« 石橋君作りD-1 | トップページ | ぴゃん先輩ご訪問 »

尾根幹ならぬ運動会3本トレーニングと石橋君D-2

翌日は月曜。今日は運動会Wヘッダー。幼稚園と小学校です。

ぴゃんさん、しんぺいさん、KC、がくさん、直ちゃんはこんな晴天を逃すまいと多摩川あたりで集結してスタートしたらしい。ピャン先輩としんぺいさんはしかも4時集結で家の近所まで来てくれた模様。無理でした寝たのが3時半。

それから3時間睡眠で本日のWヘッダーをどう乗り切るかを二つのスケジュールを精査。運動会会場の距離は約3キロ。しかも10mほどの標高差有り。

まずは、小学校の開会式と準備運動を見た後ママチャリでダッシュで幼稚園へ。ひたすらのぼり基調。電チャリ全然あかんやんかぁ、ペダルをこぐ早さが早すぎてモーターを追い越して逆に負荷が増してる! とりあえず、10分弱で到着。かけっこを応援。終わってすぐに小学校へ! 今度はこっちは玉入れ。 ここで堪忍袋の緒が切れた。チャリを戦闘機「速度星号w/キシリウム」に! はええ! メットにグラサンしたまま幼稚園に乗り込む。おっと、急いで脱がなきゃ、去年見たいに浮いちゃう(去年はピャン先輩に騙されて横浜ライドして遅れて幼稚園の場所取りの列にぴちぴちモッコリジャージで場所取り用の新聞持って並びました)。こちらは椅子体操。それも終わってまた小学校までダウンヒル。こっちも徒競走。間に合った! 本当はここで幼稚園に戻るのだが残り5分では無理。諦める。幼稚園の午前の部が終わって我が家は撤収、小学校へ合流。今日のトレーニングは幼稚園⇔小学校間を3本。寝てないからきつい。

無事小学校も終わって、本当に自宅へ撤収。

私はくつろぎながら、趣味に。気を取り直していろんなキーワード入れてクランクの取り付け方を検索すると・・・・、出たぁぁぁー「クランク止め金具!」 1ケ\180なり。

それをヒントに検索検索。結局わかったのが、「一般車(または、軽快車、要はママチャリ)」で通常使われるタイプのクランクシャフトであった。 おいおい、ママチャリと一緒かよぉ。その後は駐輪場の夏女さんの電チャリに行って、フィキシングボルトを外して持ち帰る。そして石橋君に取り付け。

14mmのソケットレンチないので、コッタレスを転用。

やったぁー、ついに圧入。

もうやれることは無いんで、ネットでキャリパーブレーキ検索。そーだ、「レイダック ブレーキ」でも検索してみっかぁ。 としたのがやばかった。出てきた結果は「レイダックの・・・・取り付け穴・・・・・小さい・・・・・届かない・・・・・ドリル・・・・・・・」 

下の写真は「レイダック ブレーキ」で出てきたお歴々先輩方の血と汗のブログより。

Photo

入らない!

Photo_2

とどかない!

またしても??????
結論はなんと、現行キャリパーでは裏のビスまで軸が届かないらしい。しかも取り付けビス8mmはまらない、5mmの穴しかないらしい。
所詮パイは3通りの対応。

①古いキャリパーで我慢。

②現行キャリパーの軸だけシマノスモールパーツで購入するか、100

③ドリルで穴を広げるらしい。

どれも一長一短、と言うかどれも短。ドリルのパターンは数本ドリル買わなきゃいけないし、スモールパーツも前後で1500円ぐらい。

|

« 石橋君作りD-1 | トップページ | ぴゃん先輩ご訪問 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175321/37188620

この記事へのトラックバック一覧です: 尾根幹ならぬ運動会3本トレーニングと石橋君D-2:

« 石橋君作りD-1 | トップページ | ぴゃん先輩ご訪問 »