« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

登ったどぉ〜、和田峠

今日は迷ったがなんとか前日11時半に寝て4時起きのつもりが既に20分過ぎてる!

しかも朝メールチェックすると「今日合流しよう」メールが昨晩来てるではないか(汗)  

ランデブーはヤバいでしょ、ランデブーは! 結局10分で支度してまたもやローラー台号発車!

中原を脚を温存しながら進むが軽い上り、下りにやや不安が。

二子橋?ってどこだ? とにかく二子玉に向かう。朝4時台だから車道を上がって行く。二子玉川で連絡するとどうやら川崎側にいるらしい。

で、合流。

登ったどぉ〜、和田峠

噂通りのスイスチャンピオンジャージ。ただのカンチェラーラ。

そして謎のバイク。メカはカンパ。

ん? これが平地決戦用のCosmic Carbone SL(http://japan.mavic.com/road/products/cosmic-carbone-sl.105773.1.aspx)!

で、いざ出陣。目指すは和田峠。ルートは多摩サイを20号まで上って、20号を八王子方面へ。

登ったどぉ〜、和田峠

早ぇーって、早ぇー。 脚無いってもう。

おおおおおっ、この看板は! ついに来ちまったぜ、人生初、自走で八王子。

陣馬街道を突き進むと向こうに、向こうに山が。

スイスチャンピオンに引いてもらうのだぁ。しかもここまでに1%ぐらいの何気ないさりげない勾配が体を蝕んでいく。

おいおい、スタートのバス停ってどこだよ!? バス停からたったの3.5キロって言うからそこまで楽勝と思ったら、全然ねーじゃんバス停!

やっとついたぜ、バス停。ここから計測地点らしい。おい、カンチェラーラ、自販機の使い方知ってんのかぁ?

で、始まりましたゲキ坂。目標は脚をつかない事。カンチェラーラあっと間に見えず。

早そうに見えますが、喘ぎながらの手ぶれです。ちなみにスタートから蛇行です、蛇行。

遠くに見えるのはカンチェラーラ。

ダンシング出来ず。先週のヤビツもそうだったが、ダンシングが怖くて出来ない。どうもダンシングでペダルを踏み込めない気がする。

ヤビツと比べて10%(?)ぐらいの坂がずっと続く。感じとしてはヤビツのほうが圧倒的にきつい・・・。と言うかヤビツは初峠だったからかも。

やりたくてやっている訳ではないが、下ハン、シッティングでひたすら超蛇行して上る。

ペダルを斜め前に押すように、腹筋と背筋に力をいれてっと。ふんぎぃー!

死んでも脚つかんぞぉー。全然、一息つけるとこないじゃん。

で、いきなり坂の向こうに小屋が見える。????ゴール?

ゴールだった。さらっとゴールがやってきた。最後ダンシングしたろーって、思ってたのに。

そして、燃え尽きたカンチェラーラ。

「上ったどぉ~、和田峠!」

しかし、そこには自販機も無く、脱水症状寸前だったため、5分後には下り始める。

一気に、バス停へ。その後来た道を戻って、向かい風(?)を多摩サイ南下。

これはY's隣りのセブンでがりがり君休憩。

そして、KCの自宅を訪問して、そこからダッシュ。目黒通りから武蔵小山経由して帰宅。

11時半。今日はこれからみんなで、フィールドアスレチックです!

走行距離:130キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やったぜ! 幸也 ツールだぜ

との緊急情報をKCが教えてくれた。

それって日本でも有数の早さなんじゃねーの?

って、ことはお祝いにやっぱ、今週も行かなきゃ峠。

明日早めに起きれたら和田君に行ってみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通勤ヒルクライム28m

今日はなんとか朝天気ももってチャリ通勤できました。

帰りはちょっと早めに上がって、国際展示場方面に。通勤ヒルクライム28m

日曜に癖になったヒルクライムをしてきました28m。通勤ヒルクライム28m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自走で初ヤビツ!

