« 幸也に負けた | トップページ | 通勤ヒルクライム28m »

自走で初ヤビツ!

日曜はすっかり雨だと、前日の土曜の昼まで信じていた。それを言い訳に峠初挑戦しなくていいし・・・・。

しかし、土曜の夜になっても予報は復活したまま、再度悪化はせず。うーん、このままだと天気はもっちゃう。一応、日曜5時半起きで何の用意もしないまま土曜はビール飲んで寝る。

翌朝、天気は曇天。こりゃ雨でしょうと予報を見ると4時の予報で神奈川は午前中30%。

さてどうする? しかたなく、だらだらとローラー号にSLのペダルつけたり、ハンドルをアップライトにしたり、ボトルゲージをつけたりする。あっ、でもメーター類まるでない。万が一ヤビツ上り始めた時、残りがわからん。そんなこんなで、6時前出発。ちょうどO先輩から江ノ島到着の報を受ける。早ええ~。また4時でんがな。

自走、初ヤビツ!

とりあえず、ルートは中原→港北→あざみ野で246→名古木の予定。

できるだけ足をためながらちんたら、246へ。既に1時間。その後こわごわ246を厚木方面に。途中長津田のセブンイレブンでこんな張り紙を見つける。

自走、初ヤビツ!

存亡の危機です!その後、ローディーらしからぬ途中、歩道をちんたらしながら、いろんな川を渡る。

見えます? おっちゃん、鮎釣り?してます。

ついに、人生初人力で厚木!

さらにちんたら進むと???? 右手に迫る山。違うよな、これを上るんじゃぁ・・・・。

とりあえずコンビニでガリガリ君アイスを補給。目の前を続々とヤビツ軍団が通過。そのうち、一人のおじさんもコンビニで一服。話を聞くと厚木からで、何度もヤビツだのを上ってるようだ。いろいろお話を聞かせてもらう。何でも今朝は5時に起きて洗濯して、庭に水をやって、一通り家事をこなして、家族に有無を言わせないようにしてから、中古で買ったスプロケを今朝取り付けたらしい。フレームはスペシャのフルカーボン。K元スペシャ社長もお喜びでしょう。しばらく話し込んでおじさんは先に出発。目の前のトンネル前の坂をなめるでねーぞとの忠告を残して。

言われるまま、止まるぐらいのスピードでトンネルを登って足を温存温存。

トンネルを抜けて目指す看板を探すと・・・、あった! って事はスタートしなきゃ。

いよいよでっす。と、その前にO先輩とKCにアタック開始のメール。すぐさま応援メールと暖かいアドバイスをもらう。で、スタート!っと思ったが、アウタージャン! いきなり減速。

ここからは写真なんて撮る余裕ないっす。一応、みなさんのブログで予習したが、5キロほどのところにあると言われる14,5%の勾配にびびりながら進む。??? これは14%じゃねーけど、すでにぐるじぃー。うぉおおおっ! っとキタァ! 14,5%。泣きそう・・・・。うー、戻りたい、自転車降りたい。この勾配を上ったらやめてやるぞと思いながら何とかやり過ごす。ダンシング?そんなもの逆に出来ない。一度サドルから腰を浮かせたらそのままペダル踏み込めず、落車しそう。下ハン、パンターニ状態でふんばる。途中の女性ローディーやストレートハンドル&ノーマルペダルもがんばるがんばる。声を掛けたかったが自分も1200%なのと、ちょっとした恥ずかしさで黙々と抜く。

うううう、スントもし、していたら、脈拍はリミット190だっただろう。もういつ心臓破れても不思議じゃない。ギアは名古木スタートしてすぐに使い切った。残りはなし。菜の花がどうたらとか言うところ(たぶん)でむこうに見晴らし台のような塔が見える。あれが見えたらもう少しって誰かのブログに書いてあったっけ。ちょっと元気が出てさらに進む。がぁ、ねーじゃん全然ゴールが。曲がっても曲がっても先が続く。もう本当に止めてやる!っと思っていると実業団?のような梅丹のような人が多分じそく20キロぐらいでツラァーっと登って行った。早い!とりあえず意地で前に進むと雰囲気が「そろそろゴールですよ」って感じが漂う。?? 看板がいきなり。えっ、ゴール。付きました、ゴールです。

そこは既に互いの労を労う居酒屋の様。もちろん私も恥ずかしながらお決まりの一枚を。

あまりの汗で携帯のレンズも曇り気味。ゴール地点でしばし先に到着の先ほどのおじさまと意見交換。「もう一回下りてまた上れば?」って。いいえいいえ、ありえないっす。「次回はもっとつらいかもよ」  ??? 「だって、残りどれだけか知っちゃったでしょ」

確かに・・・。

しばし休憩後、裏を下る。うーん、噂通りマイナスイオン全開。とちゅうで沸き水汲んで、さらに下る。

ヒルです、ヒル。こわごわ橋を渡ってカシャっ。



さらに下るが、途中どうもゆるゆるの上りを登って気もする。多分足が終わって、下りがゆるやかなところは足が錯覚してるようだ。

そしてやっと宮ヶ瀬ダム。もう裏はいいかも。表で246だな。

しかし今日はゴールが多摩だったのでこちらを選択。

このまわり、まじでライト要りますね。真っ暗です、トンネル。後ろから追い抜く車にかなりびりびりながら走ります。

やっと太い道路に出ました。一直線の下りを下って突き当たりのセブンでやっぱりガリガリ君休憩。

その後、一路厚木→相模原→多摩を目指します。が、愛川と言う町で道に迷う。と言うか携帯GPSで道は合っているのですが、等高線は無視の簡単ナビのため、水田地帯ににぽつりぽつりと存在する小山を道が突き抜けている。つまり、車ならただ、登って下りですが、チャリにはきつい、精神的に。しかも斜度はまさに14,5度。

これを3回ほど越えて県道45号で国道129号を目指す。

いやー、このルートこりごりです。上溝経由してやっと相模原駅に。

やばい、50キロそこそこなのに意外と時間がかかってる。ちょっと焦りながらゴールを目指す。

多摩センターはもう少し!

そして、ついにゴールの、「サンリオピューロランド」!に。

そうです、車で来ている家族と合流。夏女さんと子守りを交代せねば。

駐車場は隣りの立体の4階! 着替えも車の中。どーしよ!? 決めました掟破りの駐車場のエレベータに自転車と相乗り。2階から乗り込んで来た人も一瞬凍る。丁寧に謝りながら4階で下りる。いざ自転車をばらして、トランクに。でもこの汗だくどうしよう?

とりあえずサンダルに履き替えて、レーパンもっこりのままあたりを散策。サンリオの反対にダイソー発見! タオルと汗拭きシートを購入して駐車場のトイレに駆け込む。

ちょっと落ち着いて、サンリオへ。ゴール写真撮ってO先輩とKCに送らねば。

? 無い、無い、携帯の充電。ガァーン、おもろいゴール写真で初ヤビツ締めようと思ったのに。

以上、長々と初ヤビツレポートでした。

走行距離:約132キロ、最高高度:たぶん761m、アイス3本

|

« 幸也に負けた | トップページ | 通勤ヒルクライム28m »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175321/35386009

この記事へのトラックバック一覧です: 自走で初ヤビツ!:

« 幸也に負けた | トップページ | 通勤ヒルクライム28m »