« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

大井、回復走

GW初日二日間の疲れがたっぷり溜まった体を引きずって、大井に出勤です。

さすがに祝日の大井は日曜と違ってだーれもいません。

P1000261

体は正直です。一晩寝ただけでは回復しませんね。へろへろです。

2周ほどソロしてると、前方にお一方発見。しかし、雪男は大回りなので挨拶をして、お別れ。

P1000264P1000265

しばらくして、今度は別の方を発見。ちょっと小柄です。

P1000268P1000266

お尻にはつきません。と言うかパスしました。すると後ろからめっちゃ早そうなカチューシャが、37で抜いていきます。

およよ、先ほど抜いた方もビタ付きしておいらを抜いていきます orz

ここでバカンソレーユも決して後ろには付かずに、喰らい尽きます。速っ!

結局、陸橋で手を抜いたお二人を意地でパスさせてもらいました。

これで今日は終わりです。

P1000269

残り2周でクールダウンのつもりがバクバクの追いかけと逃げ切りで、回復走どころではなく、絶命してしまいました。

P1000270

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒルクライムの後はモーグルでしょ

三国峠朝練をこなしたあと、宿に8時に戻るとなんと、家人はまだ寝ておりました。

そこから背中に背負って1000メートルまで引き上げて来た食パンととろけるチーズと生ハムで朝食。

そして着替えて用意して出発です。

まずは苗場に向かいますが、その前に先輩の家にお土産を。すると神楽のタダ券を頂きました。

よって、急遽目的地を田代・神楽に変更です。

子供達と雪男は既に汗だく。気温も20度オーバー。

よって、今日の格好はこんな感じです↓

P1000260

おやじと小僧で↓

P1000259

途中、おやじだけ許可をもらって、コブに行ってきました。雪もくさっていて、どんどん前に突っ込めます!

DVC00154DVC00153

俺って一番!?なんて考えていると、ちょっとコースの端に向かうグループが。

??? そんなところには何もねーだろ? と付いて行くと超細かいコブの連続が。

そしてそのグループが滑りはじめます。 おおおおお、上手い! どーやら全日本を狙っている高校生らしい。

しかもエアー台で何をするかと思ったら、「バックフリップアイアンクロス!」おいおい、凄すぎだろ。

ちょっと、雪男、肩身が狭くなって家人と合流しました。

DVC00152

合流後、子供達はもう、帰りたいモードに。そして午後3時にあがりです。

宿に戻った後、ゆっくり大浴場にひたって、帰路につきました。

GWの合間なので渋滞は無いだろうと思っていましたが、寄居から30キロ渋滞、90分だとか。

と言うことで急遽、寄居で夕飯を食べることに。

DVC00155

とってもメルヘンチックでした(似合わない)

DVC00156

ここで、フレンチの軽食を食べて、コーヒー飲んでケーキ食べてまったりしました。

渋滞が収まった頃に再スタート。

無事11時前に帰宅となりました。

いやー、GW初日二日間、中身の濃ぃーい時を過ごせました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

獲ったどぉぉぉぉぉぉ、三国峠

5時半、目覚ましがなります。今回の苗場のもう一つの企みはいつか上っておこうと思っていた三国峠クライムを実行することです。

前夜のトラックの疲れが残る足ですが、家族を起こさないように布団を抜け出して、着替えて愛車のところへ。

そこで、自転車を組み立てていざ、6時に出発です。

ここは苗場なのでいったん三国トンネルまで戻る道は4.7キロ190メートルののぼりです。

P1000234

この上りで既に結構、引き返そうモードバリバリでした。

P1000235P1000236

やっとこさ、三国トンネルまで戻ってきました。群馬方面から新潟方面にビュンビュン来る車はみな、スキーヤーにボーダーです。

自転車野郎なんてもちろん皆無。

P1000237

ここから最大の恐怖、三国トンネル抜けです。タイミングを見計らって出口までダッシュ!