日曜はすっかり雨だと、前日の土曜の昼まで信じていた。それを言い訳に峠初挑戦しなくていいし・・・・。

しかし、土曜の夜になっても予報は復活したまま、再度悪化はせず。うーん、このままだと天気はもっちゃう。一応、日曜5時半起きで何の用意もしないまま土曜はビール飲んで寝る。

翌朝、天気は曇天。こりゃ雨でしょうと予報を見ると4時の予報で神奈川は午前中30%。

さてどうする? しかたなく、だらだらとローラー号にSLのペダルつけたり、ハンドルをアップライトにしたり、ボトルゲージをつけたりする。あっ、でもメーター類まるでない。万が一ヤビツ上り始めた時、残りがわからん。そんなこんなで、6時前出発。ちょうどO先輩から江ノ島到着の報を受ける。早ええ~。また4時でんがな。

自走、初ヤビツ!

とりあえず、ルートは中原→港北→あざみ野で246→名古木の予定。

できるだけ足をためながらちんたら、246へ。既に1時間。その後こわごわ246を厚木方面に。途中長津田のセブンイレブンでこんな張り紙を見つける。

自走、初ヤビツ!

存亡の危機です!その後、ローディーらしからぬ途中、歩道をちんたらしながら、いろんな川を渡る。

見えます? おっちゃん、鮎釣り?してます。

ついに、人生初人力で厚木!

さらにちんたら進むと???? 右手に迫る山。違うよな、これを上るんじゃぁ・・・・。

とりあえずコンビニでガリガリ君アイスを補給。目の前を続々とヤビツ軍団が通過。そのうち、一人のおじさんもコンビニで一服。話を聞くと厚木からで、何度もヤビツだのを上ってるようだ。いろいろお話を聞かせてもらう。何でも今朝は5時に起きて洗濯して、庭に水をやって、一通り家事をこなして、家族に有無を言わせないようにしてから、中古で買ったスプロケを今朝取り付けたらしい。フレームはスペシャのフルカーボン。K元スペシャ社長もお喜びでしょう。しばらく話し込んでおじさんは先に出発。目の前のトンネル前の坂をなめるでねーぞとの忠告を残して。

言われるまま、止まるぐらいのスピードでトンネルを登って足を温存温存。

トンネルを抜けて目指す看板を探すと・・・、あった! って事はスタートしなきゃ。

いよいよでっす。と、その前にO先輩とKCにアタック開始のメール。すぐさま応援メールと暖かいアドバイスをもらう。で、スタート!っと思ったが、アウタージャン! いきなり減速。

ここからは写真なんて撮る余裕ないっす。一応、みなさんのブログで予習したが、5キロほどのところにあると言われる14,5%の勾配にびびりながら進む。??? これは14%じゃねーけど、すでにぐるじぃー。うぉおおおっ! っとキタァ! 14,5%。泣きそう・・・・。うー、戻りたい、自転車降りたい。この勾配を上ったらやめてやるぞと思いながら何とかやり過ごす。ダンシング?そんなもの逆に出来ない。一度サドルから腰を浮かせたらそのままペダル踏み込めず、落車しそう。下ハン、パンターニ状態でふんばる。途中の女性ローディーやストレートハンドル&ノーマルペダルもがんばるがんばる。声を掛けたかったが自分も1200%なのと、ちょっとした恥ずかしさで黙々と抜く。

うううう、スントもし、していたら、脈拍はリミット190だっただろう。もういつ心臓破れても不思議じゃない。ギアは名古木スタートしてすぐに使い切った。残りはなし。菜の花がどうたらとか言うところ(たぶん)でむこうに見晴らし台のような塔が見える。あれが見えたらもう少しって誰かのブログに書いてあったっけ。ちょっと元気が出てさらに進む。がぁ、ねーじゃん全然ゴールが。曲がっても曲がっても先が続く。もう本当に止めてやる!っと思っていると実業団?のような梅丹のような人が多分じそく20キロぐらいでツラァーっと登って行った。早い!とりあえず意地で前に進むと雰囲気が「そろそろゴールですよ」って感じが漂う。?? 看板がいきなり。えっ、ゴール。付きました、ゴールです。

そこは既に互いの労を労う居酒屋の様。もちろん私も恥ずかしながらお決まりの一枚を。

あまりの汗で携帯のレンズも曇り気味。ゴール地点でしばし先に到着の先ほどのおじさまと意見交換。「もう一回下りてまた上れば?」って。いいえいいえ、ありえないっす。「次回はもっとつらいかもよ」  ??? 「だって、残りどれだけか知っちゃったでしょ」

確かに・・・。

しばし休憩後、裏を下る。うーん、噂通りマイナスイオン全開。とちゅうで沸き水汲んで、さらに下る。

ヒルです、ヒル。こわごわ橋を渡ってカシャっ。



さらに下るが、途中どうもゆるゆるの上りを登って気もする。多分足が終わって、下りがゆるやかなところは足が錯覚してるようだ。

そしてやっと宮ヶ瀬ダム。もう裏はいいかも。表で246だな。

しかし今日はゴールが多摩だったのでこちらを選択。

このまわり、まじでライト要りますね。真っ暗です、トンネル。後ろから追い抜く車にかなりびりびりながら走ります。

やっと太い道路に出ました。一直線の下りを下って突き当たりのセブンでやっぱりガリガリ君休憩。

その後、一路厚木→相模原→多摩を目指します。が、愛川と言う町で道に迷う。と言うか携帯GPSで道は合っているのですが、等高線は無視の簡単ナビのため、水田地帯ににぽつりぽつりと存在する小山を道が突き抜けている。つまり、車ならただ、登って下りですが、チャリにはきつい、精神的に。しかも斜度はまさに14,5度。

これを3回ほど越えて県道45号で国道129号を目指す。

いやー、このルートこりごりです。上溝経由してやっと相模原駅に。

やばい、50キロそこそこなのに意外と時間がかかってる。ちょっと焦りながらゴールを目指す。

多摩センターはもう少し!

そして、ついにゴールの、「サンリオピューロランド」!に。

そうです、車で来ている家族と合流。夏女さんと子守りを交代せねば。

駐車場は隣りの立体の4階! 着替えも車の中。どーしよ!? 決めました掟破りの駐車場のエレベータに自転車と相乗り。2階から乗り込んで来た人も一瞬凍る。丁寧に謝りながら4階で下りる。いざ自転車をばらして、トランクに。でもこの汗だくどうしよう?

とりあえずサンダルに履き替えて、レーパンもっこりのままあたりを散策。サンリオの反対にダイソー発見! タオルと汗拭きシートを購入して駐車場のトイレに駆け込む。

ちょっと落ち着いて、サンリオへ。ゴール写真撮ってO先輩とKCに送らねば。

? 無い、無い、携帯の充電。ガァーン、おもろいゴール写真で初ヤビツ締めようと思ったのに。

以上、長々と初ヤビツレポートでした。

走行距離:約132キロ、最高高度:たぶん761m、アイス3本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸也に負けた


今日は雨のはず。よって朝練はローラー君で。幸也に負けた

対戦相手はジロノーマル第五ステージ。湿度はムンムン、クーラー無し。漕ぎはじめてすぐに大粒の汗汗汗。結局一時間半で30キロ。ゴール前の残りの距離とローラー台のメーターの距離を合わせて競合するが倍の早さだった。幸也に負けた

幸也早過ぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井ポタ

今朝は5時前起きで、準備して大井に向かう。今日は途中で紅一点と合流するので先に周回稼がねば。途中で補給食買って、結局5時半にコースイン。

先週と同様、心拍数を無視した飛ばし。

何週できるだろうか??? とりあえず、自分的にがんばって3週終了。

向かい風でも30で抑える。追い風は40。

その後待ち合わせのジャスコに向かうもまだまだ到着しないとの事なので、もう一度コースに戻ってさらに1週。公園で最後のストレート! っと思ったらO先輩と後輩が待っていて、合流。まったり休憩。その後3人でジャスコへ姫をピックアップに。姫と後輩のG君は今回が初めて大井。変態の集まりの大井にwelcome!

姫と合流後4名で流す。向かい風は27、追い風33。

下見ついでに流して、1週。公園で一服。姫にどうするかと聞いたらもう一周と。

元気やねー。で、さらに2週。途中で私はいつものTTの方を見つけて付かせてもらう。

向かい風、33、追い風44でした。うっげー、死ぬ、苦しい。

このペースを保ったまま、5,6週は最低するんだなぁー。

こちらのほのぼのチームは3週後、五反田のSubwayへ。

朝食とりながら、今後のレース参加やチームウェアの話をした後解散。

私以外は、代官山のトライアスロンの店に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャリ通!銀座→皇居→四谷→新宿→なるしま→青山→白金

時を遡って、金曜日。

午後は社外だったが、なんちゃってピストのパナ君を週末も野放しにする訳にはいかず、ピックアップのために会社まで戻る。

フロアには上がらずに着替えて出発。またしてもFOCUS。意外といいらしい。

今日は新宿で前の会社の仲間と久々に集まるので銀座を通って、

国会議事堂前を通過して靖国で市ヶ谷経由で四谷→新宿へ。

なんちゃってピストだし、先日1コマつめたせいで、後輪はすぐに止まる。おかげで、ママチャリ通にも抜かれる。

それにしても靖国はチャリ通やメッセンジャーが多いっすね。私の前にはこんな決まったチャリ通さんが。

そして、新宿にもあったForever。

西口の店に。30分も早くついたのでマップでMiniUSBを200円、チャリ通用インナーヘッドフォンを500円で購入。チャリ通してると意外と壊れるのだ。

そして久々の仲間との飲みで機嫌を良くして、帰路に。

山手を下るか明治通りを下るのだが面倒なので適当に動物的カンで進む。

ふと、反対側を見るとチャリンコ屋っぽい。目を凝らすとナルシマだった。ここなんだぁ。

とてもナルシマに入れるチャリンコではないが、今度行ったる。そしてさらに適当に。

んんん? ホープジャン。ぜんぜん家に近づいてない。ぐるぐる回ってる。

適当に青山に出て、

いつの間にか白金。この前面接受けてバジェット関係で入社保留された会社だぁ。

そう言えば、バジェット通ってもう一度面接受けませんかとエージェントから連絡あったっけ。

途中でガリガリ君のカフェオレ味を補給してやっと帰宅しましたぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井と祭り

更新サボってたので、過去に遡って更新です。

日曜は6時半出で大井です。朝方は少ないですね。でも流石に気候は最高!

しかし、足は相変わらずで、1週目はくるくるを心がけてのんびりと。

2週目から少しがんばります。しかし、今日はあまり長居は出来ません。

8時には戻らねばならないので、LSDどこではなく、目いっぱい、たぶんスントつけてたら180は心拍越えていたぐらい、無理して走ります。

えー、写真が早そうに見えるのは実力ではなく、カメラの性能がださいからです。

とにかく、無理して足を残す必要もないので、向かい風も30オーバーでがんばります。

と橋を渡ってUターンした後、反対車線をいつものTTのお方が。

やっべー、絶対食われる、いや、食われてなるものかと、すっ飛ばします。

おっ、意外と簡単には追いつかれないんだと思いつつ、さらに1週して、公園を左折、最後の直線へ。ちらっと後ろを見ると500M後方にTTのお方が。

さらに最後の力を振り絞って、コースから離脱。坂をジャスコに向かって登ります。

最後に撮った写真がこれ。いやーダサいカメラでもう、ぐねぐねの世界でちらっとTTの方のバイクが見られると思います。

結局この走行距離に平均速度でジ・エンド。

そして、夕方は近所の神社に。まったりしてますが、地元の方は相当気合が入ってます!


もちろん一番盛り上がるのが境内への急な階段をものともせずに上るところ。

いやぁー、祭りってやっぱ好きです。

今年もねぶたは無理かなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒サイ

今日は、曇り。天気も怪しいのでローラー台号で発車。

どこに行くか迷ったが結局荒サイへ。

6時代の銀座はまだまだ落ち着いています。

南砂のセブンイレブンで、補給食とドリンクを購入でいざ荒川へ。

相変わらずの行きは向かい風で上流へ。

ミニベロに見えるかもしれませんが、普通のロードです。

黙々と走っていると、向こうに一台のロードが。

近くに行くと、なかなかの速度。しかもふと下に目をやると固定ジャン。ん?

もう一度目線を上に送ると、つなぎに軍手じゃん! そんでビンディング。


参りました m(_ _)m

そしてゆっくり抜いて、水門のところで今日はUターン。

門限10時なんで、来た道を戻って荒サイから分かれて永代通りを銀座を経由して第一京浜で戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェーン脱落と銀座と新城

今日は朝から付いてませんです。会社までに5回はチェーン脱落。

今までこんなにひどくはなかったのにどうして? 昨晩のジャックナイフ?

手を油で真っ黒にして出社。

帰りも朝脱落したままだったチェーンをはめ直して、O先輩の待つ銀座へ。

今日は先輩がジロのDVDを持ってきてくれているので、飲み会の場所へ。

いやぁー、久々の夜の銀座は良いですねぇ。盛り髪満載です。

マックも露出が過度でりんご写らず。

先輩がいる店の前で到着の連絡。すぐに先輩が出てきたが、拉致られ、飲んでいる会社仲間の女性陣にベトナム人と紹介される。列記とした日本人ですって! 先輩にはオーダーするチームウェアのデザインを拝見。なかなかクール。

そして挨拶も早々に、帰路に。第一京浜を下る。でもチェーンには慎重に。

帰宅後は夕飯を食べて、チェーン切り。

半コマチェーンなのに1コマ落としてもしっくり来ない。がっちがちのピンピンに張ったチェーンライン。

ペダリングも相当重い。

ちなみにこの箱はデュラのロックナットを買った時の残り。
とりあえず、直した後にジロ用のビールを買いにコンビニへ。

そして、そして新城です。

一昨年末、クリスマスのエンデューロの時はテントで一緒に着替えたな。その時はMヤンはマブ達状態で話し掛けてた。

KCも新城さんと一緒に走ったりしてKCもO先輩も社会人ですか?芸能プロですか?

さぁーて、週末自転車頑張るぞって、思っただけで、明日の夜は東北道です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平日大井埠頭とイタ車とジャックナイフ

平日の大井埠頭はコンテナ天国。でも今日はいつもより少なめ。天気は最高。

職場まですっかり汗ばみました。今日は大井出勤です。

帰りも早々に退社。帰りに買い物に寄る所があるので。

愛車なんちゃってピストのパナ君で(この後、パナ君からのしっぺ返しを受けるとはこの時想像だにしていなかった)。

と、第一京浜の信号待ちでイタ車発見↓ うーん、痛すぎる。これで通勤かぁ。

これはこれで、世界的にはクールなのかも。もっと接近して撮りたかったが恐ろしくて近づけず。

内緒で撮った罰か、買った買い物袋が前輪にゆっくりと巻き込み始めたぁ!

と、同時にゆっくりと後輪が上がって行く・・・・・、ゆっくりとゆっくりと・・・・。

ゆっくりとジャックナイフ。数秒後、左に頭から落ちるぅ。

結局、くるぶしと腰骨強打。頭部はかすり傷。チャリ通は痛いのだぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »