« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

DVDレコーダー

が2ヶ月前ぐらいからうなってました。

そろそろHDDがやばいかなと思いながらもだましだまし使っていると突然、夏女さんからメールで「お亡くなりになりました、うんともすんとも言いません」と。

嗚呼、金出るなー、と思いつつネットで検索。

考えてみるとDVDレコーダーなんか、HDDとDVDプレーヤーが合体しただけと言えばそれだけ。

と言う事はHDDを交換すればいいか。

早速オークションやショップを検索して、1件だけ新品在庫がありました、日立の250メガ。

P1000136

注文して直ぐに届きました。

飲み会で酔った勢いでDVDを分解、分解。

DVC00137DVC00136 DVC00138

感電と静電気に気をつけながら、とりあえず交換完了!

そしてドキドキの電源ON!

ウィーン、ウィーンとうなりながら立ち上がりをしばらく待つとディスプレーには

「F99」

と言うエラーコードが出てしまったぁ orz

説明書が見当たらないのでこのコードの意味がわからないが正常でない事は確かです。

本当は「HDDをフォーマットしてください」というメッセージが出るつもりでした。

これが雪男の限界です。もう少し投資可能でしたら「これdo台」を買って打開策を見つけるところです。

結局、元のHDDに戻して電源をガチャガチャしているとどうやらHDDを認識し始めました。

時間は既に午前4時。

今回はこれぐらいにしてやるぜ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

いつもの土曜荒サイ さぶっ。

先週、すっかりサボった週末ライド。

今日はと思って、ぬくぬくの布団から地獄の世界に這い出します。

時間は5時半。今年まだ2回目の週末ライドですっかり支度の手際が悪くなってます。

何とか6時に出ましたが刺し込みますね、寒さが。

DVC00026

多分日の出は6時45分ごろのはず。しっかり東京タワーも光ってます。

 P1000137

やっと、銀座のあたりで夜が白んで来ました。

 P1000138

しかし、いつもの事ですが、荒サイに出たこの瞬間は寒さも忘れて日の出で気分は爽快。

P1000139

荒川を走り出します。向かい風は計算づくなんですが、寒さも乗っかって気持が折れます。

P1000141

あまりにサボっていたためでしょう、何と最低は25キロ! 恥ずかしい・・・・。

P1000143

土手の裏側はまだまだしっかりこんな感じです。

本日はいつもの岩淵水門を突破して、ちょっとだけ北上しました。

P1000142

しかし、怠けた体のせいで距離はまったく稼げず、タイムアップでUターン。

DVC00028

帰りは、追い風なので、40ぐらいかな♪、と思いきやぁー、追い風にも係わらずまったく出ません。せいぜい32。orz…

よって、荒サイアウトまでが長い長い。

途中で早そうな方と合流。微妙に互いを意識しながらマイペースはキープ。

しかし、菖蒲園の駅あたりであちらはスピードアップ。こちらもアップ。

結局、貼り付き精神までなかったので最後は千切れました。

いつもはノンストップで帰宅なのですが、力尽きて荒サイを離脱後すぐにコンビニイン。

DVC00032

エネルギー補給しました。

 DVC00039

距離稼げてませんね。

 DVC00040

こちらはおまけのショット。

子供たちと近所の公園で鬼ごっこの途中で休憩の際によったコンビニにて。

こんなの出てるんですね。でもノンシュガーでもエネルギー得られるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしい仲間たちと・・・・

PCの不調とさぼり癖で今更のアップです。

金曜、昔の会社の仲間が集まっての飲み会でした。お見せは会社から徒歩で15分ほどのところ。

子供が居るママも子連れで参加、越谷や厚木からも参加してくれた勝〇先輩や〇川先輩や横浜組みなど三々五々、集まりました。

しかし、結局メンバー構成はホイールチームとインナー・インソールチームの混成チームの様相。

そこに〇金ちゃんの差し入れのこれ↓

DVC00123

そーです、今や幻の、ふぐ刺し並みの「レバ刺し!」 リスクもともなってめちゃうまかったです。

自転車チームとも大いに盛り上がりました。

特に元ブリジストンアンカーで欧州でレースに参加していた方とロードのインカレ代表(あれ?ユニバーシアードだったかな?)の二人からはどうしたら早くなれるか、山も早く上れるか聞ちゃいました。

和田っちの話では雪男がいつも上っている表(?)和田なんかは、彼らからすると100mダッシュだそうです。それよりも裏和田の方がだらだらとしたのぼりでトレーニングになるとか。マジ!

いつかチョッパーズランに拉致しますよ!と宣言しておきました。

デロ先輩からは「俺の自転車買うか? 安くしとくぞ!」と言われましたがいやいや、無理ですどんなに破格でも元が高すぎです。

一方、スキーの方ではクラウン君とコブ談義、すっかり私利私欲の飲み会でした。

DVC00131

いやぁー、やっぱり頭が筋肉の面々は楽しいですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苗場週末スキー2

二日目、日曜日でーす。今日も我が家は寝坊でゲレンデは11時過ぎです。

今日はさっそくゴンドラに乗りますが、ふとゴンドラから下を見ると・・・・

DVC00121

嗚呼! ラッ、ラッ、ラインがあああああ!