P1000238

トンネルを抜けた後は、22.8キロのダウンヒルです。いやぁー、飽きました。長いっ!

ただ時速で42平均なんですよね。ちょっと63キロを一瞬出たぐらいで。そして、やっと今日のスタート地点、水上との分岐点まで降りてきました。

標高404mから、22.8キロ、高低差711mのスタートです。

DVC00139P1000241P1000240P1000239

いやぁー、桜もちょうど見ごろですが、結構息が上がって、余裕が無くなってます。

DVC00143P1000242P1000243

まだまだ、遠いです。向こうに目的の山が見えます。

DVC00142P1000244DVC00141

そしてこの長い直線。

P1000245DVC00140P1000251P1000249

やっと猿ヶ京の先のローソンに到着。ここも今回のヒルクライムの目的の一つです。その目的は朝食を買うこと!

苗場の店はプリンスホテルが営業終了してしまった事もあってか、店が開いてなかったのです。

DVC00145P1000246

これを背中のサコッシュに入れて(体温で生ハム腐らないかな?)で残り17キロを上ります。

P1000247P1000248

何とか19キロを保とうと思いますが、だんだん足が終わってきて、ちょっと斜度がきつくなると、15キロ台に落ちます。

がんばれ、仮面ライダー!

P1000250

がんばれ、キカイダー!

P1000253

おおおお!ついにこの看板が!

P1000254P1000255

ずいだぁ~、やっど、ずいだぁ~。

P1000256

標高1084m。高低差711m頂きました。

DVC00146

あとは、新潟に向かってもう一度三国トンネルを抜けます。今度は行きと違って後ろからビュンビュン車が来るので本当に合間を縫ってダッシュ!

42キロで走りきりました。

P1000257

ほっ。

P1000258 DVC00147

苗場をバックに速度☆号。

DVC00148

朝練、無事終了しました!

さあて、この後はスキーです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

競輪場、トラック体験会

GW一日目。初日が肝心と荒サイに行こうと思ったが路面がウエット。ちょっと迷いましたが、最近ウエストもぶよぶよなんで、ダイエットも兼ねて今日はこれにしました↓

DVC00056DVC00055 DVC00078

30分ほど、汗を流して帰宅。

出かける用意を開始です。今日は所沢西武園でのトラック体験会です。愛車の上にはジェットバッグがいるんで中積みです。ウィールは Wheels on Skis です!

DVC00087DVC00088

結局10時半出で、西武園近くに来たのがスタートの12時です。今回は子供たちも参加の申し込みをしましたが、隣の遊園地に行くとかで、途中で降ろして雪男一人競輪場に乗り込みました。

既にぴゃん先輩はじめガクさん、しんぺさんも自走で到着してました。

DVC00091

なんすかぁ、このトラ三匹。

バンクはこんな感じです。

DVC00092DVC00093

上から見下ろすとこんな感じです。

DVC00094

バイクもTTのために仕立てたこんなバイクも。

DVC00095

そしてこちらはしんぺさんの浪速金融道号

DVC00098

このあと、フリーランです。

DVC00107DVC00108

そして柄の悪いトラ2匹。いよいよ、TTです。雪男はフリーランの時に借りたLEVELのフレームが520でちょっと詰まった感じだったので、本番ではサイズアップしてもらって、530のアンカーを借りました。

P1000229DVC00100

↑カリメロでーす

前回は前半でタレたので、今回は前半を押え気味に。O0640048011941897867

そして最後のバックストレート。まわすまわすぜ!と思うがもっと重いギアでも良かったかも。足を残してゴールしちゃいました。しかももがきでダンシングも怖くて出来ず orz

それでも、ゴール後の周回で選手に「良いよ!」って感じで指を指されちゃいました。あれ?意外といいタイムなの?

そして出走待ちのトラ2匹。

DVC00104

柄悪いっす。

DVC00109DVC00112

でも、ぴゃん先輩もしんぺさんも早かったっす。

TTの後はエキジビションの選手のレースを間近で観戦して、終了です。

P1000231 P1000230 

みんなで帰ろうとしていると受付に言ったぴゃん先輩としんぺさんが戻って来ません ???

どうしたのかと見に行くと、ぴゃん先輩が

「表彰式出ていい?」

????

なんとタイム3位でした !

O0480064011941914887

32秒台! 早っ!

ちなみに雪男は自分の予想以上に良くって34秒台。なんと、しんぺさんが射程距離に入って来ました。

ぴゃん先輩の表彰も終わって、解散です。中年不良トラ軍団はこんな威嚇的なトレインで帰っていったそうです。

O0640048011941913178

いやぁーGW初日としては上出来です。

雪男は遊園地の家族と合流して、我が家は一路新潟、苗場スキー場を目指し、無事9時半到着。

ビールを求めてさすらうとこんなトラックが。

P1000232

明日はスキーです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はお休み

日曜は、前夜体調が悪化したが、22時には就寝し、今年初の和田を目指して3時に目覚ましを。

しかし、起きた時にはさらに体調不良で朝練も諦めました。そして病んだ体で7時に起床。だらだらしながら、ふとメールを見ると昨晩22時過ぎた後と今朝の朝5時にピャン先輩としんぺさんのメールのやり取りが。結局、今朝はお二人とも久々に大井に参戦されたらしい。orz

タイミングが悪すぎる、俺。結局9時半に連絡取るも既に帰宅されていました。すいませーん。

そんな自宅療養中に届いたこれ↓

DVC00040

何だこの封書。どっかの不動産投資の案内か?

と思って開けてみると・・・・・・

DVC00041

来ました、28日の西武園のバンク走行会。

風邪治して、疾走して来ます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川したら、タケノコでしょ

土曜日、いつものように前夜2時に就寝して、6時起床で、今日は久々に荒川に出動です。

急いで、リアをローラー専用からキシリウムに交換。

DVC00026

ちょっと、ひんやりの空気の中を発信です。新橋の手前でこの方に追いつきました。ふくらはぎの発達が顕著です(って、どんなところを見てるんじゃぁー)

P1000222

DVC00035P1000227

そして荒サイにイン。

DVC00028

今日は9時半の門限必須なんで、岩淵の水門も厳しいです。

この時期にしては、風もやや北風の向かい風です。

P1000224

出だし28ぐらいをうろうろしてましたが、LSDを無視して30で巡航を目指します。

P1000225

先日のバシさんの37引きに感化されました。途中大井で見かけるショップ(?)の29キログループをソロで32ぐらいで抜きます。

なんぴとにも抜かれずに、折り返し時間の8時10分になっちまいましたぁ。江北橋(?)でUターン。

P1000226 

Uターン後は大体追い風です。8時50分には荒サイを離脱して、一路帰宅へ。スナモの手前で別のローディーさんのお尻につきますが、時間が無いので大して早くない雪男が抜きます。時間がとにかくないので後ろは気にせず(誰も気にしてないのに)。

P1000228

何とか門限5分前に帰宅。

DVC00038

その後は本日門限必須の原因である消防訓練に参加です。

親父は過去、人工呼吸をしなければならない直前までの経験があるので、AEDのやり方も超真剣。一方の小僧はもう暇で暇でしょうがない。

消防車も夏女さんのつてでもう乗り飽きているので興味もない。

DVC00039

さらに午後は裏の土手(崖?)でタケノコ堀りです。例年この時期は既に竹になっていますが、今年はさすがに遅いですね。

 DVC00053  DVC00047 DVC00054

雪男もがんばって取ってきましたよ! これで朝練の不足を多少補えたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても和田はさぼり・・・

日曜は天気予報通り、最高の天気でしたね。

雪男は前夜、茄子と龍馬伝でまたしても3時就寝してしまったので、ついに来た和田っちリベンジを自ら放棄してしまいました。

(既に夜中の時点でまだ雨が上がっていないかったので、翌朝のウェットな路面を言い訳にぐびぐびやってた訳で・・・)

7時、DSをやりたくて起きてきた小僧を残して大井に出発です。

DVC00093

足が重いです、プールの疲れが・・・。

P1000217

目の前にはこんな外人さんが(ちなみにこの系統の外人さんが大井は多いです)。

ソロで2周したところで、途中で抜いたこの方に張り付かれました。

P1000216

さらに、信号待ちをしていると、松さんに捕獲されました。そこから2人でポタリング。

微妙なスピードで先ほどのモビスターさんと並走しますが、面倒なので橋でパス。

今度は目の前に集団が。

雪男的には集団生活が出来ない人間なので、得意ではないんですよね。

P1000219

でもさすがに集団なので40でも何とか付いていけます。

途中で松さんにお願いして集団から強制離脱。

さらに門限的に最終周の5周目を終わったところで公園に休憩に。

 

orz

 

いた。

橋さん等が。

DVC00094

どうです、かなり元○ンだったことが伺えます。しかも話はハンドルを絞るとか、シートを3段シートにしようかなぁー、と。

自分的には門限でしたが、泣きのラスト1周を夏女さんに許可をもらってラストを4人で。

するとおいらたちを抜く小集団が。

やばっ! 好戦的なバシさんに火がつく、と思うまもなく追っかけてます。

P1000221

ここからラスト1周をアベレージ37で引きまくるバシさん。雪男くらい付くので精一杯。

それなのにバックストレートで3段ロケットを要求されました。

1段目バシさん、38から40? そして2段目42、そして・・・・・・・

 

 

俺!?

 

 

2段ロケットの段階でついていくのに目一杯で3段目の雪男は不発でした。

その横をソロでまくった松さんが抜いていく抜いていく。

P1000220

ハイ、もう本当に終了です、足も終了。

DVC00109DVC00095

帰宅後はローラー台用のウィールに履き替えです。

DVC00110

そして、午後から友人宅に家族で押しかけて17時からは篠崎公園にてガキンチョプライベートテニススクールでーす。

DVC00112

いやぁー、へろへろっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茄子

土曜日の振り返りです。

本日の朝練はなしと言うことで前日は3時まで一人、深酒を 。そして翌日6時半に起床してそそくさと準備して、家人を起こしました。

今日は苗場にスキーに”行かねばならない”のです。 事前に購入しておいたリフト引き換え券がまだ残っているのです orz

雨の中を愛車を走らせて練馬インターに向かいます。その途中で苗場の状況をツィッターで確認すると既に現地は雨とか。

あきらめ半分で苗場に電話すると「本日は山の上も終日雨でしょう」と。

先週の大失態があるので、名誉挽回にと思いましたが今回は天気に振られました。

結局、練馬の手前でUターン。地元に戻って朝食となり、家族で朝のドライブとなってしまいました。

その後は、このままでは自転車もスキーもせずに一日が終わってしまう、と思って家族をだまして、泳ぐことにしました。

行き先は有明の江東区民プール。お初です。

ここで、小僧は夏女さんとジャグジーに入ってもらって、小娘と25mプールへ。雪男は苗場のクラッシュの影響で左手は使えないので右手一本で泳いでおりました。ちなみに雪男はバタ足するとすぐに息絶えるので足もビート板をはさんで使用いたしません。この絵は監視員から相当奇妙に写るようです。

運動した気分になって帰宅。夜はこれです↓

DVC00088 DVC00089DVC00092 DVC00091

茄子!

自転車に乗れない分をビール片手に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「なんだ、あいつら」 と 桜

明けて日曜日。

前日零時に山梨より帰宅して、グビッとしちゃったんで起床は6時半。

土曜もまったく体を動かしてないので、今日こそは運動しなければと思って、大井に向けて出発です。

DVC00047

コースイン後、3周までは平穏なソロ練です。

その間もちょうど反対の流れで○川さんと松さんを目撃。

ムフフフフ、これだけ正反対のポジションなら追いつけないだろう。

P1000210

途中で過去大井で何回か見かけた女性も含んだ35平均のチームともう一つのチームと合体してちょっと大きな集団になってしまったので、雪男は一人途中で人のいないコースに逃げこみました。

そして左折して橋を渡るところで先ほどの軍団を捕らえてミエで橋を上る時に抜きにかかります。

35キロー。そして橋を渡り終えて交差点で勝利の左折をした時にどうやら、○川さんと松さんを抜いた模様。後頭部にお二人の声が聞こえた感じがします。雪男はせっかく抜いた集団に追いつかれては、ましてや、○川さんや松さんに追いつかれてはと思って、全力で漕ぎます!

ゼエゼエゼエゼエ

後ろは振り返りません。

ゼエゼエゼエゼエ

何度が角を曲がってようやく後ろを確かめると誰もいません。

ゼエゼエゼエゼエ

これでお二人は雪男の前に出たはずです。

そして、公園を左折してメインストリートに出ると前方をのろのろ走る怪しい2台。

P1000211P1000212

いーんですって、待たなくて orz

そして合流。僕等の前には2台のTTバイクが微妙な速さです。

○川さんが、橋の手前で抜け抜けとけしかけるのでしかたなく、橋ののぼりで35で抜きます。

後ろをチラ見するとあれ? ○川さんも松さんも来ない。

仕方なく、交差点を左折してチンタラモード。それでも誰も来ない。

俺ってそんなに速いんだぁーと思いながら最後のバックストレートも一人もがき。

そして公園に戻ると、既に二人とも戻っているではないですか!? しかもブリジストン付きです。

なんでも橋で追い抜きかけた時にバシさんも抜いていたらしい。二人はバシさんに気が付いて交差点でUターンして公園に戻ったとの事。

それではと言う事でバシさんも交えて4人で再スタート。

P1000213P1000214

メインの先の陸橋したをUターンした先の交差点で先行していた信号待ちの集団と合流です。

ここでバシさんが

「引いちゃう?」的な挑発的な発言

雪男は「でも35じゃ抜かれちゃいますよ」

とか話しながら信号は青。バシさんダッシュ。

我輩も○川さんも松さんも続きます。

がぁー!

ここで別の集団から2名が飛び出たぁー!ちぎられまい、とバシさん。

おいらも○川さんも松さんもフンギァー!!!!と踏ん張る。

おいおい、35どこじゃないよ、39だよ。うおおおおおお、千切れる-----!

やったぁー、信号赤だぁ、ゼエゼエゼエゼエゼエゼエゼエゼエ。

そして信号が青に変わり、また

フンガァー、フンギャァー、39 orz

何じゃっこの二人は!!!!!!

しかも信号待ちで息が乱れていない・・・・。

雪男は橋の手前で千切れました。

バシさんはまだへばついて、地平線の彼方に3人で消えて行きました。

大回りコースに入ったところで松さんに「じゃー俺が引きます!」とか

カッチョイイ事言っちゃいました。

が、言ったとたんに両太ももが攣りました。

orz

結局3人でバックストレートに突入。○川さん行く、松さん行く、おいらも・・・・・無理。

そして公園に非難です。

開口一番みんなで、「なんだあの化け物」呼ばわり。

みんな、負けたくやしさか、一瞬自転車が嫌いになりそうでした。

反省会の図↓

DVC00052

そして、雪男は門限のため、帰路につきました。

本日の走行距離

DVC00053

です。あとは近所の桜や

DVC00055

そしてこんなお昼には↓

DVC00056

だしょ! 午後は腹ごなしに近所の公園に。

しかぁーし、このありさま↓

DVC00060

最後の締めはここ中目黒

DVC00082

いやぁー、混んでました。やばい、またビール飲みたくなってきたぁー。

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

業務連絡!4月28 日に決定!西武園バンク走行会

キタァ------!

半年に一度の「西武園 バンク走行会」

Hp_03

半年前の前回は予想外の前倒し開催で気が付いた時には終わってました。

今回は逃すものかと一ヶ月前からチェックをはじめついにゲット-!

日程は4月28日 GWの初日でちょっと微妙ですが家族をたぶらかして参加します。

Hp_01

18日水曜までにエントリーです!!!!! (只今エントリー終了すますたぁ)

チョッパーズも(KCは辞退)、○川さんも○藤さんも、ブリジストンさんも、松さんも、男爵もみんな参加でしょ!

開催日時:2012年4月28日(
場  所:西武園競輪場
開催時間:12時~17時(予定)
参 加 費:入場、参加どちらも無料
交  通:西武線西武園駅徒歩1分

Hp_04

で、今晩から速度☆号はローラー専用となりました。

調べてみると、競輪学校受験では3.27以内、選手となれば3.54以上で、現在では4.0以上を踏む選手もいると言う事です。

☆君はフロント52でリア15で変速なしで28日まで行きます(予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うわっ、やっちまったぁ・・・・ スキーが信玄に

土曜です。

前夜もまだ煮え切らなかった小僧を7時に叩き起こして、車に拉致して出発しました。行き先はもちろんスキー場です。

今回はリフトただ券があったからです。しかも方向が5,6年ぶりの中央道です。

ちょっと渋滞にびびっていましたが、スキーシーズンが終わったからなのか、春休みが終わったからなのか、比較的高速も空いていました。

しかも道の先に見えるのは富士山。関越ではありえないいい風景です。

ここから相模湖を抜けて山梨に入って、目指すは「ふじてん」富士天神平です。

山梨も抜けていよいよ長野県! 向こうに見えるのが目標のスキー場のようです。

DVC00032

そして諏訪南インターを降りて数分でスキー場到着です。

男やもめで2人で着替えて、なぜか雪男はシーズン終了と言うこの時期におニューのウェアをおろします。

小僧を着替えさせて、おやじも着替えます。着替え終わった小僧は早く行きたくて行きたくて文句ブーブーです。でも雪男は時間がかかるんですよね、ひざサポーターに腰痛防止ベルトにコンタクトにと・・・・。

やっと着替え終わって2匹でリフト券売り場へ。

売り場へ

売り場へ

売り場へ

売り場へ

売り場へ

あれ? ただ券を見る

「ふじてん」

スキー場の案内をみる

「ふじぱら」

「ぱら?」 「パラ?」

「パラじゃん!!!!」

Orz

何を思ったか途中から「ふじてん」のはずが「ふじぱら」になってました。

たどり着いてのは「富士見パノラマスキー場」

行かなきゃいけなかったのは「ふじてんスノーリゾート」。

しかも最寄のICは河口湖! めっちゃ戻るやんけ!

ここで正直に小僧に平謝り。小僧は借りを作った感で、「じゃーDSやらせて」と。

おやじ、反対できず。

そこで二人でスキーブーツ脱いで、車に乗り込んで諏訪南ICに戻って中央道を“東京方面”に。

やっばぁーい、午後スタートじゃん。

と思ったその時。???? 「ふじぱら」の営業は確認したが「ふじてん」はしていない。

と早速調べてみると、「どうもありがとうございました。今シーズンの営業は4月1日を持って終了しました」と。

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお orz

急いで最寄の双葉SAに駆け込み、途方に暮れます。

もう目的を失って、亀のようにのんびりと着替え。

結局、双葉で高速を降りて甲府に下野しました。

KIMG0235 KIMG0233

素晴らしい天気!

甲府市内に入って、小学校の臨時の駐車場に停めて甲府城に向かいます。

DVC00041 DVC00042

途中で既に甲冑に身を固めた武田軍団。

どこの武将だったかもいました↓

P1000207

そしてやっと甲府城の裏に到着。

DVC00035DVC00038

いいですねー、いつ来ても城は。日本男児の血が騒ぐ。

平山城で有名な甲府城ですが、流石に天守台まで登って見下ろすとこの風景

DVC00039

眼下に見える屋台を目指します。

屋台では小僧はチョコバナナをお代わり!

雪男はこれ↓

P1000205

八ヶ岳の山桜でスモークしたチキンとソーセージ。

美味かったです。

流石に歩きつかれたのか、屋台のラーメンを食べている途中で小僧はご就寝。

ここから小僧をだっこして、20分ほど歩いて駐車場に。

夕飯は、甲府でNo.1の広島風お好み焼きです!

P1000208

雪男も夏女さんも広島風はちとうるさいですが、ここはなかなか美味かったです。

飯田橋にレモンがありますが、あそこより全然美味いですね。広島でも何度も地元の名店で食べましたが、広島ではお好みは安くて早くて手間をかけないので、比べてはいけませんが。

(ちなみに仙台では「珠芽(むかご)」のそばスペですね! 激ウマです!)

P1000209

たらふく食べたら後は帰るのみ。中央道で覆面に気をつけながら23時半に帰宅しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐を追いかけて

昨日、急遽会社をサボって、夏女さんの実家に行ってきました。

ちょうど東京を嵐が襲った晩に数時間遅れる事、東京を無事出発。現地には朝5時半に着きました。

天気は何と吹雪き!

これでは、自転車は乗れませんね、ニチャコさん (涙)

今回、雪男も自転車を持って来ておりませんので、まったりです。

昼食はいつものようにここ↓

DVC00104DVC00100

最初、近所まで来ていたので、谷内のちょっと亭かいろはに行こうと思いましたが結局戻ってきてしまいました。

ただ、タイミングが悪かったのかスープの油がすっかりなくなって、超あっさりになってました。

DVC00026 

あとは、駅前の施設に子供を連れて行ったりです。

でも、寒かったぁ。夜、高速で東京に戻ってきました。

その途中で気が付いた! 雪男の車は今は珍しいマニュアル。そのシフトチェンジが先日のスキーのクラッシュのせいであばらや肩が痛くて出来ないんです。結局両手でシフトチェンジしてました。

DVC00028   

そうですよね、魂っす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚と小麦

今日の晩飯は、久々の一人平日外食で、最近食べれなかった近所のこれです↓

らーめん「豚と小麦」 (小麦と豚だったかな?)です。

新年度、新入生や新社会人で町は、歓迎会ムード一色でした。

今日も、あぶらだけ抜きの全部乗せでーす。

小ラーメンですが、ボリュームたっぷりで旨かったですよ。ジロー系ではあるのですが、雪男はどちらかと言うとこっちかな。

そうそう、チャリ通ですが、左肩に微妙に力が入るスタートと降りるときが激痛でした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苗場で久々のお手伝い(になったかな?)

明けて日曜日。

今頃は大井の朝練が終了する頃かなぁーと思いながらのんびり朝食です。

外は!

DVC00041

快晴です!

今日は某メーカーの事業部長さんも菅平から苗場に乗り込んでいるとの事なので早速テントに。

DVC00042

そして朝から今日はこれ↓

DVC00047

パーク&パイプ用の板です。短い!

早速ゴンドラで自然のパイプに突っ込んで見ますが予想外に昨晩の冷え込みがゆるかったせいで、斜面はまだざぐざぐ。あまり良さはわかりませんでした。

そんな事で遊んでいると先日Mogul W-Cup が開かれた斜面が何やらいい感じでコブが並んでいるように見えます。

早速リフトで向かいます。そんな時口に入れるのはこれ↓

DVC00052

SHOCKDOCTORのマウスガードです。これで例え大きなコブを越える際に自分のひざがあごに当たって犬のようにヘラヘラさせていた舌を噛んでも縫う事はなくなりますね。

DVC00054

そしてこれがそのコブ(ライン!)の上部からの眺めです。斜度は25度ぐらいかな。

見事に下まで連なってます。

そして、雪男いざ、ライン イン!

DVC00055

おおおお、見た目よりも雪が腐っていて板も走りすぎずにこれなら何とか喰らい付いて行けます!

図書館で借りたジャーナルのこぶ特集を思い出しながら、お尻の下で左右にすばやく切り替えて、上体が遅れないようにトップを落とすべし、べし、べし。

おおっと、コブが間延びしているところではつい、体がコブを受けに行って伸び気味ですが、コブに当たる衝撃でもう一度体制をぎゅっと小さくし直します。

残り、10コブはゴール間近なので突っ込みますっせぇー。

ふう、美味しかった、美味すぎです。

途中、もう少し水が流れるがごとくに、スムースにコブを受けたかったのですが、まあいいでしょう(と自己満足)。

何本か食べて満足したところで空母に帰還します。

しかし、帰還前の一本で左肩を強烈強打! 今まで何度もスキーや自転車で車にぶつかったりしてますが、過去に経験のない強打です。

ラインを滑った後の先に見える天然のハーフパイプに直滑降して垂直に上がったところでエアーターンをかまそうと猛スピードで突っ込んで、もう目の前にその壁! というところで突然足元のギャップに足を取られて顔面から壁に強打。ぜんぜん見えませんでした、そんなギャップが手前にあるなんて。しばらくうずくまって唸ってました。左肩と左胸も思いっきり強打です。

左肩は最初のギャップで亜脱臼気味の肩が一瞬外れた感じ、そして次の衝撃でグリッとまたはまった感じです。

左胸は息が出来ません。左肩はまったく力が入らずブランブラン。「やったかぁ!!」と思いましたが、多少動かせるのでやっぱりはまっていると判断しました(後で、この左肩では自転車に乗れない事が判明)

DVC00056

帰還後、雪男の板もさりげなく並べて見ましたが、隣の板がまるでジュニアの板のように短く見えます。

とうぜん、誰も雪男の板には見向きもしません orz・・・・・。 いい板なんだけどなぁー。

その後は皆さんの仕事の邪魔ばかりも何なので、試乗されるお客様のビンディング調整のお手伝いです。

ああ、懐かしい。

DVC00060

↑これは来期のブーツです。でもモーグル用はもちろんございません。

↓そしてこれは!?!?!?!?!? 苗場のテレインパークのディガーさん達です。

DVC00076

そんな事をしていると、ふと考えました。たまにはF1にも乗って見たい!

目の前には某社の板が。早速要職にお願いしてスラ(スラローム)板借りちゃいました。

DVC00082

165cmです。やっぱスキーヤーはスラロームでしょ、ステンマルクでしょ、トンバでしょ、ラ・ボンバでしょ。

でも、雪が腐ってて残念。気分だけはW-Cup racerでした。

さて、遊んだ後は、お片づけお方づけ。

DVC00086DVC00087

痛めた左肩には過酷な積み込みでした・・・・。

積み込み後は一人苗場に残されてまたゲレンデへ。

しかし、このころから苗場も吹雪に orz。

せっかく一日券を買ったんだからとの貧乏根性で何とか3時半まで粘りましたが、ジエンド。

その場で背中のバックパックからスキーケースを取り出して収納。そしてクロネコヤマトへ。〆て¥1270なり。

後はてくてく宿に戻って着替えてパッキングです。

湯沢への路線バスは17時12分最寄のバス停を発です。

DVC00089

寒いです。4時11分の時点で一瞬、本当にバスが来るかと心配になりました。

無事、湯沢ICの最寄のバス停「小原」で下車。後は、横をビュンビュン車が通る国道17号を”徒歩”でICに入ります。

DVC00091

↑これが待合所。ストーブも無く寒いですね。おまけに高速道路情報の表示には事故渋滞10キロの文字が・・・・。

こんな寒い時にはこれ↓

DVC00092

と、思ったら20分遅れのバスが来てしまったので、車内でグビグビ。

結局21時20分着が21時50分池袋着でした。あとはもうひと踏ん張りして、キャスターバッグをコロコロ引きながらJRで帰宅しました。

金曜の時点では嵐来襲との事でかなり迷いましたが結局行ってよかったです。やっぱスキーはやめられませんなぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »