« やったぜ! 幸也 ツールだぜ | トップページ | チャリ通勤の戦利品 »

登ったどぉ〜、和田峠

今日は迷ったがなんとか前日11時半に寝て4時起きのつもりが既に20分過ぎてる!

しかも朝メールチェックすると「今日合流しよう」メールが昨晩来てるではないか(汗)  

ランデブーはヤバいでしょ、ランデブーは! 結局10分で支度してまたもやローラー台号発車!

中原を脚を温存しながら進むが軽い上り、下りにやや不安が。

二子橋?ってどこだ? とにかく二子玉に向かう。朝4時台だから車道を上がって行く。二子玉川で連絡するとどうやら川崎側にいるらしい。

で、合流。

登ったどぉ〜、和田峠

噂通りのスイスチャンピオンジャージ。ただのカンチェラーラ。

そして謎のバイク。メカはカンパ。

ん? これが平地決戦用のCosmic Carbone SL(http://japan.mavic.com/road/products/cosmic-carbone-sl.105773.1.aspx)!

で、いざ出陣。目指すは和田峠。ルートは多摩サイを20号まで上って、20号を八王子方面へ。

登ったどぉ〜、和田峠

早ぇーって、早ぇー。 脚無いってもう。

おおおおおっ、この看板は! ついに来ちまったぜ、人生初、自走で八王子。

陣馬街道を突き進むと向こうに、向こうに山が。

スイスチャンピオンに引いてもらうのだぁ。しかもここまでに1%ぐらいの何気ないさりげない勾配が体を蝕んでいく。

おいおい、スタートのバス停ってどこだよ!? バス停からたったの3.5キロって言うからそこまで楽勝と思ったら、全然ねーじゃんバス停!

やっとついたぜ、バス停。ここから計測地点らしい。おい、カンチェラーラ、自販機の使い方知ってんのかぁ?

で、始まりましたゲキ坂。目標は脚をつかない事。カンチェラーラあっと間に見えず。

早そうに見えますが、喘ぎながらの手ぶれです。ちなみにスタートから蛇行です、蛇行。

遠くに見えるのはカンチェラーラ。

ダンシング出来ず。先週のヤビツもそうだったが、ダンシングが怖くて出来ない。どうもダンシングでペダルを踏み込めない気がする。

ヤビツと比べて10%(?)ぐらいの坂がずっと続く。感じとしてはヤビツのほうが圧倒的にきつい・・・。と言うかヤビツは初峠だったからかも。

やりたくてやっている訳ではないが、下ハン、シッティングでひたすら超蛇行して上る。

ペダルを斜め前に押すように、腹筋と背筋に力をいれてっと。ふんぎぃー!

死んでも脚つかんぞぉー。全然、一息つけるとこないじゃん。

で、いきなり坂の向こうに小屋が見える。????ゴール?

ゴールだった。さらっとゴールがやってきた。最後ダンシングしたろーって、思ってたのに。

そして、燃え尽きたカンチェラーラ。

「上ったどぉ~、和田峠!」

しかし、そこには自販機も無く、脱水症状寸前だったため、5分後には下り始める。

一気に、バス停へ。その後来た道を戻って、向かい風(?)を多摩サイ南下。

これはY's隣りのセブンでがりがり君休憩。

そして、KCの自宅を訪問して、そこからダッシュ。目黒通りから武蔵小山経由して帰宅。

11時半。今日はこれからみんなで、フィールドアスレチックです!

走行距離:130キロ

|

« やったぜ! 幸也 ツールだぜ | トップページ | チャリ通勤の戦利品 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175321/35507021

この記事へのトラックバック一覧です: 登ったどぉ〜、和田峠:

« やったぜ! 幸也 ツールだぜ | トップページ | チャリ通勤の戦利品 »