今すぐゴンドラから飛び降りて滑りたい衝動にかられます。

でも、今日はすべるチャンスはないだろうな・・・・・。

ゴンドラを降りて本日の下山コースは大斜面の迂回路を経由してチャレンジコースです。

前日、昨季と同様ダウンヒルコースを降りようとしてびびる小娘と、中斜面なのにボーゲン、ノーブレーキの小僧の扱いに困り果てたからです。

チャレンジコースは雪男も大好きなコースです。コブはないのですが、天然のハーフパイプ状態だからです。

neb_map

無事1本目を麓まで下山して、もう一本ゴンドラを上ったところで、夏女さんが「!!!!!!!」

何事かと思ったら、ない、ない、ない。

小僧の板のビンディングが取れてます orz

誰だよ、取り付けたの!

 

俺だよ!

 

自分でした。さーて困った困った。結局夏女さんと小僧が今上ってきたゴンドラで下山。私と小娘がチャレンジコースを降りて合流しました。

まーた、出費が。

そしてあっという間に夕方です。最後に20分ほどフリータイムをもらって4本ぐらいコブと戯れる事ができました。

最後にプリンスを移動中に見つけました、これ↓

  P1000133

雪男!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苗場ファミリースキーです

またしても追っかけ更新となりました。

先週末、金曜発で苗場に行ってまいりました。もちろん三国峠ヒルクライムではなくスキーです。

そそくさと金曜夜、会社を退社して帰宅。スキーの準備に取り掛かります。

結局、出発できたのは8時半。

それから関越にのって、月夜野ので降りて、宿についたのが午前零時でした。

DVC00054

翌朝、雪男はゲレンデに行きたくてしょうがなかったのですが、夏女さんと小娘、小僧は zzzzzzzzzz。

DVC00055

雪はたっぷりです!

結局、起床後、朝食を食べてゲレンデに立ったのはほとんど正午でした。

スキーの方はもちろん全員ボーゲン。普段、ボーゲンをやらない雪男はすぐに太ももがヘロヘロです。ついでに古傷の左の半月版がしくしくと・・・・。天気はぼちぼちですね。ただ、パウダージャンキーには最高だったと思います。比較的軽い雪で新雪も30センチはありましたから。

DVC00056

ひたすらボーゲンに励んで、一度全員でゴンドラに乗って下まで滑り降りてきたところで、お昼休憩に。

雪男は、今が俺の時間とばかりに、飢えた狼(子羊?)のごとくコブを漁りに出撃です。

DVC00076

そして見つけえたこのライン(コブの連続)! 難しそうですが、美味しそうです。

コブの間隔が短くすぐに切り返さなければならないので油断するとすぐに体が遅れてしまいます。

滑り降りると後はリフトまで直滑降。本当はショートターンの練習でもすればいいのですが、時間がもったいない!

と言う事で5,6本繰り返し滑ったところでタイムアップとなり、休憩中の家族に吸収される雪男でした。

合流後は雪男が昼食を取る時間がもったいないので、スキップです。この後、数本ファミリーゲレンデっぽいところを滑ってファミリースキーは終了しました。

全員で車に撤収して、家族を車に押し込んで、雪男はお見送り。そしてすかさずゲレンデにとって返して5時までのわずかな時間を貪ります。

DVC00078 DVC00082  DVC00087

照明ついてもすべるのはコブです。これは昼間のコブと違って滑りやすい! ここでもコブの後の数百メートルは直滑降!

ハムスターのようにぐるぐる同じコブを滑ります。

ようやく、5時になって雪男も撤収。途中まで夏女さんが車で回収しに来てくれました。

もどった後は、宿泊先の駐車場でかまくらの中で餅を焼いて振舞ってもらいました。

DVC00092

子供たちも大喜び。おかげで食も進みます。

しかし、今日はこの後、前の会社の先輩のペンションで夕飯です。食べすぎ注意。

先輩のところでは、先週の3連休後で宿泊も少なく、のんびりビールにワインを美味しく頂きました。

ごちそうさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012 荒サイ初ライド

2012年、荒川サイクリングロード、というか、ロード初乗りです。

5時には起きてスタートしようと思いましたが、しっかり寝坊で6時半のスタートです。

DVC00032

いつものように銀座を通って・・・。

P1000132

荒サイにイン! もっと寒いかと思いましたが、寒さはがまんできるぐらいです。

P1000133 

P1000137P1000136

いや、でもこの時期恒例の北風はしっかり吹いてました。サイコンが電池切れだったのですが、多分26キロぐらいまで落ちていたんじゃぁ・・・。

P1000138

今日はここ岩淵水門でUターン。

P1000140

Uターン後は早い早い。追い風にのってスイスイです。

ここで不思議な体験を。

風向きと風速が自転車と完全に一致すると、風切り音もなくなり、体に風も感じなくなる中を自転車はスイスイ進みます。

一方で反対側を風上に向かってもがいて走っている人もいます。

何か時間が止まっている感じです。

そんな感覚をうけながら無事初乗り終了でコースアウト。

P1000134 

今年こそは事故無で楽しいけど山が早くなりますように。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012 大井初ライド

昨日荒川詣でもすましたら、今日はやっぱり大井も行っとかなきゃですね。

DVC00033

今日は昨日よりちょっと温度が、と言っても1,2度高いと聞いていたのですが、曇り空の夜明けで昨日より寒い!

大井にコースインすると自分以外にはまだTT、ディープリムのカーボンなお一人だけ。

そのうち、徐々に人でも増えてきました。

DVC00035

今日は2周はスタンダードコース(Uターンの時はちゃんと横断歩道を渡ってます)、のこり3周は雪男オリジナル12.37キロコースでした。

DVC00036

逆風ではちょっと山登り気分で楽しむつもりで引き足とふとももを高く、腹筋で引き上げるようにすると多少速度の低下は抑えられたかな?

DVC00038

これでもいつもより人では多いほうです。

今日は朝練あとは、身の回りのこまごました宿題の整理です。スキー関係、家の整理関係、子供たち関係などなど。

すっきりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年忘れ八海山一人スキー 番外編 石打塩沢のトオル君

そう言えば年末の八海山一人スキーツアーの宿泊先の六日町イオンでの出来事。

車中で「私をスキーに連れて行って」を見ながら、ビールの飲みすぎでトイレが近くなって、思わずイオンに併設している24時間インターネットカフェのトイレに。

用を足していると隣に色白の(雪国なんで)の頬を酒で赤らめた20歳前後の青年も用を足す。

すると彼:「飲んでますかぁー?」

雪男:「飲んでまーす」(車中だけど)

彼:「どこからですか?」

雪男:「東京です」

彼:「そーすっか。自分も上板橋なんす」

彼:「どこ滑ってるんっすか?」

雪男:「八海山です」

すると、いままでほろ酔い気分の彼が豹変して

「だっせ!」

?????? あれ? 気に障った?

彼:「石打来たら、トオルって言ってください」

?????? 言うとリフト券ただとかなるんか? それより、トオルなんて石打にもごまんといるだろう・・・・。

それに、八海山のボーダーはパウダーとコブ滑らせたらなかなかのもんなんだけど。

フィニッシュ間際にトオル君

「お互い楽しく飲みましょ!」

だと。なんとも不思議な体験ですた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月二日目 市民スキー場的滑り

年始の東北里帰りも終了しての振り返り更新です。

正月2日は近所の市民的スキー場に行って来ました。

この前自転車でもがいたところはもちろん一面銀世界。

このスキー場、とってもアットホームというか自分がスキーを始めた頃の景色そのままなんです。

リフトは全部でダブルが2本。レストハウスはもちろんプレハブ。そのうち一つでは焼き芋をストーブで焼いているんです。

DVC00154

リフト券は回数券です。これで小娘、小僧と緩斜面を7,8回ですかね、滑りました。

小娘はもう少しでボーゲン卒業かな。小僧はボーゲン直滑降、かっ飛び野郎なのでまだまだです。

雪男はもくもくとフェィキーの練習。

しかしエッジがひっかかってあえなく転倒。左足の靭帯が野伸び気味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます。一夜明けて今度は東北です

みなさん、改めて明けましておめでとうございます。

今年もお時間ありましたらこのブログにお付き合い下さい。

さて、年末新潟県八海山に出かけた後、大晦日に東京を経由して実家に戻りました。

カウントダウンを実家で過ごして翌元旦の朝、10時前に実家を出て、一路夏女さんの実家を目指して、常磐道→磐越道→東北道とひた走りました。

景色は年末の関越道と同じに見えるかもしれませんが、こちらは福島の安達太良山です。

夏女さんの実家に定刻の2時前に到着。ちょっと一服した後、早速子供たちご用命のかまくらの回収作業にあたりました。
Dvc00148_3

こちらが回収前。いくらなんでもちっちゃいだろー。

子供たちも一応手伝い(妨害?)。

Dvc00150_2

もちろん手伝っているのは最初のうちだけで雪投げしたり喧嘩したりです。

小僧は木につるしたブランコ。

こちらは自家製栽培のなめこです。

結局、予定通り雪男一人で改造とあいなりました。

P1000157_2

小学生の頃は一人で真っ暗になるまで霜焼けになりながらやったもんですが、さすがに大人が作ったほうが多少立派なものが出来るんだと今更ながらに感心。

おかげですっかり体の芯まで冷え切って風邪を引きそうです。

元旦最後は新しい湯を掘り返した「ゆぴあ」の温泉につかって復活しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »