うううううううう、痛ってぇ~。痛ってえよぉ~。

P1000220

P1000221

とは言ってもいつまでの休憩するわけもいかず、自転車に跨って下ります。

首はややムチ打ち。

陣馬亭まで戻ってトイレで血を吐き出します。

そこへ、登山者を乗せたバス到着。

バスを降りると目の前に血だらけの自転車乗り orz

DVC00140

門限もあるのでとにかく再スタート。

血は洗い流したので先ほどよりはすれ違うローディーも気がつかず。

途中でFBに泣きを入れながら八王子までは20分で。

すかさず、日野橋から多摩サイへイン!

P1000222

途中でかっちょええ、メッセンジャースタイルのローディーを激写しながら。

P1000223

やっと向こうに二子玉が。

P1000225

もう、塩分がからっからでいつ全身攣ってもおかしくない状況でやっと丸子橋に。

P1000226

何とか門限を5分オーバーで到着しました。

DVC00143DVC00141

DVC00142

唇はさらに成長してまーす♪

DVC00145

そして頬骨を守って身代わりになったサングラス。

DVC00148

傷身の体を引きずって午後は世田谷区公園です。

さらに、夕方から高校の同窓会。いつもなら自走で行きますが、今日は諦めました。

そして本日の締めはもちろん、ジロ!

ジロリアンになって最後の山を和田の自分と重ねて応援します!

DVC00110

DVC00146

DVC00147

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日食と先週の反省

我が家でもとりあえず、日食見ました。携帯でとったのでこんな写真ですが・・・・

DVC00022

前日は近所のオートバックスに駆け込んで車のウィンドウ用フィルムの最強を購入して、小娘、小僧の命令で自作のめがねを作成させられました。

当日朝から、特別に開放された屋上にみんなで上がって観察。 直前までやきもきの天気でしたが何とか見れました。

話題は変わりますが、先週の土日の反省を踏まえてまずはこれ↓を購入です。

DVC00026

昨夏もお世話になりましたが、これに追加してミネラル3種と塩で攣りを乗り切ります。

さらに、ポチッとするか悩んでいるのがこれ↓

zawakog4462-img600x450-1337744734lyoyd620124

最初Pro3を買おうかと思いましたが、耐久性と乗り味の総合点でこれを選択。Wiggleなどで買おうかとも思いましたが、オークションの方が安いんです。

待ってろよ、和田っち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徒歩ほほほほ・・・・・

昨晩の和田の疲れと飲みすぎで今朝は覚悟の寝坊。

でもこの気持ちいい天気にのんびりクルクルしに大井に行くことにしました。

DVC00213

コースインして半周。橋を渡り初めてちょっと空気を入れすぎたかな?と。

地面の衝撃が強いです・・・・・・・・・

って、おいおいそりゃ強いわぁ、後輪が逝っちゃってます。

orz

仕方なく昔Uターンしていた交差点で歩道にピットイン。

やれやれ、軽く直しておくかとサドルバックを・・・・・・・・

ない

ない

ない! うわっ、なぜ?

昨日どっか行ったな? 小僧と。 

ヤマダだぁ。

やまだぁ。

石橋で行ったんだ。その時しっかり速度☆号からサドルバックを移植したんだ。

orz

ここは大井でも自宅から正反対の一番遠い場所じゃん。

DVC00216

とほほほほほ。 徒歩徒歩徒歩・・・・・。

Rakusya

しかたなく、クリートでかちゃかちゃ歩き始めました。

あらためてどんどん抜いていくロードを見ながら、「自転車って速いんだぁ」と。

やっと30分強かかって公園まで。

DVC00217

○川さんも男爵もバシさんも、○藤さんもだぁーれもいまへん。

あきらめて再スタートです。

DVC00218

DVC00226

とぼとぼとぼとぼ・・・・・。

やっとコースインする陸橋まできました。

下には山手通りを現在掘り進んでいる高速につながる工事が着々とすすんでいます。

DVC00222

さすがにクリートで歩き過ぎ、足に疲労が。

DVC00225

目黒川まで戻ってきました。あと30分。

DVC00227

やっと着いたはぁ。

走行距離8キロ、ウォーキング8キロでした。

この悔しさは今晩これで晴らすしかないな↓

Jiro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺ってアンディなんだぁ

金曜はジロを見たい気持ちを抑えて土曜の夜の山岳に賭けることに。

そして5月だというのに今年今だに成し遂げていない和田っちのご挨拶を翌朝の土曜日にする事を企みました。

そのためには門限午前9時←出発午前3時←就寝遅くとも11時と相成ります。

まだまだ寝付けない小僧を一人リビングに残して雪男も10時半にご就寝。

ふと夜中に目覚めるとまだリビングの明かりがついています。

???

はははぁ、小僧テレビつけっぱなしで寝たな、と小僧の回収と電気を消しにリビングに行くと

!!!

小僧が居ない。 あれ? と思うとなんとパソコンの前でyou tube 見てるじゃないですか。

即効寝かせます。

orz、起床の3時まであと1時間半。

そして2時50分起床。

ハートレートとかごそごそつけながら、3時15分、和田っちに向かってスタートしました。

DVC00038

家の周りは飲み屋から出てくる酔っ払いさんと仕事明けの女のぐらいです。

P1000209P1000211

いつもの丸子橋も真っ暗です。

P1000212

ここで右折して多摩堤通りへ。

Dvc00039

二子のトンネルを抜けます。

Dvc00047

二子玉の先でいつもの狛江通りに。

その先は旧甲州街道です。

4時前だというのに前はこうですが、    

Dvc00086

振り返るとすでに夜は明け始めてます。

DVC00087

DVC00089

日野橋を渡る時は4時過ぎでこの明るさ。

DVC00145

DVC00147

そして、日野駅前の坂です。これが長い。

DVC00153

やっと上って振り返ると

DVC00154

そして、コニカ・ミノルタの向かいのファミマで朝食休憩です。

初めて日本で見た、モンスター

DVC00155

しかし、量が多すぎるのでやっぱりこっち↓

DVC00156

そして八王子を抜けて陣馬街道へ。

DVC00157

八王子手前から微妙に登りはじめてます。

DVC00159DVC00160

そしてやっとスタートのバス停の到着です。

しかし、驚いたのはすでに下ってきたローディーとすれ違った事。何時から上ったんでしょう。

すでに八王子から300メートル上っているとプロトレックが言っています。

DVC00161

さーて、時間は5時50分。こんな時間にここに着いたのは初めてです。

DVC00184

さて、ここで時計を見ながら6時ぴったりにスタート!

DVC00162

前半飛ばし過ぎないようにっと。

DVC00183DVC00176

写真とは位置が正確に合っていないかもしれませんが、最初の”壁”まではアウターのみで貯金を取っておき、いよいよ”壁”に取り付きます。

(「取り付く」まさに”クライマー”系の響き♪)

壁に差し掛かってからのギアチェンジは失敗の元っと言うことで手前でインナーに落とします。

おおおお、クルクルどころかスカスカぐらいペダリングが軽くなりました♪

クルクルクルクル

クルクルクルクル

スカスカスカスカ

スカスカスカスカ

???????

???????

!!!!!!!

!!!!!!!

orz

フロントトリプルだったっけ? だったっけ?

アッ、アッ、アッ、アンディどぅわわわわわぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!

チェーン落ちしてますたぁ。

a0025476_2003726a0025476_200462

うううううぅぅぅおぃ! いくらTTじゃなくても時間測ってんだぞぃ!

まてコンタ! メンショフ!

急いでチェーンを直して壁をダンシングするも、焦り過ぎて足を余計に使ってしまった!

orz

DVC00173DVC00171

壁を越えて少し息を整えるが依然、襲い掛かる坂坂坂・・・・。

DVC00170

ハアハアハアハア

ゼエゼエゼエゼエ

よだれも出てきた

DVC00169

↓おりゃぁー、ダンシングゥゥゥゥ!

DVC00165

うおおおおおおおおお、右足のふくらはぎの内側に違和感がぁ!

いやいや、君は攣ろうとしてるんじゃない、気のせい気のせいとなだめながら右足を内股系でかかとを落としながら上ります。

ぐわぁ! 駄目だ、ばれた! 気がつきやがった! ふくらはぎ内側が「あれ? 今俺って攣ろうとしてたんだよな、忘れるところだった」

的な感じで攣り始めた!

ぐわぁ! そんな右ふくらはぎの気を取られている隙に左の太ももの前部がキタァ!

多発的攣り! こりゃタイムどころではない! 何とか足つきは避けたい。

ここまでノーマルギアのアルミでも蛇行なしで来たがそれどころではない。 何とか頂上まで持ってくれ俺の脚!

DVC00166

ゼエゼエゼエゼエ・・・・・

ここを右に曲がってややなだらかになって、先を左に曲がったらラストスパート・・・・・・の計画だったのに・・・・・・。

予想外の展開どわぁ。

ハアハアハアハアハア

最後の左折。ここもきつい! シッティングでは無理だ!最後の力を絞ってダンシング。

どわぁっ! あじがぁ!!!!! 俺のあじがぁ!!!

あと少しだ!

フウフウフウフウフ

突然いつものように見えてきたゴールだ。

フウフウフウフウフ

ああ悲しいかな、いつもなら最後のラストスパートを、今日は我ながら非常に低い心拍数でひょうひょうとゴールとなってしまいますたぁ。

DVC00164

TTではないと言い訳しながらも屈辱の21分52秒

DVC00163

それをFB、ツィッターするとすかさず週末佐渡210キロに挑むぴゃん先輩からタイムの確認の電話が。

ぴゃん先輩「おっせっ!」と言ったとか言わないとか。

Photo

あとはひたすら来た道を下って帰宅の途へ。

八王子まではトップから下ってあっという間の20分。

すると行く手を阻む高校生。

DVC00190

信号で追いついた時にこちらをチラッ。

するとシグナルが変わってスタートしたとたん、速い速い、ママチャリなのに。

35です。

ここはロードバイクの意義を構築するために、大人気なく駆逐しておきました。

DVC00188

日野橋を渡って、多摩サイにインしました。

DVC00191DVC00194 DVC00195

あとは多摩川をひたすら南下です。和田の足攣りもどこへやら。

まったく問題なし。これなら肝心なところで攣らないでよぉ。

ほどなく丸子橋到着です。

DVC00207

あとは自宅まで一本道。

DVC00208

帰宅後は朝食後、小娘の授業参観に駆けつけました。

そして午後は、ヤマダ電機に小僧と自転車2台で出陣。

今晩のジロのPCのストリーミングをテレビで見るためのコネクターを買いに。

(このヤマダ電機が、翌日に響きましたが、この時は気がつかず)

そして夕方からは近所のママとも家と夕飯。

ぐびぐびぐびぐび行っちゃいました。

DVC00209

しかし、長い一日です。かれこれ20時間。

今晩は最後の締めにジロ山岳です。

帰宅すると時間は23時。

さて、ジロもそろそろ山岳に入ったかな?ともってPCをつけるとあれ?

すでに最後の登り。

DVC00210

DVC00211

DVC00212

ようやく最後間に合いました。

しかし、充実した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また大井ポツ練

前夜の土曜日。夜中に帰宅後急いでジロのストリーミングにトライ。

いつものアドレスから、ごしごしやって、何とか見れました(相変わらず、EURO SPORTSは地域外で無理です)。

残り10キロからでした。

DVC00082DVC00088DVC00091

おかげですっかり気分は山岳戦闘モード。しかし明日の朝、山に行くには夜更かしし過ぎました。

さらに、ジロを見ながらまた、ポチッとなです。

買ったのはこれ↓

51IVjk rYDS__AA1040_ 

企んでいるのは、PCとTVのモニター、さらにTVの上の小型スピーカーを接続する事。

これでジロ、ツール、ブエルタをTVの画面で見るだにぃー。

そして翌朝。大井に出勤しました。今日は5周までしかいられませんね。

P1000207P1000205

意外と風が強いです。風向きは冬場と同じでした。

P1000206

ちらっと髭男爵を見かけたような気がしますが、あとは黙々と一人走りです。

途中で信号待ちの3人ぐらいのグループに追いつきそうになりながら、ちょうど信号が青に。必然的に雪男が追い越す事になってしまいました。

追い風37です。すると一人の方がしっかりコバンザメ。やめてぇ~、後ろに付くほど早くないからぁ! しかし仕方なく踏みます、踏みます、踏み込みます! 橋も37で。ゼエゼエゼエ。よーし、橋を渡れば後は交差点で左折すれば誰もついてこないだろう。

「左折ぅ~!」

やったぁー、一人だぁ~。ハアハアハア。

後は折り返して帰路につくのみ。

DVC00092

DVC00094

↑夏女さんの実家近所にも似たような風景が・・・・

DVC00095

帰宅後は今日は住まいのプチなお祭りなのです。ちなみに雪男は的屋のオヤジ。輪投げ担当です。

DVC00098

お祭りの後は、帰宅後、石橋のパンク修理 orz

DVC00107

一仕事終えた後は、これで一杯!

DVC00110

夏女さんの実家で獲れたコシアブラとタラの芽の天麩羅です。

DVC00120DVC00108 

ご馳走様でしたぁ~♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2+6輪で

土曜日、本当は前夜10時には寝て3時起きで山に行かなきゃと思いながらも、筋肉痛でまだまだ踏み込めず、かと言って引き足だけでは和田っちを上る自信もなく、まあ、そんな言い訳を考えている間に、気が付くとプシュッ。ビールが開いてました。

そして、翌朝はあまり時間もなく、かといってフラットな荒川に行く気分にもなれず、輪っかを増やして8輪にする事にしました。

DVC00004

これで近所の川の側道をうろうろ1時間弱。ちょっと背筋を使った感じで帰宅。

DVC00022

その後は、小僧と近所のツタヤに散歩。本屋併設のスタバなんで、ちょっと雑誌を立ち読みしちゃうと、おおおおおお!

こんな写真が・・・・・

DVC00032

我輩の石橋号をこんなにも大事に(自分もある種、大事にしてるつもりですが)乗っている御仁が。

カーボンリムと書いてあったような・・・・。

ちょっとうちのバシ君も体を洗ってやらねば。

午後は小娘と小僧を車に詰め込んで、千葉の「アンデルセン公園」に。

DVC00052DVC00053

やっぱ子供はDSじゃなくてこんな感じじゃなくっちゃ。

DVC00055

ちなみにオヤジは筋肉痛で見守るのみでした。

しっかり遊んだあとは、実家で今シーズンもがんばったジェットバッグを分離。

そして帰宅はすっかり夜。恐竜橋を渡って帰宅しました。

DVC00060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井でモーグル筋肉痛回復ラン

GW最終日も快晴。ちょっと奥只見に行けなかったのを引きずりながら、寝坊で大井へ回復練です。

DVC00146

GW最後はみなさん、お出かけか人でも少なく、まったりとした時間が流れる大井でした。

DVC00139DVC00140DVC00123

じーさんである、雪男の筋肉は前日のハードなスキーの筋肉痛には今晩から症状が出るのでこの時点では逆にまだまだ行けるんです。

DVC00141DVC00142DVC00143

サクッと、3周ほどで上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキーシーズンファイナル (T_T) in 神楽!

GWも残り二日。夏女さんが我侭を聞いてくれて、雪男はシーズンファイナル(になっちゃうだろーなー。月山は許可でないだろーなぁー)に行ける事に。

でもなかなか、こんなぐちゃ雪に付き合ってくれる悪友も少ないので、なんと幼馴染に連絡して15年ぶりに会って、スキーに行くことに。

午前5時の待ち合わせでしたが、前日は準備で1時就寝でした。

しかし、GWと言うのに今年は天気がいまいち。残り二日もカラッと晴れる予報だったら月山でも行くのですが、今回は久々の奥只見で締めくくる事に。

途中、何度も天気予報をチェックするが、降水率50%だったりして、んーーーーーんって感じです。

結局、最後の選択をしなければならないSAで奥只見をツィッターでチェックすると現在雨(T_T)

神楽は曇り。奥只見のあの「オラオラ」の楽しいこぶにはめったにいけないのでかなり後ろ髪を引かれましたが、天気には変えられないので、泣きの神楽を選択しました。

DVC00026

さすが、神楽。天気は今にも雨が降りそうですが、駐車場はマンパンです。

でも雨は降っていないので着替えてロープーウェーに。

リフトとゴンドラを乗り継いで、上がっていくと・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DVC00108

ぴーかん! うっそー! なんじゃこの変わりようは!

DVC00028DVC00107

とにかく超晴天なんでうれしい悲鳴!

思わず服装も雪男の心を表す「アロハ」でしょ!

DVC00098

そして所望するゲレンデはこんな感じです!

DVC00032

ワオー! コッブコブー!

DVC00109

↑これはこぶへの入り口です。

 DVC00095

そしてこれは最後の斜度が急になっている斜面。

上から全部で3パートに分かれる感じです。

あまりの陽気にこの時期の神楽はこんな人たちも居ます。

DVC00040

いやぁー、おやじだけで思う存分滑りましたね。

実はそのしっぺ返しが相当だったのも事実ですが。今も残りますが、翌々日は頭から下は全身筋肉痛で、熱も持った感じでした。

いつものように歩道の段差も乗り越えられません。特に階段が下りれない。下りる時は後ろ向きでソロソロと下ります。

戻ってスキーですが、雪男ぐらい突っ込むバカは3人ぐらいしかいませんでした。友人も「なんだそのピョンピョンはぁ!」と呆れた様子。

結局4時の最後のリフトも滑り込みでゲット。もう、ふとももボロボロで滑りきりました。

あまりの疲労に、帰りの緩斜面は滑れずにロープーウェーで下りました。

駐車場で今日一日の満足感をバーナーで沸かしたお湯でコーヒーを沸かしてまったり。至福の時です。

夜営して、明日も滑りたかったのですが、あまりにからだがボロボロで帰京することにしました。

ここからは、GWの渋滞に突入。

関越に合計60キロ渋滞なので、下道で帰ります。

17号を進んで夕飯は前橋の17号沿いのここ↓

DVC00110

雪男はとんこつ系のこれ↓

DVC00121

対する友人は超あっさりのこれ↓

DVC00112

なかなか旨かったです。

そして結局上尾まで下道でのんびり帰京。途中何度も渋滞にはまりながら。

後で気がつきましたが携帯のiアプリのグーグルマップで空いている道を調べながらだったらもっと早かったですね。

東京には無事、午前1時に着きました。

今シーズンは月山も行けそうもないので、本当に最後のスキーでした。

感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャリンコ人生に幸あれ

GWの遊びの忙しさと、明けの溜まった仕事でいまさらのアップです。

時は5月3日、某所にて友人の結婚式。当日は生憎雨でしたが、これは逆に言うと自転車乗りは心行くまで式に専念できるという事です。

変に天気がいいと、外が気になってしょうがないですもんね。 「あ~自転車乗りてぇ~」とか

場所はなかなかいいところでした。

DVC00042DVC00050

二人は元某「ナル」なショップの方とこちらも元某「コロ」なスポーツソフトグッズの奥方。

奥方も圧倒的においらより早いです。

DVC00051

??? なんだこりゃ? 出番を待つ・・・・

式はよい雰囲気で始まって、そして佳境に。

DVC00052

KC、何してんだおまえは?

DVC00055

おおお、セクスゥィーな両脚s。

DVC00060

そして始まった、KC&松のセッション。ご親戚の方はわかりませんが、両友人には受けてました!

DVC00056DVC00078 DVC00082 DVC00088

無事式も終了。雪男もべろべろだす。

DVC00091

そして帰りを見送るひまわり号。

DVC00092

二人でのんびり(て感じじゃないですよね) マイペースで人生上っちゃって下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW中日はお洗濯お洗濯

GWの中日の平日は雪男はお休みをもらったので、家でまったり。

しかし、こんな時こそ今シーズンお世話になったスキーウェアをお洗濯。

DVC00093

使うのはもちろん、NIKWAX! いろいろ調べてこちらを数年愛用しています。

とにかく、撥水効果がすごいんです。

DVC00094

洗濯機を使う方法もありますが、そうすると一回で一本使ってしまうので。雪男はいつも手洗いです。

1着18リットルで、キャップ一杯。

DVC00023

手で攪拌しまくって、洗濯機ですすいで、そしてまた手もみで撥水剤つけて、最後に漱いで脱水して、干して終了。

独身の時はすぐに終わりましたが、家族が増えるとこれまた一仕事でした。

ふぅ~。 また来年もお世話になりまーす♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹下通り

になぜか参上した雪男一家。

おやじはまったくマッチしてません。

大学時代は先輩に連れられてここでウェアを買わされたのに・・・。

一家はここでポテチ。

みんなご満悦。

そして夜中は自転車の兄貴とロックと酒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »